和尚のちょっといい話

iihanasi_top

友峰和尚のちょっといい話 【 第3892話 】
2024年 04月 13日 談

大安禅寺 境内裏山の新緑

 

愈々明日の上棟式を前に、早朝より最後の準備が整えられています。御来賓皆様ならびに檀信徒、工事関係者合わせ約130名の御出席予定となっており午後から式典のリハーサルが実施されますが、心配された天候も今のところ大丈夫という事で安堵しております。

 

 

 

藤田通麿総代と 愈好亭にて懇談

 

 

令和8年5月には新命玄峰副住職の「晋山式(しんざんしき)」が予定されているだけに、この度の上棟式は大きな意味合いを持っています。先代19世實道和尚の長年の悲願でもありました諸堂復興事業は親子3代に渡っての大工事だけに感慨無量のものがあります。約10年後に全ての諸堂保存修理工事が竣工を迎える予定ですが、和尚が果たしてその日を迎えられるかどうかは神のみぞ知る事象ゆえに、新命和尚の晋山式は和尚にとっても世代交代の重要な式典と言えます。

 

孫の永峰と

 

今日寺院の後継者不足が宗派の問題となっているだけに、3年後の晋山式を迎える日を楽しみにしながら健康維持に日々努めて参りたいと念じています。明日は卑山檀信徒皆様並びに工事関係者皆様とともに上棟式を迎えられたことの喜びを分かち合いたいと願っています。友峰和尚より

 

友峰和尚のちょっといい話 【 第3891話 】
2024年 04月 12日 談

 

この時季は良い天気が続きますと気持ちもずいぶんとリラックスするもので、気温も18℃と過ごしやすく家の中にいるのがもったいなく思います。本日は14日「上棟式」修業のため自坊への移動日となり、式典に使用する仏具などを車に乗せて一路大安禅寺に向かいました。

 

北陸自動車道 尼御前サービスエリアの桜

 

高速道路サービスエリアの桜も満開となっており、桜見物を楽しむドライバーの御家族も多く見受けられなんとも今は桜が主役となっているようです。

 

 

自坊では上棟式の準備が進められており、現在修理工事中の本堂もいつもより輝きを放っているかのように感じました。本堂堂内の工事は順調に進められており、本堂大屋根もおおよそその姿の全容を露にしており上棟式を今か今かと待つのみとなっています。

 

 

創建当初より数えて約350年ぶりの大修理だけに、約10年後の竣工を楽しみに首を長くして待ちたいと思います。さて明日は前夜祭を迎えるわけですが、式典の無事円成を願って工事安全の御祈祷を申し上げたく思っております。友峰和尚より

友峰和尚のちょっといい話 【 第3890話 】
2024年 04月 11日 談

人・人・人 の 兼六園

 

天下の名勝・兼六園が今日まで無料開放とあって全国からどっと観光客の方が来園しており、金沢城も満開の桜見物で大変な賑わいを見せていました。昨日は久しぶりに金沢各桜の名所へウオーキングに出掛けましたが、外国人観光客の多さには驚きました! 全国ニュースでも伝えられていましたが、国内有数の観光地は軒並みコロナ禍以前の混雑を見せているとか。嬉しい反面、マナー低下の問題も多発しており悩ましい状況となっているようです。

 

 

 

ウオーキングの距離を確認したところ、約8キロ以上で歩数は1万2千歩を超えていました。満開の見事な桜に見とれてしまい歩数など気にする由も無し!されど今朝方は足腰が痛み、歩行が困難な状態になり情けないかぎりでした。このところは大変良い天気に恵まれ、今日などは気温も上がり花見には打ってつけの気候となって更に金沢市内の各観光地は混雑が予想されます。

 

金沢城 石川門の前で

 

さて、大安禅寺本堂上棟式を目前に控え明日は帰山予定ですが、当日の天候は気温20℃で快晴の予報となっており現在着々と式典の準備が進められているようです。寳勝寺でも上棟式を祝って五色の吹き流しを境内に掲げました。

 

五色の吹き流し

 

境内の枝垂れ桜も満開となって式典に花を添えているようです。「花開く万国の春」の禅語の如く、大いにリフレッシュして参りましょう!くれぐれもご自愛ください。友峰和尚より

 

 

友峰和尚のちょっといい話 【 第3889話 】
2024年 04月 10日 談

 

昨夜から降り続いていた冷たい雨も朝方にはすっかり上がり、快晴の素晴らしい天気となりました。午前中に少林寺総代・中山家の月命日忌諷経に出向きましたが、街中の桜並木はどこも満開となっていました。

 

犀川堤防沿いの桜並木

 

帰山してさっそく犀川堤防のソメイヨシノを愛でたいとウオーキングに出掛けましたが、雲ひとつない青空に広がる満開の桜並木は実に見事で絶景かな!絶景かな!と言葉も無いほどで、多くの市民の方が花見に来られていました。「3日見ぬ間の桜かな」の諺があるようにうっかりすると花見のタイミングを失いがちですが、今年はなんとか法務の合間をぬって満開の桜を見学出来、久しぶりに春を満喫した大満足の1日となったようです。

 

 

 

2024年4月10日 犀川堤防沿いの桜並木 / 撮影:和尚

※音楽が流れます♪

 

 

関東地方では昨日の強風で満開の桜もいっぺんに散ってしまったとか、遠く外国から花見に訪れていた観光客にとっては誠に残念としか言いようが有りません。「散る桜 残る桜も 散る桜」とあるように、あまりにも短い花の命ゆえの美しさなのかも知れませんね。

 

 

皆様は今年の桜の花見は如何でしたでしょうか? 大安禅寺のソメイヨシノも年々見事な開花を見せてくれていますが、この14日には本堂上棟式が挙行予定となっており満開の桜が式典に花を添えてくれているようです。友峰和尚より

友峰和尚のちょっといい話 【 第3888話 】
2024年 04月 09日 談

 

雨模様の休寺日の朝を迎えましたが、今日は午前9時より定期検診のため病院に向かいました。検査結果は問題なしという主治医の所見を頂きましたが、最近頻繁に頭痛がするようになりCTスキャン検査を予約して帰山しました。当然の事ながら76歳ともなれば身体のどこかに異常が発生するもので、主治医による3ヶ月定期検診を有難く思っています。

 

 

4月14日に大安禅寺本堂の「上棟式」が予定されていますが、副住職から依頼されていた「棟札(むなふだ)」書きを完成させました。過去に重要文化財の本堂や鐘楼、山門、開基堂を修復工事をした折には約350年前創建当初の棟札を屋根裏から発見し大変感動したものでした。

 

この度の上棟式で奉納される 本堂の棟札

 

今回和尚が書き記した棟札も何百年後に再び諸堂修復工事が成された際、今日の修復工事を知る上での貴重な記録資料になる事と思うと万感の思いがあります。今回の修復に携わる全ての宮大工師や工事関係者の名前を列挙した棟札を祀り上棟式に臨みたいと念じております。

 

 

本日も自坊では上棟式の開式の際に奉詠される御詠歌練習が行われているとの報告を受け、次第に上棟式に臨む緊張感が高まって来ました。檀信徒の皆様とともに来たる14日には本堂上棟式を喜びたいと今から楽しみにしています。友峰和尚より

友峰和尚のちょっといい話 【 第3887話 】
2024年 04月 08日 談

本日4月8日はお釈迦様の生誕の日で、お誕生日をお祝いする「降誕会(ごうたんえ)」を午前8時より京都大本山妙心寺専門道場の雲水さん2名の出頭のもと厳修致しました。

 

令和6年度 降誕会(ごうたんえ)

 

昨晩は野町・少林寺に投宿(とうしゅく)されていた妙心寺専門道場の雲水さんと降誕会を修しましたが、ここ数年はコロナ禍にあったため中断されていた近畿地方ならびに北陸地方への托鉢が再開され久しぶりに宝勝寺へ来寺くださいました。

 

お釈迦様誕生の像 誕生佛(たんじょうぶつ) 

 

 

 

誕生佛に 甘茶を注がれているところ

 

 

自坊の玄峰副住職が妙心寺僧堂で修行をした関係で毎年卑山に来寺されるようになり、本日は引き続き大安禅寺にも拝塔されるというので金沢駅まで送りました。紺の綿衣を着た雲水が草鞋姿(わらじすがた)で金沢駅構内を歩くと、外国人観光客の方がその姿の珍しさも手伝ってしきりにカメラを向けていました。

 

 

出発の前に 宝勝寺の玄関にて

JR金沢駅 鼓門の前で

 

新命和尚と連絡を取り福井駅到着時間を伝えましたが、大安禅寺の後は福井県小浜市の常高寺様に向かうとのことでした。妙心寺専門道場はいつもは京都市内を托鉢しますが、この時季は「遠鉢(えんぱつ)」と称して全国に出向き、修行の一環として化縁托鉢に出て主に妙心僧堂との法縁の深い寺院に宿泊しながら托鉢されます。

 

 

本日も汗ばむような暖かさとなり、金沢市内の桜の名所はどこも満開となったようです。午前中に木村家満中陰忌法要が本堂で修業されたのち引き続き納骨の儀が行われましたが、本当に清々しい気候の中での追善供養となり故人の御徳を偲ぶことが出来ました。

 

木村家 満中陰忌法要を修業いたしました

 

ふれあいパーク霊苑のしだれ桜

 

 

 

木村家御家族の方々とともに

 

ふれあいパーク霊苑を通して御法縁が次第に広がりを見せていく寳勝寺ですが、本日は妙心寺僧堂の雲水さんと一緒に降誕会を厳修出来た事に深く感謝した一日となったようです。友峰和尚より

友峰和尚のちょっといい話 【 第3886話 】
2024年 04月 07日 談

沙羅双樹の展葉 / 宝勝寺玄関にて

 

朝方よりグングンと気温が上昇し、日中には20℃を超え犀川沿いの桜並木もついに満開となりました! いいですね!綺麗ですね!素晴らしい! 毎年同じ気持ちを味わいますが、満開の桜の花を見ているとなんだか気持ちが嬉しくなってしまうのは和尚だけでしょうか。世界中から日本の桜の開花を見物に外国人観光客がどっと押し寄せて来るのもわかります。ニュースでは京都嵐山や嵯峨野を始めとする全国の桜の名所を訪れる外国人観光客の多い事を紹介していましたが納得です。

 

利休梅

午前10時半より 墳墓開眼ならびに年忌の御供養諷経を修業いたしました

 

 

 

明日4月8日はお釈迦様の降誕会(ごうたんえ)すなわちお誕生日ですが、毎年恒例の京都大本山妙心寺より妙心僧堂の雲水さん2名が北陸地方の托鉢で本日の午後に寳勝寺に来寺くださいました。明日は午前9時より本堂にて「降誕会」を雲水さんと一緒に厳修したいと思います。

 

京都大本山妙心寺専門道場の雲水さんが 御来寺くださいました

 

御引率くださった 宝光寺御住職 (富山県氷見市)

 

雲水さんの木綿の衣姿を拝見すると和尚の修行時代を思い出しますが、いくつになっても初心忘れるべからずで今なお修行中と念じています。「行雲流水(こううんりゅうすい)」の禅語から修行僧を雲水と呼びますが、まさに雲が行くが如く水が流れるが如くに心のこだわりを捨て切っていく修行が求められているようです。なになに「うんと食ってすいと消えるからウンスイと言う」って? 気にしない!気にしない!何を言われても気にしないのが雲水さんです。本日は御来寺くださり感謝申し上げます。友峰和尚より

 

 

友峰和尚のちょっといい話 【 第3885話 】
2024年 04月 06日 談

宝勝寺 庫裡玄関前のしだれ桜

 

暖かい朝を迎えました。桜が満開になったとのニュースが全国から届いていますが、宝勝寺の枝垂れ桜はようやく花が咲き始め同時に若葉の芽も吹き出すというなんとも不思議な状況になっています。

 

裏庭の整備

 

午前5時に起床して裏庭の整備に入りましたが、昨日は出入りの庭師・巻下さんにお願いしていた植木の移植作業がなされ、写真の如くとてもすっきりした感じになっていました。

 

昨日、庭師の巻下さんが 裏庭樹木の移植作業をされました

 

龍潭寺木槿(りょうたんじむくげ)は滋賀県彦根市の井伊家菩提寺・龍潭寺に生息する大変珍しい品種で、ずいぶんと昔に龍潭寺住職より分けて頂き大安禅寺で育成させ、その分木を宝勝寺にも植えたものです。今回もっと多くの参詣者に観賞して頂こうとふれあいパーク霊苑側の境内に植え替えてもらいました。

 

移植後 龍潭寺木槿を剪定されているところ

龍潭寺むくげ / 大安禅寺にて 7月頃

 

 

ふれあいパーク霊苑側の境内地には楓、酔芙蓉、モッコウバラ、白梅、ツツジ、キンシバイなどが植えられており四季折々に色々な花を咲かせています。午前中に霊苑で開眼供養が修業されましたが、苑内の薔薇も青々とした新しい葉が朝日を浴びてキラキラと輝き今から5月の開花を楽しみにしています。

 

 

墳墓開眼法要 / バラの新緑美しいふれあいパーク霊苑にて

 

 

さて本日もドジャース大谷翔平選手が2試合連続となるホームランを放ち、大谷ファンの皆様にとっては素晴らしい朝を迎えることが出来たことと察します。勿論カブスの鈴木誠也選手も大活躍で、日本選手の素晴らしい活躍に盛大な拍手を送りましょう! 新緑の好時節!身も心も大いにリフレッシュして元気に過ごして参りましょう! 友峰和尚より

友峰和尚のちょっといい話 【 第3884話 】
2024年 04月 05日 談

大安禅寺から東の方角、白山連峰よりさしのぼる朝日

 

素晴らしい朝陽を拝むことが出来ました! 自坊で過ごす醍醐味はやはり自然とともにあることを体感できる事でしょうか。もちろん大安禅寺が小高い山の中腹に建てられているという寺院を取り巻く環境が何よりの条件なのでしょうが、創建当初には多くの僧侶が日々の修行に励んでいた事を思うと納得のいく感覚です。

 

 

 

 

午前中に福井市長 西行氏ならびに市の関係者の方々が現在進行中の本堂保存修理工事現場の視察に来寺くださり、視察後は愈好亭で御挨拶を申し上げました。この14日(日)には午前10時より本堂上棟式が挙行予定となっており、西行市長もご出席くださる予定となっています。自坊での現在の仕事は庫裡倉庫内に保存されている多くの品物の断捨離作業となっていますが、歴史的に重要な什器類が含まれているだけに慎重に進めています。

 

福井市長 西行 茂 氏と福井市関係者の方々が視察のため来寺くださいました

 

 

愈好亭にて

 

 

福井市長 西行 茂 氏 と 藤田通麿総代とともに

 

さてニュースでは関東地方の桜が今年は1週間遅れで満開を迎えたとか。福井市の桜の名所・足羽川堤防沿いの千本桜も満開近い状態にあり、やはりこの時期は桜が主役ですね。お花見はしたいが時間の余裕がない昨今!「三日見ぬ間の桜かな」ではありませんが、人生はあまりにも短いゆえに寸暇を惜しんでの精進努力の毎日です。「散る桜 残る桜も散る桜」なんて、なんとも切ない言葉です!世の中は無常なるがゆえに今を大切に頑張って参りましょう! 友峰和尚より

 

本日は御来寺賜り 厚く御礼申し上げます

友峰和尚のちょっといい話 【 第3883話 】
2024年 04月 04日 談

大安禅寺 庫裡玄関

 

「春はあけぼの ようよう白くなりゆく山際すこし明かりて 紫だちたる雲のほそくたなびきたる・・」 清少納言「枕草子」の巻頭の文章ですが、大安禅寺から東の方角、白山連峰を望みますとまったく文章の如くのその風景が広がりを見せてくれます。

 

 

自坊で過ごす時は実に時を忘れるくらいにのんびり、ゆっくりとした時間が流れて行くように感じます。人間は住む場所によって心境も変わると言いますが、悠久の歴史を有する大安禅寺の地は今から約1200年前に竜王山・田谷寺(たにだんじ)が創建された霊地で、越前の高僧・泰澄大師が開山されたと伝えられています。

 

 

 

現在大安禅寺の諸堂が修理工事中ですが、この14日(日)に本堂の上棟式を控えその準備に入っています。本堂修復工事に引き続き間もなく庫裡建物も工事に取り掛かるというので、庫裡に保管されている什器を始め全ての保管物の整理移転を昨年から進めてまいりました。庫裡玄関は約30年前に全面修理をし創建当初の姿に復元しましたが、この度の保存修理工事で再び解体修理が行われるそうで過去を振り返り感慨無量の思いでいっぱいになります。

 

韋駄天神像

 

これまでに多くの拝観者を迎えて来た玄関だけに、徹底して綺麗に掃除し玄関に祀られている韋駄天神像に感謝の真を捧げました。庫裡完成時には現在の構造とは違った形に復元されるそうで複雑な心境にもなりますが、約10年後の竣工の日を楽しみにしています。「温故知新」の言葉も有りますが、この世は須らく古来からの知識や習慣を尊重しながら新時代に向けて更なる知識の発展と工夫が求められていくようです。

 

孫たちが アトリエへ遊びに来ました

 

さて本日のドジャース対ジャイアンツ戦で大谷翔平選手の一発が出ました!!誰もが待ち望んでいたドジャースでの初ホームランだと思います。大谷翔平選手おめでとう!!我々も頑張って参りましょう! 友峰和尚より

Copyright© 2014 臨済宗妙心寺派 太白山 寶勝寺 All Rights Reserved.

〒921-8033 石川県金沢市寺町5丁目5番地76号
電話:076-287-3870