和尚のちょっといい話

iihanasi_top

友峰和尚のちょっといい話 【 第1217話 】
2016年 12月 17日 談

dsc01670-500x325

土曜日の寳勝寺、朝一番にお檀家であります横浜市在住の前田様御夫妻が年末の御先祖参りに来られ、今年最後のご挨拶をさせて頂きました。一年の名残を惜しむかのように、どのお客様もゆっくりとカフェを楽しんでおられるようでした。今日も寒い朝を迎えましたが、スタッフの高倉さんから手編みの帽子をプレゼントして頂き、早速に被ってみました。

dsc01700-500x375

皆様は経験がないと思いますが、剃り立ての頭ほど寒さに堪えるものは有りません!雪を頭皮に直接受けることが有りますが、瞬間に溶けてしまうほどですよ! おかげさまで今後は寒さから頭皮を守れそうです「南無観世音菩薩」。さて、その後は昨日に引き続いて干支色紙描きに専念しました。鶏の干支図が完成するまでの過程を皆様にお見せしたいと思います。

dsc01671-500x375

dsc01674-500x375

dsc01682-500x336

dsc01686-500x375

dsc01689-500x375

dsc01698-373x500

dsc01691-375x500

dsc01696-445x500

少しづつ早く描けるようになって来ましたし、無駄な線も減ってきたように思います。日進月歩で頑張って参りましょう。友峰和尚より

友峰和尚のちょっといい話 【 第1216話 】
2016年 12月 16日 談

img_3150

朝、目が覚めると境内一帯は銀世界となっていました。子供の頃はその事が嬉しくて待ちわびたものでしたが、何度経験しても不思議な感覚の世界です。アトリエから眺める雪景色は最高で、その美しい景色を眺めながら本日は来年の干支色紙「鶏の図」を描き続けました。毎日描いているせいか少しづつ上達していくようです。オリジナルの鶏になるのはもっと先になるかと思いますが、今は図柄に慣れるため同じように描いています。ここに来て動きも出て来たようで、お正月あたりには「コケコッコー」と新年の夜明けを告げるニワトリが描けるかもしれません。

img_3149

さて、年末の大掃除もまだ宿題となっているだけに、時間との戦いで気忙しくなって来ました。「師走!」本当にその通りで、日々走り回っています。寺を留守がちにしている昨今ですが、和尚を訪ねて来て下さる方に失礼が無いよう、心の余裕だけは確保しておきたいと願っています。友峰和尚より

友峰和尚のちょっといい話 【 第1215話 】
2016年 12月 15日 談

dsc01667-500x317

寳勝寺 本日の「楽く楽く法話」の様子

北陸地方は小雪の舞う寒い朝を迎えました。この時期、当たり前と言えば当たり前の気候ながら、やはり雪となりますと一辺に身体がかじかんでしまいます。午前中は今年最後の「楽く楽く法話」をしましたが、お客様は岐阜県中津川市からお越しの「禅林寺」檀家様の御一行で、住職様は長く永平寺の副貫主の役職に有りましたが、このたび退職されたのを機に金沢に寄ってくださいました。鬼頭住職様とは松平家御法要の折、永平寺で大変お世話になりました。禅林寺様に於かれましては長い間お役目本当にご苦労様でした。

dsc01669-500x301

禅林寺様とともに

法話を終えて一路福井に戻りましたが、本日は大安禅寺諸堂全面修復工事の「調査工事途中経過報告」が文化財建造物保存協会の佐藤様によって午後1時半より開催されました。東京・文化庁からは文化財部主任調査官の豊城氏が現場立会い調査をされ、卑山修理委員会顧問の吉岡様はじめ責任役員総代様、福井県文化課、福井市文化課の職員の方々、新命和尚を交えて調査担当者より説明を受けました。

img_3049-500x334

大安禅寺諸堂全面修復工事 調査工事途中経過報告会 / 書院にて

img_3068-500x334

img_3093-500x334

img_3111-500x334

写真上より、本堂、開基堂ならびに南の間での立会い調査

本格的な修復工事着工は平成30年の6月頃を予定されていますが、大規模な全面解体修復工事になるため約2年間をかけての工事前調査となっています。昭和23年6月に発生した福井大震災後の大修復工事となるだけに、今後は檀信徒皆様との協議を重ねながら工事円成に向けて尽力して行きたいと思います。 それにしても次から次へと難題が押し寄せて来るものです。昔から「艱難、汝を玉にす」と、わかっちゃいるけど今回は結構ハードな課題となっています。まだまだ闘いが続いていくようです。友峰和尚より

友峰和尚のちょっといい話 【 第1214話 】
2016年 12月 14日 談

楽しい事はあっという間に過ぎ去って行きます。昨日までご一緒させて頂いた「ハイクラスの会」の中川建造様と広瀬邦彦様から無事に帰宅したとの大変丁寧なる御礼のお電話を頂きました。広島県福山市・中川美術館館長の中川建造様からはこのたび一冊の本を頂きましたが、題名は「人の花を咲かせた男」という単行本で、中川様ご自身の人生を綴った自分史でも有ります。

dsc01657-500x375

dsc01658-500x375

これまでに朝日新聞社の取材を受けて掲載された記事を始め、自ら執筆されたものなど、写真等を交えての印象的な本で早速拝読いたしました。文中には「日中友好の朝顔の会」についても触れられており、満開の朝顔をバックに中川様と和尚とのツーショット写真も掲載されていました。

SONY DSC2015年 8月 日中友好の朝顔を愛でる会より

SONY DSC

人との出会いほど不思議なものは有りませんが、文章を読んでみますと実に必然的な御縁を感じました。誰しも人生で多くの出会いが有ると思いますが、偶然はひとつも無く、常に自分の心の働きと共に必然的に生じて行くものだと確信するものです。自分の過去の中での人との出会いすら似通っているのには驚きます。さすれば日常での出会いほど大切なものは有りませんね。それが人であったり、物であったり、自然であったりしますが、どれも自分の心と深い関わりを持った縁である事を自覚するものです。本の扉に「人のつながりの、つながりの輪。不思議なもんじゃね」と中川様がコメントされていましたが、真に「縁は異なもの味なもの」とはよく言ったものだと感心するばかりでした。友峰和尚より

友峰和尚のちょっといい話 【 第1213話 】
2016年 12月 13日 談

gatag-00012698

越前と言えばカニと蕎麦! 特に「おろし蕎麦」が有名です。今日は昨日に引き続きハイクラスの会の皆様とご一緒でしたが、和尚と長らくご厚誼を頂いている福井市文京の蕎麦処「やす竹」さんでの昼食会となりました。新蕎麦の香り漂う手打ち蕎麦で、本当に美味しく頂きました。皆様にも大好評でした。昼食後には、今年の六月にオープンしたばかりの和尚の後輩・二丹田氏の本格珈琲店「悠」で一服して福井駅に向かいました。どのお店の御主人も深い御法縁のある方なので、実に楽しい時間を満喫することが出来ました。本当にお世話になり心から御礼申し上げます。

img_8388-1

「出会い ふれあい 和み合い」ですね。「人は宝なり」と言われますように、人との良きご縁ほど人生にとっての宝物は有りません。ハイクラスの会の平均年齢は七十六歳で、実に人生経験豊かな方々ですから、俄然お話の内容もためになる話題ばかりでした。「親の意見と茄子の花にゃ千に一つの無駄はない」と心して拝聴させて頂きました。懇親会乍ら、勉強、勉強、また勉強のひと時でした。友峰和尚より

友峰和尚のちょっといい話 【 第1212話 】
2016年 12月 12日 談

img_3019

今日は午後より、日頃からご厚誼頂いている「ハイクラスの会」の皆様が大安禅寺へ来山され、御先祖供養とご祈祷が行なわれた後、夕刻より懇親会の席となりました。この時期は忘年会シーズンとあって流石にどこも賑わいを見せています。福井と言えば越前カニが旬ですが、例年と比較して今年はずいぶんと高い値段となっているようです。

img_3012

先日は福井駅構内の鮮魚店にズワイガニやセイコガニがずらりと並べられていましたが、ズワイガニは一杯三万五千円の値札が付いており、もはや眺めるだけで早々にその場を離れました。金沢の近江町市場でも、観光客の一番人気はズワイガニだそうですから値段が高いのも仕方ない事なのかも知れません。安くならんカニ!と叫んでもどうにもなりません。黙って見ているだけです。そこから出た言葉が、「沈黙はカニなり?」「何でしょうカニ?」 皆様にはせっかく遠い名古屋市からご来山下さったわけですから今晩の御馳走はカニしかないと、長年お世話になっている越前海岸沿いの蟹旅館を紹介しての懇親会となりました。

img_8373

「梅は南枝に香し」 大安渓仙 書

旅館のご主人と女将さんの計らいで大変良くして頂き、また旅館の各部屋には和尚が書いた墨蹟の掛け軸を飾って下さいましたので記念に撮影しました。本当に感謝です。今夜はどうやら気分良くゆっくりと眠れそうです。友峰和尚より

友峰和尚のちょっといい話 【 第1211話 】
2016年 12月 11日 談

師走に入って早11日が過ぎようとしています。滋賀北陸教区花園会報誌「いもこじ」の原稿締め切りがとっくに過ぎており、無量寺教化主事様から催促のお電話を受けながらそのままになっていました。しかしとうとう最後通告の電話が鳴ってしまいました。しかるに今日は何が何でもと、一所懸命に紙面巻頭の新年御挨拶文と酉の干支色紙を仕上げました。一足早く干支色紙を皆様にお見せします。20枚ほど描きましたがその中の一枚を選びました。皆様如何でしょうか?

dsc01636-441x500

「鳴かぬなら、鳴くまで描こう干支色紙!」ということで? どうやら「ケッコウ!!」って鳴いくれたように思います。それにしても難しいですね。鶏の絵には違いありませんが、動きの無い姿ほど虚しいものは有りませんね。今や3D画像時代ですから立体的に見えれば最高ですが。本堂にズラーッと並べてみましたがまだまだ十分ではありません。毎年思うのですが、満足のいく作品が出来上がるのは来年の2月あたりになりそうです。今から約200枚くらい描く予定をしていますが、日々努力しかありません。

dsc01637-500x375それにしても和尚の一夜漬けの癖はなかなか治りません。なんとかならないものかと反省の一日でした。無量寺様、遅くなってごめんなさい! 明日の朝一番にご送付申し上げます。アイハブ、ァ筆! アイハブ、ァ色紙! アン!想像不可能?ピコ! 友峰和尚より

友峰和尚のちょっといい話 【 第1210話 】
2016年 12月 10日 談

dsc01628-384x500

早朝の工事現場視察 / 西野様、香林様とともに

金沢は初雪が降りました!愈々本格的な冬の到来です。一辺に気温が下がって身体が思うように動かない朝でしたが、そんな中、滋賀県彦根市より川島様がお友達3名と卑山を訪問して下さいました。また木曜法話会の武田様も金沢の御友人と共に来てくださり、久しぶりに楽しい歓談のひと時となったものでした。

dsc01632-500x380

川島様、御友人の皆様とともに

川島様は大安禅寺ファンの方で、10年以上のご厚誼を頂いています。突然の御来寺でしたが大変嬉しく思いました。人生には沢山の出会いが有りますが、加齢と共にお互いの消息を確認しながらの懇談となっていくようです。思えば大安禅寺での木曜法話会も30年間に渡って続けた会でした。当時の会員方々が今では80歳を超えるお歳となっています。

dsc01633-500x305

木曜法話会の武田様、御友人の方とともに

現在は、和尚の後を受けて新命副住職が「写経会」として引き継いでいますが、和尚時代の会員の皆様も引き続き頑張っておられるようです。昔は「60の手習い」、今では「80の手習い」の様相ですね。とても喜ばしい事です! 人生これでいいという事は有りませから是非とも頑張って頂きたいと思います。さて寒い寒い一日でした。皆様に於かれましてはくれぐれも御身お大切にお過ごしください。友峰和尚より

友峰和尚のちょっといい話 【 第1209話 】
2016年 12月 09日 談

dsc01607-375x500

昨晩の木曜坐禅会にて

皆様お元気にお過ごしでしょうか? 大安和尚です! なんとも懐かしいフレーズですが、最近はもっぱら金沢寳勝寺の滞在時間が長くなっているため、「寳勝和尚です!」ということなんでしょうか。 昨晩は今年最後の木曜坐禅会でしたが、流石に師走!皆様それぞれに仕事がお忙しいとみえて3名の参加者となりました。なかでも嬉しい事に、高校2年生の蔦原仁平君が寒いなかを自転車をこいで参禅してくれました。

dsc01610-500x375

dsc01615-328x500

仁平君は先般、ボーイスカウトの宗教章を授与したばかりで、実に好青年で、ファイターマンでも有ります。また常連の高倉さん須貝さんも参加され、坐禅終了後には皆で抹茶茶礼をして今年を締めくくりました。「坐禅坐禅と言わしゃるけれど 腰の根太が痛うござんす」とそれくらい坐らねばなかなか心の本分は見えてきませんが、それでも先ずは坐る事が大切です。

dsc01609-500x375

dsc01618-500x375

仁平君、昨晩はよくぞ参加されました。「あっぱれ!あっぱれ!」 彼には未来に向かって大きな夢があるそうですから、夢を達成するためにも来年も引き続き大いに坐禅に参加して頂きたいものです。本日は雷注意報も出ている朝一番に工事現場を視察し、現在の進捗状況などを現場監督とお話しましたが、やはり常に現場視察する事の重要性を身に染みて感じたものでした。工事は日々進展して行きますから、設計図とにらめっこしながら具合の悪い点はすぐに改善が求めれれます。人生の設計図もしかりだと思います。修正を繰り返しながら、より良き人生を歩んで行きたいと現場に立ちながら思ったものでした。友峰和尚より

友峰和尚のちょっといい話 【 第1208話 】
2016年 12月 08日 談

dsc01600-500x375金沢市歴史建造物整備課・新保様に、改葬工事現場を御視察頂きました

今日の6時半からは今年最後の木曜坐禅会が開催されます。我が禅宗の宗旨は「坐禅三昧の境に有り」と言い切っていいほど大切な行の一つです。今年の3月に開始して早10回目となりますが、参加者はどの方も真剣に参禅されています。

dsc01602-500x375

坐禅の効能をよく効かれますが、その答えは「超気持ちいい!」心境を味わえるということに尽きます。その「超気持ちいい」心境とは? なんにも無い、所謂無心の境地のことです。毎日毎日、凶悪事件や恐ろしい事故のニュースを見聞きしていますと否が応でも心に影響を及ぼすものです。「見ざる、聞かざる、言わざる」と他人事のように過ごすわけにも行きませんから、皆それぞれに「安心する方法」を工夫して実践している事と思いますが、そこは「坐禅」が一番だと和尚は思います。来年こそは皆様、是非是非坐禅に参加してみて下さい!

img_8370

さて今日は息子夫婦が孫達を連れて寳勝寺に遊びに来てくれました。昼食を共にしましたが、実に楽しい食事会となりました。食後は寳勝寺に戻りしばし休息をして帰山しましたが、新命和尚もこのところ法務が忙しく、その合間をぬっての訪問でした。

img_8371

孫達と過ごす時間は本当に嬉しいものですね。「じいじ、じいじ」と呼んでくれる孫達の声はこれまた「安心の法」なのかも知れません。今晩は坐禅会ですが、どうやら「にやにや」した坐禅になりそうです。友峰和尚より

Copyright© 2014 臨済宗妙心寺派 太白山 寶勝寺 All Rights Reserved.

〒921-8033 石川県金沢市寺町5丁目5番地76号
電話:076-287-3870