和尚のちょっといい話

iihanasi_top

友峰和尚のちょっといい話 【 第436話~写真特集~ 】
2014年 11月 04日 談

27

ハプニング続きの移動日から一夜明け、ニューハンプシャー州・ハノーバーのホテルにて

17とても閑静な田舎の大きなホテル

17

グリフィス教授と、ご息女・ハナちゃんとともに

24

グリフィス教授のお母様と、久方ぶりの再会

18

ゆったりとした時間のなかで朝食

16

グリフィス教授が、お母様に個展の様子を説明

26

個展開催期間中のハードな毎日が嘘のような、のんびりした時間です

 

友峰和尚のちょっといい話 【 第436話 】
2014年 11月 03日 談

us_map

マイナス2度の朝を迎えた今日。午前9時半にミシガン州・デトロイト空港を出発して、ペンシルべニア州・フィラデルフィア空港経由でニューハンプシャー州・マンチェスターボストン地域空港へ行く予定でしたが、デトロイト空港を出発した途端、急病人が出たため飛行機が急遽引き返し、30分遅れでフィラデルフィア空港に到着しました。ところがその直後、グリフィス教授より緊急の連絡が入り、予定が変更になったので切符を買い替えてくださいとの事。「英語のできない私に何をどうしろというのか!」って感じでしたが、そこはそれ、文明の力で携帯電話が活躍して無事搭乗券を買い求め、一路コネチカット州・ハートフォードの空港に向かいました。預けた旅行カバンが路線変更できたかと心配しましたが、グリフィス教授の賢明な計らいで無事手元に戻りました。本当に妻と二人きりのドタバタ劇でした。‏‏ハートフォードの空港にはグリフィス教授が迎えに来てくれており、ようやくひと安心。そこから車で3時間かけてバーモント州を越えニューハンプシャー州に向かいましたが、高速道路を走行中に、寸でのところで大きな鹿と衝突しそうになり、今日はハプニング続きの一日となりました。

yjimageG0QJ1QQI

アメリカが広大な大陸であることを体感しながら、目的地に着いたのは午後の9時頃でした。‏久しぶりにグリフィス教授のご両親と会い、夕食をともにしました。‏ニューハンプシャー州‏・ハノーバーは、大変閑静な場所です。‏明日、お写真をお届けしたいと思います。毎日が目まぐるしく変化していきます。‏妻に言いました、何もかもが二人の冥途の土産話と思って頑張って参りましょうと。友峰和尚より

友峰和尚のちょっといい話 【 第435話 】
2014年 11月 02日 談

11月1日です。日本は2日ですね。今年もあと2ヶ月となりましたが、本当に1年があっという間に過ぎて行きます。11月は霜月と言うように間もなく北陸は厳しい冬を迎えますから、この時期は今年最後の休息月間という事でしょうか。

写真 15

仁さんの家の近くの森にて / ミシガン州アンナーバー

和尚は今、アメリカです。今年の締めくくりの月でもあるので、この1年を振り返り猛省したいと思っています。3月の金沢市・しいのき迎賓館での墨蹟禅画展に始まり、10月、ニューヨーク州サラ・ローレンス大学での禅文化展を今年の大きな実践行動と捉えています。その間、寶勝寺での新たな活動や大安禅寺における法務の修業等、どの場合でも多くの方々の支えが有って円成していきます。世の中すべて、密接な関わりをもって新たな縁が生じていきますから、どのような縁も未来への種子となることを今年も身を以て体験したものです。‏サラ・ローレンス大学での個展開催にあたっても、加賀好さんがまだ小学6年生ながら参加され、活発にお手伝いをして下さいました。和尚にとっても、緊張を解してくれるマスコットのような存在でした。また今回の催事を通して新たなスタッフを得たような感じでした。

22

3-3 (2)

好さんの書が、学生さん達のお手本になりました。/ 書道教室にて

55

容子様と一緒に、2度の坐禅会に参加

33

仁さんのお手伝いをされる好さん

3黙々とお手伝い中・・・

 

44

学生さんとの懇談会にも参加されました。

この御縁も故、加賀信行氏に有りました。奥様の容子様は御主人亡き後、今日も尚、大安禅寺の金曜坐禅会に出席されていますが、その御精進には頭の下がる思いです。‏容子様が今回の個展に参加されることを聞き、大変嬉しく思いました。‏御主人とは長い長い御厚誼を頂いて居ました。勿論御主人も長く坐禅会に来ておられました。‏そのようなご縁から今回参加頂きましたが、容子様も積極的にお手伝い頂き、言葉にならないほど心の中で感謝申し上げました。‏きっと御主人のお導きではなかったかと感じています。‏個展開催中にあっても、好さんが日々成長を見せる姿に感心いたしました。

9

撮影:加賀 好さん

11

2度の墨蹟パフォーマンスでは、好さんが写真撮影を担当してくれました。

今後、彼女が夢に向かって大いに努力されることと頼もしく思っています。‏全ての御縁に感謝の真を捧げる1年となりました。これからも周りの人との御縁を大切に、まい進していきたいと思います。友峰和尚より‏

 

 

 

 

 

友峰和尚のちょっといい話 【 第434話 】

100 (2)

帰国された野口先生始め御社中の皆様へ。今回のサラ・ローレンス大学での個展と華道茶道展に御参加いただき改めて厚く御礼申し上げます。何かと気配りが十分でなかったことも多々あったことと思いますが、皆様のご参加が初めてのニューヨーク個展開催を成功に導いて下さったと心より感謝申し上げております。日本における沢山の流派の中で、文房流晴心会の煎茶並びに華道デモンストレーション、ワークショップを大学内で開催できましたことを和尚も大変に光栄に感じています。野口先生とは40年に渡る御厚誼を頂いておりますが、一緒に禅文化展を開催できたことに喜びを感じています。また、パリに続いて社中皆様にも力強い支援を頂きかさねて厚く御礼申し上げます。時間が経つごとに、もっともっと社中の皆様の希望に沿うことが出来ていればと反省を深くしています。まだアメリカにおりますが、帰国しましたら皆様から色々とご意見をお聞きしたいと思っています。和尚は今、個展開催中とは全くに異次元のゆったりした時間を過ごしています。この事もまた次の展開への大きな動力源となることと思っています。‏アメリカという大きな国の力を感じながらの毎日です。昨日はミシガン大学のBAND-O-RAMA 「LETS GO BOO!」‏を聞きに行きましたが、ミシガン大学生の演奏するバンドの大迫力に圧倒されました。‏今少しアメリカ大陸の文化に触れてみたいと思っています。今のところ元気に過ごしています。‏野口先生も文化祭で多忙を極めている事と思いますが、時差ボケに負けず頑張って頂きます様念じています。野口御社中皆様のご盛会を願って御礼の言葉といたします。友峰和尚より

写真 14 (2)

写真12

写真 13

 

友峰和尚のちょっといい話 【 第433話 】
2014年 11月 01日 談

仁さんの家での休息ですが、今日は、真理子さんのお勤め先であるミシガン大学と、仁さんのオフィスを訪ねました。アメリカ社会が、ベンチャー企業を育てるため色々な施設を提供していることが伝わってきます。今回の個展で使われた14個の花台や、和尚の掛軸を展示する特別な台などは全て仁さんが構える工房の制作場で作ったそうで、コンピューターを操作して自動で作る工作機械や電子関係の工房など見せてもらい、ただただ感心するばかりでした。

写真 10

写真 11

実際に個展会場に行った初日、以前大安禅寺で製作した掛軸台とまったく同じ製品があったのには驚きと感動を受けましたが、今日、改めて仁さんに感謝したものです。

DSC01119 (2)仁さんが作ってくれた花台

hana (2)

 美しい生け花を、引き立たせてくれました

jikudai

大安禅寺の掛軸台がそのまま再現された、今回の個展用掛軸台

仁さんの工房を後にしてミシガン大学まで送ってもらい、大学内にある美術館を家内と二人で鑑賞しました。とにかくあまりにもスケールが大きく感心するばかりで、途中、地下にある学生食堂で休憩しましたが、これまた街なかにあるようなファーストフード店が多くあり、スターバックスもあって何とも不思議な感じでした。‏すごいですね! ‏学生さん達ものびのびと学んでいる感じがするし、世界中からあらゆる年齢層の人々が留学しているようで、思わず学生さんから声を掛けられる始末。アイアム、ジャパニーズ、アイキャント、スピークイングリッシュ・・・・しか言えませんでしたよ。‏久しぶりにアメリカの住宅街を車で走り、ようやくアメリカ感覚になってきました。‏仁さんのお宅は本当に素晴らしいですよ!‏今日もきっと真理子さんも交えて話の尽きない夕食となりそうです。友峰和尚より

友峰和尚のちょっといい話 【 第432話 】
2014年 10月 31日 談

写真 9

アメリカに来て13日が過ぎました。個展を終えて、今日はミシガン州アンナーバーにある、仁さんの家にお邪魔しています。お母様の真理子さんとは久しぶりの対面で、懐かしく思い出話に花が咲きました。真理子さんはソーシャルワーカーとしてミシガン大学病院に勤務されており、入院患者の精神ケアにあたっているそうで、日本も同じ現象が起きていますが、アメリカでも現在お年寄りの精神面のケアが重要視されてきているそうです。とにかく、真理子さんとは随分と長くお会いしていなかったため、明日からの滞在を楽しみにしています。

写真7

お家はとても素敵なアンティーク調の設えで、まるで日本にいるかのような錯覚を起こすほどでした。ニューヨークにいた時は毎日忙しく、ホテルに戻ると夜の10時過ぎで寝る間もない程だっただけに、ウソのようなゆったりとしたリズムに戻りました。40年ぶりのアメリカ訪問なので、時間の許す限り多くの方々とお会いしてみたいと思っています。個展のお手伝いを頂いた皆様も全員無事に帰国されたと聞き、ほっといたしました。今はきっと安堵されている事と思います。

写真6

今日の夕食は本当に久しぶりの真理子さん心配りの日本食でした。温かいご飯にお味噌汁などなど、五臓六腑にしみこみました。こちらに来てからずっと洋食でしたから胃も喜んだことでしょう。真理子さんからマインドフルネスの話を聞きましたが、和尚も色々老後の精神ケアについて考えてみたいと思った夕食の一時でした。友峰和尚より‏

友峰和尚のちょっといい話 【 第431話 】
2014年 10月 30日 談

個展が終了したというのに、今日も‏何となく奇妙な感覚の中にいます。これは一体何なんでしょう?ニューヨークにいるのに、何処かほかの国にいるような‏感覚です。

写真最終組、本日帰国します‏

朝方8時半、最後までお手伝いして下さった7名の方を御見送りして、その後、ホテルの部屋で自分の荷物の整理をしましたが、体全体が弛緩したような、昨日までの自分とは別人のような感覚で、今まで何をしていたんだろうってポカンと気の抜けた状態が続き、なかなか次の行動に移行できませんでした。そこへグリフィス教授が迎えに来られ、サラ・ローレンス大学まで戻って、昨日梱包した掛け軸や備品を日本に送るため一緒に郵便局へ行きましたが、これまた大変な作業でなんと2時間要しました。野口先生の荷物が送れるか心配されましたが無事に通過して一同ほっとした次第です。

写真2

写真3

写真5

写真4

荷物を本国に送り返した時点でようやく終わった感覚がしました。それと同時に、グリフィス教授はじめ仁さんはこれまでどんなに準備に労を費やしてきたかをしみじみと感じ入りました。また、野口先生始め御社中の皆様、斎藤様、加賀様、好ちゃん、事務局の山口さんの深甚なるサポートに感謝の念でいっぱいになりました。いつもそうですが、終了するまで気が抜けず参加くださった皆様への気配りに欠ける事を本当に申し訳なく思います。もっともっとみなさんのお気持ちに添うように心を尽くさねばなりませんね。毎回終了して知る反省の心です。無事に終了できたのも偏に皆様の温かい思いやりと協力が有っての事と深く感謝申し上げます。‏また、留守を守ってくださっているすべての方々の御支援にも心より感謝申し上げます。‏ 和尚の我儘にお付き合い頂いて居ることに甘えず今後は少しでもお返しできるように頑張って行きたいと思います。本当に本当に有り難うございました。有り難うございました。友峰和尚より

友峰和尚のちょっといい話 【 第430話 】
2014年 10月 29日 談

20

最後の墨跡デモンストレーションに向けて、全員で準備 / 撮影:加賀 好さん

千秋楽の今日は暖かい一日となりました。12時からの最後の墨蹟デモンストレーションに全身全霊で挑みましたが、大学の副学長様も見学に来られより一層力が入りました。

11

 

640

9

4

16

3

21

15

10

5

観覧された方々の質問に答えるグリフィス教授

これで全てのカリキュラムを終了しましたが、何とも妙な感覚の中にあってまだ実感として終わった感覚が出てきません。今後、時が経つにつれて少しずつ感じるのかも知れませんね。ニューヨークでの個展開催という事で随分心配もしましたが、グリフィス教授と子息の仁さんの力強いサポートで無事に円成出来ましたことを安堵とともに大変嬉しく思っています。会期中は野口美智子先生と御社中の皆様には幾重にもお世話になり、厚く御礼申し上げます。後片付けの際にも野口先生はじめ社中の皆さま、加賀様、好ちゃん、斎藤さん、グリフィス教授さま、仁さん、山口さん、には大変お疲れのところお手伝いいただき無事にすべてを綺麗に片づけて梱包できましたことにも厚く御礼申し上げます。

写真 1

墨蹟パフォーマンス終了後、会場を撤収

6

13

夕方6時、会場として10日間お世話になった、サラ・ローレンス大学図書館を出発

12

夜の講義があるため大学に留まるグリフィス教授と、お別れのご挨拶

30

最後の夜を、大学近くのレストランにて

今後、今回の経験を色々な場面で活用していきたいと強く念じています。留守中をお守り頂いています全ての皆様に心から御礼申し上げ、個展終了のご報告といたします。有り難うございました。友峰和尚より

 

 

 

 

 

友峰和尚のちょっといい話 【 第429話 】
2014年 10月 28日 談

1

野口社中の皆様、本当にご苦労様でした。今日は4名の方が朝8時半に帰国の途に就かれ、ホテルで御見送りしましたが、何ともさみしい限りでした。明日で「サラ・ローレンス大学個展」も最終日を迎えます。野口美智子先生、姉崎志乃様、姉崎ともよ様の三名が、明日の墨蹟デモンストレーションのお手伝いとして残られまた、加賀容子様、好ちゃんも最終組として残られました。今日も午前中から大学生との懇談会が開催され、和尚をはじめとして、野口先生、加賀容子様、加賀好ちゃん、そして家内も参加しての質疑応答となり、学生たちの熱い思いの中で楽しい懇談となりました。

2

3

4

午後も引き続き学生達との懇談が行われ、グリフ教授も参加しての大変に内容のある質疑応答となりました。夕方6時からは坐禅が行われましたが、今日はこれまでで最高の14名の学生並びに一般の参加者が有り、好評のうち坐禅会も終了しました。学生との懇談会の最中にサラ・ローレンス大学の副学長様も個展会場に来られ、終日賑わいを見せたものです。何よりも嬉しいことは、日にちを経るごとに学生達が会場に顔を見せるようになってきたことです。此の一週間、実に有意義なものでした。初めて禅に触れる学生ばかりですが、墨蹟や茶道、華道、ミーティングの催事を通して少しずつ興味を示しはじめ、特に現在、日本語を勉強している学生は熱心に何度も会場に足を運んでくれたことは大いに元気づけられた感が有りました。

12

サラ・ローレンス大学副学長様とご挨拶

愈々明日、正午より、大学生対象の墨蹟パフォーマンスが開催され、今回の個展千秋楽となります。反省する間もないほどハードなスケジュールでしたが、今は充実感の中に日々を過ごしています。グリフ教授を始め仁様には並々ならぬご苦労と心づかいを頂いていることに改めて感謝申し上げたいと思います。友峰和尚より

 

 

友峰和尚のちょっといい話 【 第428話 】

DSC00846 (2)

グリフィス教授のご自宅付近の風景

今日は、昨日の3時から行われた墨蹟パフォーマンスの後片付けの為に大学へ行き、その後はグリフ教授の案内でニューヨーク郊外の紅葉を鑑賞に行きました。「サラ・ローレンス大学個展」も愈々あと2日間を残すのみとなりました。明日は10時から学生との懇談会が予定されており、二度目の開催となります。大学の雰囲気に慣れるにつれ、学生たちとの距離感も縮まってきた感が有り、もっともっと交流してみたいと思うこの頃です。和尚の大学時代の頃を思い出しながら学生と接していますが、何とも不思議な気分になるものです。大安禅寺や寶勝寺も今後国外の留学生などを受け入れてあげたいものです。学生時代に見聞を広げることは大いに賛成ですし、どんどん国外に出て色々な文化の違いを体験して欲しいですね。地球を取り巻く環境は昔と違って随分と世界が狭くなってきています。いろんな意味で多くの国々との交流をしてほしいと願ってやみません。さて今回のニューヨークでの個展開催が今後の創作活動にどのようにプラスされて行くか楽しみにしています。あと二日間になりましたが気を引き締めて頑張って行きたいと思います。友峰和尚より

Copyright© 2014 臨済宗妙心寺派 太白山 寶勝寺 All Rights Reserved.

〒921-8033 石川県金沢市寺町5丁目5番地76号
電話:076-287-3870