和尚のちょっといい話

iihanasi_top

友峰和尚のちょっといい話 【 第2405話 】
2020年 03月 19日 談

大安禅寺 涅槃図

明日の10時半より「大安禅寺春季涅槃彼岸会」並びに「御像祭」が厳修されるのに合わせ今朝福井に戻りましたが、なんと23℃を越える日中の温度に加え強い南風が吹き付ける一日となりました。昨晩遅くには福井市内でも新型肺炎コロナウイルス感染者が発生したとの知事の緊急記者会見が行われ、誠に残念な気持ちを覚えると同時に緊張感が走ったものでした。

一夜明けて自坊に戻りましたが、大安禅寺を取り巻く環境は実に快適でウイルスの拡散問題など全く異次元に感じてしまうほど長閑で、あまりの暖かさに境内は初夏のようでした。午後には、いつもの如くに卑山鎮守自仏堂に篭り、しばし瞑想にはいりコロナウイルス排除の祈願祈祷をしたのち感謝の坐禅をしました。

自仏堂にて

幕末の歌人橘曙覽(たちばなあけみ)先生が大安禅寺で詠まれた歌「いつ来ても 世離れ果てし この寺は 門入るからに 心地異にする」の境地をそのままに、落ち着き払った鎮守堂周辺の趣には感動を覚えるものです。新型コロナウイルスの正体が未だはっきりせず国民皆が不安の生活を余儀なくされているわけですが、人里をいったん離れればまったく無縁に思えるのも不思議な話ですね。明日は感染防止対策を講じながら彼岸会法要を厳修したいと念じています。友峰和尚より

今年も 涅槃団子がお供えされます

友峰和尚のちょっといい話 【 第2404話 】
2020年 03月 18日 談

霊苑に植栽された 色鮮やかな花々

朝日が春の草花を照らし出し、霊苑全体が華やいだ雰囲気に包まれていました。和の庭園と洋のガーデン形式がコラボした霊苑は今尚新鮮さを増し偏に各々祖霊を慰めているかのようです。

集合墓(永代供養墓)には多くの色とりどりの花が日々供えられ、絶える事が有りません! まるで黄泉の国がそうであるかのように、安らいだ御霊の聖地となっています。また春風に揺らぐ五色の吹き流しも、新型コロナウイルスを退散させるかのように霊苑全体を掃き清めているようです。

さて、午後には㈱ココ・プランニングの中本隆久会長が職員皆様と共に来寺され、しばしの間歓談しました。「友遠方より来る、また楽しからずや」で、短い滞在時間でしたが十分に交流出来たようです。「両鏡相照らし中心影像なし」の禅の心境でしたが、和尚の「禅定力」もそろそろ充電が必要だと自覚する毎日です。友峰和尚より

友峰和尚のちょっといい話 【 第2403話 】
2020年 03月 17日 談

事務室の整理整頓

終日寺内に篭って部屋の片付けと整理整頓をしましたが、ずいぶんと長い間書類などの仕分けが出来ないままの状態だったので、ひとつひとつ点検しながらの作業となりました。今年の2月中旬より和尚の事務室を修理工事中でしたがこの度無事完了し、本日は机や書棚などを元に戻す作業に専念しました。

新型肺炎コロナウイルスの問題もあって最近はほとんど寺内に居るため、運動不足が如実に現れて身体全体に影響が出ているように思います。室内でのストレッチ体操を務めて励行するよう心掛けていますが、先日自坊で少しの時間、孫達のバトミントンのお相手をした際には非常に調子が良く、どうやら高齢者にバトミントン運動が向いているように思ったものでした。今後は天気の良い日など積極的に屋外に出て、軽いスポーツ運動を心掛けていきたいと思っています。友峰和尚より

友峰和尚のちょっといい話 【 第2402話 】
2020年 03月 16日 談

数時間で降り積もり 落ちてきた屋根雪

昨日とは打って変わって大変寒く荒れた天気となった本日、午前中にはカミナリの轟音とともに突然みぞれ混じりの雪が降り、あっという間に一面雪景色に変わりました。春季彼岸会法要も好天気の中、無事に円成出来たことを改めて感謝しました。

テレビ収録が行われました

今日は午後より、宝勝寺ふれあいパーク霊苑新区画販売広報の為のテレビ収録が行われました。地元テレビ局、北陸放送MROの番組「得盛」で放送される収録で、時折強い北風が吹きつける中での撮影となりましたが無事終えることが出来、この24日(火)15時45分より放送予定となっています。

北陸放送㈱のアナウンサー 冨 優香子さんとともに

 

ふれあいパーク霊苑 しだれ桜

 

寺内での撮影

寺内ではカフェの撮影も同時に収録されたものの、現在は新型コロナウイルス感染防止のため休業中で、あと1週間ほどは延長する予定です。世界中の国々が新型肺炎感染拡散防止に取り組んでいるわけですが、本当に深刻な状況が続いています。まもなく桜の季節を迎えますが、只管終息に向かうことを念じるばかりの毎日となっています。友峰和尚より

㈱伝広社 吉田氏 と 北陸放送㈱スタッフの皆様と共に

友峰和尚のちょっといい話 【 第2401話 】
2020年 03月 15日 談

 

令和2年度 寳勝寺春季彼岸会 厳修

快晴となった日曜日、午前10時半より「春季彼岸会法要」が厳修されましたが、今年は行事を縮小して執り行ったものの、多くの檀信徒皆様のお参りを頂き厳粛の内に修業出来た事を有り難く感謝いたしました。まず朝一番に北條英俊総代様御夫妻ならびに須貝外喜夫総代様御夫妻が来寺され、応接間にて茶礼打ち合わせをしたのち受付と法要準備に入りました。

朝の茶礼打ち合わせにて

北條総代様ご夫妻

須貝総代様ご夫妻

㈱豊蔵組・香林真吾様 と ㈱河原市石材・河原市和久様

 

ふれあいパーク霊苑第2期工事も先日無事に終了し、工事施工者の㈱豊蔵組より香林真吾様、㈱河原市石材より河原市和久社長そして宝勝寺ふれあいパーク霊苑管理会社の㈱ココ・プランニング中本大資社長および職員の方々また㈱エムエムシー大竹将人社長が参詣されての法要となりました。

疾病退散・家内安全・健康安心の御祈祷

祈祷太鼓を打ち鳴らし 御祈祷致しました

今年は新型肺炎の問題で彼岸会法要の開催が危ぶまれましたが、無事に円成出来た事を大変嬉しく思ったものでした。法要の最後には特別に疾病退散・家内安全・健康安心の御祈祷も修業させて頂きました。「艱難、汝を玉にす」の格言を心において、一刻も早い終息を願って止まないものです。本日は御参詣頂き、心より感謝と御礼を申し上げます。友峰和尚より

法要終了後 の 法話より

本日は御参詣賜り 誠にありがとうございました

 

 

友峰和尚のちょっといい話 【 第2400話 】
2020年 03月 14日 談

明日の午前10時半より「寳勝寺春季彼岸会法要」が厳修されます。今回は新型コロナウイルス問題も有り、例年より縮小して感染防止対策を万全にして修業したいと思っています。本日は午前中より法要準備に入り、本堂の設えなどをしましたが、例年通りに御仏前にお供え物をしながら祖霊供養の大切さを感じていました。多くのイベントが中止を余儀なくされているわけですが、困難な時なればこそ、物故者の供養を通して平穏無事の状態に一刻も早く戻れることを願うばかりです。

北條総代様ご夫妻と ㈱ココ・プランニング中本大資社長とともに

この度の新型肺炎により、世界の全人類が大いなる不安を抱えています。今や他人事ではなく、「生と死」に直面する自分自身への大問題でも有ります。祖霊を大切に思う「思いやり」の心が、ウイルス退散のキーワードになる事を念じています。友峰和尚より

友峰和尚のちょっといい話 【 第2399話 】
2020年 03月 13日 談

金沢へ移動途中 尼御前サービスエリアで休憩しました

福井と金沢を行き来する日々が続いていますが、3月15日(日)午前10時半より「寳勝寺春季彼岸会法要」が厳修される予定となっており、新型肺炎感染防止対策を万全にして無事に修業したいと願っています。3月に入ってから殆どの会合やイベントが中止となっており、卑山カフェも休業状態が続いていますが、彼岸会法要は規模を縮小して祖霊供養重視の立場から執り行う事にしました。

国定公園 加賀海岸尼御前岬

尼御前岬から望む 日本海の景色

尼御前の御像

テレビのニュースなどでは全国の有名寺社仏閣で「新型肺炎コロナウイルス病魔疾病退散(びょうましっぺいたいさん)の御祈祷が行われているようですが、目に見えないウイルスだけに加持祈祷は大いに御利益があるとその効果を期待するところです。さて和尚も禅定力をもって疾病退散の御祈祷を修業していますが、来る春季彼岸会の際にも法要最後には参詣者皆様の健康祈願を修したいと念じています。友峰和尚より

宝勝寺 早咲きの桜が咲き始めました

友峰和尚のちょっといい話 【 第2398話 】
2020年 03月 12日 談

大安禅寺の駐車場にて

法務遂行のため自坊に戻りましたが、一斉休校も2週間目を迎え、孫達は外でのびのびと遊んでいました。福井県内では今のところ感染者が出ておらず、幾分安心感があるものの緊張から解放されることは有りません。帰宅後のうがいや手洗いを徹底し、携帯用消毒アルコールや除菌ウエットシートなども必需品として持参しています。

東日本大震災発生から昨日で9年になりますが、その際、防災用品としてマスク、非常用食品、携帯用ガス器具、除菌シートなど買い求め保存して置いたものが今大変役に立っています。特にマスクや除菌シートなどは品不足となっており大変有り難く、「備えあれば患いなし」の格言が身に染みます。

しかしながらインスタントラーメンやチョコレートなどは賞味期限が切れており、改めて保存食を確保しておきたい思いながらあの未曽有の大震災から早9年の月日が経ったことにも驚きました。記憶の中ではつい先日の出来事として捉えられています。この度の新型コロナウイルスの問題が全世界に拡散しているだけに、地球規模での感染防止対策が急務となっているようです。友峰和尚より

粛々と進む 修復工事のようす

 

友峰和尚のちょっといい話 【 第2397話 】
2020年 03月 11日 談

霊苑第2期工事が完了しました

宝勝寺ふれあいパーク霊苑第2期工事が完成し、多くの春の草花も植栽され見事な出来栄えとなっています。これで霊苑全体の完成を見たわけですが、本当に理想的な“未来の住処”として御参詣頂けるものと思います。

ふれあいパーク霊苑 5月頃のようす / 青々とした芝生と美しいバラ

 

 

「花楽苑」公式ホームページより

名古屋市内には㈱エムエムシーの大竹社長が手掛ける「花楽苑」が有り、四季折々の草花が咲く「花咲く霊苑」として市民の注目を集めているそうですが、卑山の霊苑も和風庭園に加え洋風ガーデン式庭園と融合した「和と洋」の色とりどりの花咲く霊苑となっています。

この度完成した区域は薔薇をメインとした洋風庭園となっており、5月の薔薇の開花を楽しみにしています。地下約200メートルから湧き出る白山伏流水の清水が常に多くの御霊を慰めてくれているようです。友峰和尚より

 

友峰和尚のちょっといい話 【 第2396話 】
2020年 03月 10日 談
大相撲三月場所は観客のいない中で行われています。アスリートにとって応援してくれるファンがいないのは本当に力が入らないと思います。またテレビで観戦していても、観客が一人としていない競技は不自然で実に味気ない感じがします。ただプロ野球テレビ観戦だけは少し違った趣で、いつもなら太鼓やラッパで賑やかなファンがいない為、ピッチャーの凄まじいスピードボールの音やミットに収まる時の豪快な音、またバットで打ち返す音など、普段は聞こえない色々な音が効けるのは面白いものです。  

「無事是れ貴人」 大安友峰 書

新型肺炎感染予防としての対策ですから仕方のない事ですが、やはりスポーツは観戦者有っての醍醐味なのかも知れません。一刻も早いコロナウイルスの収束を願うと共に、力いっぱいアスリート達に声援を送りたいですね。さて卑山もいまだ休業中です。静まり返った禅寺に活気が戻ることを願うばかりの毎日です。友峰和尚より

Copyright© 2014 臨済宗妙心寺派 太白山 寶勝寺 All Rights Reserved.

〒921-8033 石川県金沢市寺町5丁目5番地76号
電話:076-287-3870