和尚のちょっといい話

iihanasi_top

友峰和尚のちょっといい話 【 第1617話 】
2018年 01月 21日 談

中国唐代の詩人・杜甫の詩句「曲江詩」に有る「人生七十古来稀なり」から満70歳をお祝いすることになったそうで、「古稀」の祝いは当事者が家族や友人を呼んで感謝の宴を催すのが習わしだそうです。今日も家族揃って誕生日と古稀のお祝いをしてくれましたが、副住職の計らいで珍しい誕生ケーキでのお祝いとなり、時代もずいぶん進化したものだと感心しました。後日改めて、和尚が主催者となってお祝いの席を設けることとなりました。

家族が古稀祝いの会を開いてくれました

シェ・サカイ(福井市田原)の阪井シェフより、御手製のお祝いケーキを頂きました

午前中には、岐阜県羽島市にお住まいの武藤靖様がご恵送下さった古稀祝いの「お誕生日新聞」が届き、さっそく昭和23年1月25日の出来事を興味深く読みました。第二次世界大戦、終戦後まもなくの新聞記事の為、まだまだ我が国が混乱期であったことがつぶさに伺えます。

昭和23年1月25日 の 朝日新聞

自分がこの世に生命を受けた当時の社会状況はとても興味が有るものです。思いがけないお祝いの品にとても感動しました。本当に有り難うございました。誕生日は25日ですので、残り4日ばかりを穏やかに過ごして参りたいと思っています。

さて、明日から節分会の御札(おふだ)書きに集中していきたいと思います。厄年をお迎えの皆様、どうぞ節分会御祈祷祭にご参加下さいますようお待ち申し上げております。友峰和尚より

友峰和尚のちょっといい話 【 第1616話 】
2018年 01月 20日 談

一足早く、古稀の記念写真を職員に撮ってもらいました。昨日、㈱キタジマの北嶋幹補会長様ご夫妻から古稀祝いの立派な胡蝶蘭を頂いたと妻から連絡があり、さっそくに福井に戻っての記念の一枚でした。

和尚、一歳。

和尚が生まれたのは昭和23年1月25日で、初天神様の日でも有ります。母の話では、生まれた時に体重が4キログラム以上あったとか。それはそれはでっかい赤子で、産婆さんが「将来は相撲取りになるかも」と言ったとか? それもそのはず、12月中に生まれる予定が1カ月延びたそうで無理からぬ話です。本当に、亡き母には感謝の言葉も有りません。古稀を迎えることが稀(まれ)なら尚更のことです。

北嶋様御夫妻とともに / 2017年10月 寳勝寺にて

人生にとって健康ほど大切なものは有りません。こうして70歳を迎えることが出来たのは偏に母が健康体に産んでくれた事に尽きます。「世のなかに 一億人の母有れど 我が母にして 勝る母なし」です。誰しもそうだと思いますが、歳を経ることにつくづく両親への感謝の思いが募っていくものですね。今晩は家族全員揃ってお祝いしてくれるそうですが、本当に有り難い事です。北嶋様ご夫妻には真心篭った胡蝶蘭を賜り、心より厚く御礼申し上げます。友峰和尚より

友峰和尚のちょっといい話 【 第1615話 】
2018年 01月 19日 談

本日の午後1時よりNHKワールドニュースTVの生中継が大安禅寺で行われ、その映像が世界中に放映されました。和尚は金沢にてアイフォンで見ましたが、新命副住職に対するインタビューや墨蹟パフォーマンスがライブで中継され大変感動しました。遂に大安禅寺の映像が地球を一周した事になり記念すべき日となりました。ひょっとしたら宇宙で地球外星人も鑑賞していたかも知れませんね。そのうちにコンタクトがあるかも? 和尚なども海外に出掛けた時は必ずホテルでNHKワールドニュースTVを見ますから、きっと多くの日本人の方々がご覧いただけた事と思いました。1か月間ほど放映されるそうですから皆様も機会が有りましたら是非見て下さいね。副住職のインタビューにコメントする堂々たる姿には興奮を覚えたものでした。息子が一歩一歩成長していく姿を見るのは本当に嬉しいものです。さて和尚も頑張って参りましょう! 昨日に引き続き午前中から本堂前の雪割りをして、次の降雪に備えました。明日は「大寒」! 今後も北陸地方は大雪の注意が必要とか!春の到来が待ち遠しい今日この頃です。

野町 少林寺にて 梵鐘調査

夕刻には野町・少林寺梵鐘調査のため金沢工業大学の学生2名が来寺されました。今から約400年前、宮崎寒雉作の名鐘で、この度は卒論の為の調査とか。思わず一突きしましたが正に心洗われる音色が響き渡った寒中の古刹のひと時でした。友峰和尚より

友峰和尚のちょっといい話 【 第1614話 】
2018年 01月 18日 談

融雪水の調整中です

このところの陽気で、これまでに積もった屋根雪が一気に融けていきます。暦(こよみ)は一月ですからまだまだ油断はできません。大寒を前に今日もせっせと融雪の為の工夫をしながら雪割りに専念したものです。

手作業で雪を崩しながら、融雪水で融かしているところ

午前中には片岡経営会計事務所職員による寶勝寺の会計監査に立会い、その間にも来客応対に当たり、結構慌ただしい一日となりました。午後からは松浦建設㈱の吉田専務様が年頭の挨拶に御来寺下さり、久しぶりにゆっくりと歓談しましたが、今年は寳勝寺の庫裡土間耐震補強並びに外壁補修工事が秋に予定されています。卑山も漸く元の姿に戻すことが出来つつあります。「法盛んなれば魔も又盛んなり」という言葉が有るように、常に謙虚な姿勢で法務を遂行して行かなけれならないと自省の毎日です。

松浦建設㈱ 吉田専務様とともに

一月の事を「睦月(むつき)」と言いますが、この月は「争い事を遠ざけて仲睦まじく過ごす月」と有りますから努めて心を正しお客様との懇親を大切にしています。ブログを通して今年も多くの方々との交流が始まっており、新たな出会いが新たな世界を創造していくような気がします。頑張りましょう!頑張りましょう!皆様!元気に参りましょうか!友峰和尚より

友峰和尚のちょっといい話 【 第1613話 】
2018年 01月 17日 談

つかの間の晴天 / 大安禅寺正面玄関にて

山門前の門松を始め御堂内のお正月飾りもすっかり片づけられてちょっぴり寂しい感もありますが、大安禅寺では早、節分会の準備が始まったようです。寺院に於ける一年を通しての色々な仏教行事に参加しながら、心を整えて行く気がします。

㈱ココ・プランニング 中本社長様が 新年の御挨拶に来寺されました / 寳勝寺にて

中本社長様、川面専務様とともに

「好事もまた無きに如かず」という言葉のように、有るがままに平穏無事に一年を過ごしたいと願うのは誰しもが望む所です。近年よく言われる「寺離れ現象」の原因がいったい何処に有るかを考えるならば、「寺院とは何か?」を究明すればその答えが出てきます。「寺院」の語源はサンスクリット語で「ビハーラ」と言い、その意味は「憩う、休憩する、安らぐ」で、その昔、現代のように各町内に集会所や公民館が無かった頃は主に寺院の伽藍を利用して、多くの人々の交流場所となっていたようです。

「 禅  一期一会 」 大安友峰 書

近年は寺院でのお葬儀や御法事、結婚式なども激減し、また簡素化されていく傾向に有ります。懐かしい言葉に「説教」というのが有りますが、全国の各寺院で必ず催行されていた「説教」も次第に無くなり、お寺自体の存在意義が問われている状況です。そのような寺院存続危機時代の波の中で、大安禅寺では積極的に法務活動を行っています。年中行事以外にも、法話は勿論のこと坐禅会、写経会、精進料理、坐禅修練研修、コンサート等々を通し「寺離れ問題」に取り組んでいる最中です。どの活動も究極は「安心立命の心境を体得せしめること」をその目的としています。いま、金沢寺町寳勝寺並びに野町少林寺でも「寺離れ対策」が始まっています。「僧侶の本分とはいったい何ぞや!」「乞うその本を勤めよ!」この一点に心を集中させ頑張っている所です。友峰和尚より

友峰和尚のちょっといい話 【 第1612話 】
2018年 01月 16日 談

「先手必勝」「備えあれば患いなし」などの格言は厳しく自分の心に叩き込んでおく必要が有ります。特に北陸地方のこの時期の降雪は油断が出来ません。いったん冬型爆弾低気圧が通過すれば一晩に1メートルぐらいの大雪となる事も有りますから、今日のように気温が緩んだからといって、この雪をそのままにしておくと残雪が根雪となって次にはにっちもさっちも行かなくなってしまいます。考えてみればこれは全ての分野で言えることで、なにも降雪に限ったことではないと思います。どんな難事にも直ぐにアクションを起こして問題解決への糸口を模索しなければなりません。そういう訳で再び境内を巡回して、次に襲って来る雪対策に臨みました。本堂前の樹齢二百年の老松が雪の重みでねじれるように折れ、本堂大屋根の瓦を押し付けている光景は実に無残です。さっそくに地元森林組合関係者に連絡して、後日伐採してもらう事になりました。折れるのは無理もない話で、老松の芯の部分が腐っており、よくぞ今日まで命を長らえて来たものです。

留守中は新命副住職がしっかり寺を守ってくれているので、安心して金沢兼務寺院に入りました。金沢市内も福井と同じく、いちど路地に入れば圧雪したデコボコ雪道で大変危険な状態でした。寳勝寺の屋根雪もどっさり残っており、到着と同時に融雪に取り掛かりました。「雪を制するものは水なり」と心得て、側溝の水を小型ポンプで汲み上げ、雪を融かす工夫をしました。どうやら一週間後に寒の戻りが有るとか? これからも雪との戦いが続いていきます。友峰和尚より

友峰和尚のちょっといい話 【 第1611話 】
2018年 01月 15日 談

大雪のピークを過ぎ / 寳勝寺 本堂前

最近、過去・現在を通じて国内外の著名人の生き様をクローズアップしたドキュメンタリー番組が増えているように思います。どうやら現代社会は人材不足という事なのでしょうか? 和尚が今まで全く知らなかった人物が海外で大きな評価を得、その国の人々から深く感謝され今日に至っているという番組など見ますと本当に嬉しく、日本国民として心から誇りに思うものです。現代社会にもきっと多くの立派な御方がおられると思いますが、本当に感謝されるのは没後に於いてなのかも知れませんね。 いづれにしましてもリーダー的存在の登場を期待するかのような雰囲気が番組から伝わってきます。

ふれあいパーク霊苑の雪景色

霊苑スタッフの皆さんが 参道の雪かき をされています

すべての事に於いて「スピード化」を求める現代社会では、もはやリーダーの存在は不要なのかも知れないと思ってしまいます。AIの進化が叫ばれる 今日、リーダーどころか人工知能ロボットに先導され、我々の未来が左右される日が来るのもそう遠い話では無いようです。

お寺へとつづく道 除雪三昧の日々 おつかれさまです

さて、そんな妄想をよそに、和尚は今月25日に古稀70歳を迎えます。これは間違いなく現実の事です。嘘であってほしいと願っても無駄な話です。家族揃ってお祝いをしてくれるそうですが、嬉しいやら、悲しいやら、寂しいやら、今後は今あることの自分に感謝しながら努力を続けて参りたいと念願しています。友峰和尚より

友峰和尚のちょっといい話 【 第1610話 】
2018年 01月 14日 談

本日早朝 左義長の御祈祷が行われました

樹齢約300年の羅漢樹が昨夜来の雪の重みで折れ、本堂入口の通路を塞いでしまったため、その伐採と整理から今日の一日が始まりました。一晩でおおよそ30センチほど降り、積雪の高さは70センチぐらいあるでしょうか? 本当に昭和56年豪雪以来の大雪となっています。除雪車をフル活動させ生活道路を確保した後、新命副住職と地元町内の左義長ご祈祷に出掛けました。

路面はテカテカと凍りつき危険極まりない状態で、このような氷点下での左義長は近年無かった事です。写真の如く晴天域の中、無事にご祈祷を終え寺に戻りましたが、再び除雪に集中し本日の「修正大般若祈祷会」の支度をしたものでした。

平成三十年度 修正大般若祈祷会

卑山では一年を通じて多くの行事が開催されますが、「大般若祈祷会」は特別な行事で、国家を始め国民また檀信徒各家の平穏無事を祈願する祈祷祭です。卑山創建当初より約四百年間に渡って連綿として厳修されて来た法要です。

檀信徒皆様による 般若心経転読

檀信徒総会ならびに年賀会のようす / 大安禅寺枯木堂にて

法要後には檀信徒総会と年賀会が開催されました。和尚が毎年感じる事に、檀信徒皆様の元気な姿に接する時が一番安堵し嬉しく思うものです。そういう意味合いからも、新年のご祈祷会には渾身の法力を以って臨んでいます。檀信徒皆様はじめ御法縁を頂いている多くの縁者皆様方が「安閑無事」である事を心よりご祈念申し上げます。友峰和尚より

大安禅寺責任役員総代の皆様とともに

友峰和尚のちょっといい話 【 第1609話 】
2018年 01月 13日 談

大安禅寺 今朝の正面玄関のようす

全国ニュースにもなった金沢市内の豪雪! 北陸自動車道もJR各列車も混乱を極め、和尚も昨日の午後に福井へ戻ろうとしたものの午後3時になって漸く電車が開通、駅構内には人が溢れかえっていました。新潟県の豪雪による列車の事故では、延々14時間も車内に乗客が閉じ込められたとか! 満員電車だった為、立ったまま一夜を過ごした乗客が有ったと聞いて驚くやら気の毒に思うやら。過去には38年・56年と2度も北陸豪雪を体験していながら対策が遅れたのは本当に残念です。あれから37年も過ぎましたから、豪雪経験者も少なくなっているという事でしょうか?

庫裡側の除雪

新命副住職が 境内 を除雪しているところ

さて、本日は早朝より除雪に追われましたが、除雪車の威力は大したもので、短時間で生活道路を確保できました。つくづく金沢の寺にも1台導入できればと思ったものです。明日は地元町内の左義長と、卑山新年大般若祈祷会並びに檀信徒総会に引き続き年賀会が行われる予定となっています。真前にお供えする紅白の大鏡餅が世話方さんの手によって搗かれ、準備も整ったようでした。

世話方さんです

お正月飾りも全て、明朝6時半よりの左義長ご祈祷の後お焚きあげが行われます。どうかこの一年、町内が平安で無病息災・家内安全を心から念じたいと思います。そして午前10時半から厳修される大般若祈祷会では、万民和楽・五穀豊穣・国家安寧を渾身の力でご祈祷申し上げたいと願っております。友峰和尚より

友峰和尚のちょっといい話 【 第1608話 】
2018年 01月 12日 談

新年の木曜坐禅会

一晩で50センチの積雪となった寺町。昨晩は今年最初の木曜坐禅会が開催され、猛吹雪の中を寳勝寺四天王4名の居士・大姉が見参! まず古田多聞天! 高倉持国天! 枝村広目天! 佐藤増長天! あっぱれ!あっぱれ! 堂内気温が1度ということで流石の冷え込みにストーブの加勢を得たものの効きめ無し。約1時間半の新年初坐禅の後は、温かいお抹茶で新年をお祝いしました。

猛吹雪でガタガタと寺が揺れる中での 坐禅会

新年初坐禅会 記念撮影 をしました

大雪注意報が発令されたため坐禅会を中止にしようとも考えましたが、和尚一人でも座ろうと敢えて中止の電話はしませんでした。しかしながらブリザードの中、4名の参加者を得て大満足でした! もちろん気合の入った坐禅会となったことは言うまでも有りません。

坐禅後の 茶礼 にて

「禅」とは何ぞや! 禅とは「単を示す」と書くように、まさにたった一人の心の中に住む「真人」と出会う事であり、その真人とは「根性玉」だと思います。「一無位の真人」の語は臨済宗の祖・臨済義玄禅師の言葉でも有りますが、言い換えれば「無心の心」とでも言いましょうか。兎に角無事に新年初坐禅会を成就出来て安堵しました。

さて、一夜明けて早朝より除雪に追われましたが、まだまだ油断できません。どうか皆様、くれぐれも雪道は安全運転で事故の無いように気を付けて下さい。運転三昧! 友峰和尚より

 

終日 雪除け作業に追われました

1 / 13312345...102030...最後 »

Copyright© 2014 臨済宗妙心寺派 太白山 寶勝寺 All Rights Reserved.

〒921-8033 石川県金沢市寺町5丁目5番地76号
電話:076-287-3870