和尚のちょっといい話

iihanasi_top

友峰和尚のちょっといい話 【 第2868話 】
2021年 06月 24日 談

「一に掃除 二に笑顔 三四元気に おかげさま」

毎日お掃除の話からで申し訳ありませんが、掃除ほど気持ちがすっきりするものは有りません。「参禅は須(すべか)らく実践を要す」という言葉がありますが、真理を究明するには先ず行動を起こし、その境地を体得することが大切だと言っているのだと思います。言い換えれば「無心の境地」は言葉で理解するのでは無く実際に体得することが重要だということでしょう。坐禅や読経も大切な日課ですが、無心の境地を悟るには「掃除」がいちばん近道のように感じます。

参道生垣の剪定

開基堂前庭の草刈り

今日で外作務も3日目となりましたが、本日は開基堂の周辺と庫裡玄関前の掃除と参道整備を中心に終日奮闘しました。掃除に於いてこれで良いという言葉は有りませんが、まずまず合格です。明日からは本格的な雨模様の日が続くという予報でしたので一安心です。「段取り八分」の言葉通りで、何事も作戦と実行の繰り返しが満足のいく結果を生むようです。さてさて明日は、和尚の第1回ワクチン接種の日となっています。すっかり掃除を終了出来たので実にラクチン!ラクチン!お陰様の毎日となっています。友峰和尚より

友峰和尚のちょっといい話 【 第2867話 】
2021年 06月 23日 談

鐘楼を囲んでいた 足場が解体されました

梅雨入り宣言後、今のところ雨模様の日は少なく良いお天気が続いています。お陰様で今日も外作務が順調に進み、開山堂の裏手側と愈好亭中庭の外掃除を全て終了することが出来ました。

 

茶室「兪好亭」へ続く渡り廊下より 茶庭を望む

広大な境内ゆえに、寺の周りを一巡する頃には最初の場所に既に立派な雑草が生えているといった感じです。少しでも油断しようものなら手に負えない雑草に苦しめられますから、先手必勝で毎日欠かさずに掃除を履行する事が常に美しさを保つ秘訣です。とは言ったものの、この“当たり前”の行為こそが日々の心身の修行なのかも知れません。なんといっても掃除を終えた時の気持ちは最高で、「やめられない、とまらない、やっぱ掃除」なんです。

この「掃除」ですが、普通の掃き掃除程度の行為ではなく「隅から隅まで、ずずずいっと神々しさを感じる」ほどの掃除の徹底なのです。考えてみれば有難い事ですね。日々掃除をさせて頂ける素晴らしい環境を与えられている自分です。ありがたや。嗚呼ありがたや、ありがたや。友峰和尚より

友峰和尚のちょっといい話 【 第2866話 】
2021年 06月 22日 談

大安禅寺 鐘楼解体調査工事

昨晩はぐっすり休むことが出来たようです。加齢と共に睡眠が浅くなるとのことですが、和尚の特技では有りませんが途中で目が覚めても直ぐに眠りに就くことが出来るので、まだ幾分若いのだと思います。

鐘楼 / かつての庫裡玄関前

建物が解体され 石垣と礎石が残るようす

本日の外作務

自坊に戻れば当然の事ながら外掃除から一日が始まりますが、昔と違うのは同じ場所を掃除してもずいぶん時間が掛かってしまうことで流石に歳を取ったと実感します。しかし以前より丁寧さが増しているようにも思います。ただの掃除ではなく心の精進を兼ねての掃除で、仕上がりの風景を見て一人満足しています。誰に褒めてもらいたいでもなく、また見てもらいたいでもなく「掃除三昧」の境地を有難く思うのです。曹洞宗の開祖・道元禅師の言葉に「只管打坐(しかんたざ)」と有りますがまさにその境地で、「只管掃除」だと思います。

掃除の途中で孫がやって来ておもちゃの操作してみせる姿も愛らしく、禅語に「遊戯三昧(ゆげざんまい)」というのがありますが「童心は祖心に通ず」で心が和みます。一に掃除、二に笑顔 三四元気に おかげさま! 今日もお陰様の心で過ごすことが出来ました。南無観世音菩薩 友峰和尚より

友峰和尚のちょっといい話 【 第2865話 】
2021年 06月 21日 談

「 松涛 」 / 斎藤公一氏が額装された 和尚の墨蹟 (2003年)

本日は気温30℃を超える真夏日となりましたが、皆様お元気にお過ごしでしょうか? 梅雨入り宣言が北陸地方にも出されてはいるものの、昨日に引き続きとても良いお天気となっています。

斎藤家満中陰忌法要にて

午前中には、和尚の墨蹟などの表具制作で日頃よりお世話になっている斎藤表装店(春陽堂)・斎藤公一氏のお父様が先般逝去され、本日は枯木堂にて新命副住職も出頭し満中陰忌法要を修業しました。斎藤表装店とは和尚の父でもある先代實道住職の頃より三世代に渡ってご厚誼を頂いており、店主の斎藤公一氏とはフランス・パリを始め多くの墨蹟展開催に於ける表装をして頂いています。

斎藤公一氏ご家族とともに

法要終了後は隠寮にて故人を偲びながらご供養の茶礼をしました。久しぶりに自坊での法務遂行となりましたがやはり格別な気分を味わうもので、妻と妻の友人と一緒に松雲の間で昼食をしながら古刹の初夏の風情を満喫した一日となりました。また部屋の軒先には新命和尚が手掛けた風鈴の涼しげな音が花しょうぶ園に響き渡っていました。友峰和尚より

開山堂渡り廊下 の 風鈴

友峰和尚のちょっといい話 【 第2864話 】
2021年 06月 20日 談

ホテルの窓から 三上山“近江富士”を望む

滋賀北陸教区住職研修会2日目を迎えましたが、朝靄の懸かるなか美しい琵琶湖の景色を眺めることができました。昨日の研修内容は、第1講が「臨済宗の開祖・中国唐時代の臨済義玄禅師の禅風“臨済禅”とは何か」「臨済義玄禅師の教えは正しく伝わっているか」で教学研究所室長・廣田宗玄師が講義をされ、また第2講は蓮華寺住職・羽賀浩規師による「花園禅塾について」でしたが、とても分かりやすく丁寧なお話でした。学生時代に学んだ時より、人生経験を経た今日改めて拝聴する講義は実に新鮮でよく理解できます。「死ぬまで勉強!死ぬまで修行!」とはこの事なのかも知れません。

妙心寺法務部長 慧照院住職・吹田良忠師

さて本日も引き続き午前9時より妙心寺法務部長、慧照院住職・吹田良忠師による人権学習がなされ2日間に渡る研修会を無事に終えました。今回は21名の参加者でしたが、コロナ禍にあって当初予定した人数より多くの御参加を得て皆様には本当に心より感謝申し上げました。

住職研修会 修了式にて

さて一路大安禅寺に戻りましたが、自坊では“お寺で遊ぼう「寺パーク」”が新命副住職指導で開催されていました。久しぶりに賑わいを見せる堂内でしたが、コロナ感染の問題が今年中には収束することを願うばかりです。「おおたにさ~ん」の掛け声とともにアメリカ大リーグ・エンゼルス大谷翔平選手の大活躍のニュースが連日報道されていますが、日本国民にとっても大いに元気の出る話題です。「ゆうほうさ~ん」も引き続き頑張って参りましょう! 友峰和尚より

大安禅寺 境内の紫陽花

友峰和尚のちょっといい話 【 第2863話 】
2021年 06月 19日 談

琵琶湖湖畔にて

今日は滋賀県長浜市に来ています。午後1時より北ビワコホテルGRAZIEを会場に「令和3年度 滋賀北陸教区住職研修会」が1泊2日の予定で開催されるため、昨日は前泊して本日に備えました。

「令和3年度 滋賀北陸教区住職研修会」

滋賀北陸教区 宗務所長挨拶

 

昨年はコロナ感染拡大で緊急事態宣言が発令されていた事から研修会は中止となり、1年ぶりの開催となりました。教区宗務所長に就任して9年目となりましたが、ずいぶんと世代交代も進み今では参加者の最古参となっています。実に光陰矢の如しで隔世の感が有りますが、思えば住職研修会に初めて出席したのは今から46年前で、先代住職(父)と一緒でした。

 

順心寺住職 廣田宗玄師

当たり前と言えば当たり前の事ながら、研修会カリキュラムも今では以前より随分と充実しています。近年、青年僧の修行する期間が短くなっている現状を鑑みると、学僧としての見分を大いに高めて頂きたいと願っています。「学も又修行なり」です。なにかと社会の複雑化が加速する今日にあって、青年僧の皆様には大いなる活躍を期待したいと思います。友峰和尚より

友峰和尚のちょっといい話 【 第2862話 】
2021年 06月 18日 談
大安禅寺の額紫陽花も負けていません!現在素晴らしい開花を見せています。今年は気候が良いせいか、どの花も見事に咲き競っています。残念なことに卑山メインの花菖蒲は惨敗で、土壌にガスが発生してしまい連作障害も加わり悲惨な状況でした。せっかく花菖蒲を期待して御来寺下さった方々には本当に申し訳なく思っています。来年は必ず立派な花菖蒲を観賞頂きたく努力して参ります。 さて久しぶりに現在進行中の本堂修理保存工事、調査解体現場を視察しました。大引や際根太が顕わになればなるほど、建築物の土台を支える荘厳な雰囲気を感じます。鐘楼や式台なども解体され構造物の調査が続けられていますが、建造ではなく調査の為の「解体」ほど不思議な感覚を覚えるものは有りません。ビデオなどでよく見る巻き戻しシーンですね。まるで約300年前にタイムスリップし、今にも当時の宮大工師達が現れるような雰囲気です。皆様も是非和尚と同じ気持ちを味わってみませんか!きっと感動される事必定だと思います。どこからか大工師たちの声が聞こえて来るような気がする視察となったようです。友峰和尚より
友峰和尚のちょっといい話 【 第2861話 】
2021年 06月 17日 談

額紫陽花がひときわ美しい好時節! いま寳勝寺玄関前に見事な花弁を広げている紫陽花「隅田の花火」ですが、今年は例年になく優雅でしかも大輪の花を咲かせています。本堂前の沙羅双樹や中庭の柏葉紫陽花、ノウゼンカズラなども満開で、ぜひ皆様には卑山にお立ち寄り頂き数々の季節の花を愛でて頂きたいと思うものです。

※動画には音楽が流れます

午前中には霊前供養が営まれましたが、苑内では幾種類もの夏の花が植樹されていました。宝勝寺「ふれあいパーク霊苑」と銘打っているように沢山の花達に囲まれながら、故人との思い出に心を通わす霊苑でも有ります。

夏の花々の植栽

 

7月も 次々とバラが咲き続けます

さて、明後日からは滋賀県長浜市に於いて「滋賀北陸教区・住職研修会」が予定されていますが、自坊に帰る支度をしながら研修カリキュラムに目を通し、その準備に入りました。世代交代の進む昨今ですが、仏教講座の講義を聴くことは幾つになっても勉強になるものです。更に参ぜよ30年!の禅語の如く、「人生の気づき」は終わりが無いように自覚する毎日です。友峰和尚より

友峰和尚のちょっといい話 【 第2860話 】
2021年 06月 16日 談

少林寺 境内の樹木剪定

7月10日土曜日、午前10時半より野町・少林寺盂蘭盆会が修業される予定となっていますが、行事を前に境内樹木の剪定作業が行われました。当初自分で剪定する予定をしていましたが剪定機具が大安禅寺に有るため、急きょ造園業者さんにお願いしました。相変わらず気温も高く蒸し暑い天気で熱中症を危惧しての判断でした。

少林寺 奥様とともに

造園業者さんとの打ち合わせ後には少林寺の奥様と縁側でしばし世間話となりましたが、和尚より約20歳年長者でもあり俄然話題は「断捨離」に集中しました。いまだに両親の遺品が整理されておらず自坊に戻るたびに気にかかる事項となっていて、寳勝寺は綺麗に整理されましたが少林寺は三代前からの遺品が残されており、その整理に苦慮しているところです。

「断捨離」が整理整頓のキーワードですが、自分の事となると想い出深い品物ばかりで捨てがたく実に困った問題です。金沢は伝統的文化芸術を推奨保存する町として全国的にも有名なだけに、「断捨離」とは言うものの寺院の歴史を後世に伝える意味でも出来る限り整理して保存しておきたいと思います。なぜか古いものほど新しく大切に感じる今日この頃です。友峰和尚より

友峰和尚のちょっといい話 【 第2859話 】
2021年 06月 15日 談

沙羅双樹が咲き始めました

石川県内に出されていた「まん延防止等重点措置」が昨日1ヶ月ぶりに解除となり、飲食店街にも活気が戻って来たとの報道がなされていましたが、一刻も早い市民へのワクチン接種拡大が感染防止のキーワードとなって来ているようです。今日も日中気温が約30℃近くになり屋外に出ると真夏日のような陽射しで、買い物に出かけるのも億劫になるほどでした。

おだまき の 種

日々のニュースの関心事は東京オリンピック開催に関する入場者制限と感染防止対策ですが、あと1ヶ月後に迫ったオリンピックとはいうものの国民全体を見て今ひとつ盛り上がりの欠ける状況が続いているようです。その原因は、しっかりとしたオリンピック開催に対する運行説明が不足しているように感じます。どこかでいちど国民に向かって、東京オリンピックをどのように安全安心に運営するのか、大会組織委員会会長の具体的な説明が求められているように思います。4年間頑張って来たスポーツアスリートの皆さんの為にも、無事に開催できる運びになる事を切に願う毎日です。

日中友好の朝顔 成長しています

さて6月19日(土)、20日(日)と2日間に渡って「滋賀北陸教区・住職研修会」が長浜で開催予定となっていますが、昨年は中止されただけに本年は内容の充実した研修会となるよう教区所長として努めて参りたいと念じています。友峰和尚より

 

Copyright© 2014 臨済宗妙心寺派 太白山 寶勝寺 All Rights Reserved.

〒921-8033 石川県金沢市寺町5丁目5番地76号
電話:076-287-3870