和尚のちょっといい話

iihanasi_top

友峰和尚のちょっといい話 【 第1751話 】
2018年 06月 04日 談

このところ良いお天気が続き、今日は日中の気温が27度まで上がり蒸し暑い一日となりました。皆様にはお元気にお過ごしでしょうか? 毎日とっても気になる花菖蒲の成長を視察する為、いったん金沢から自坊に戻って今日は終日園内整備に入りました。いや~、いいですね、最高ですよ! 父とともに子供の頃から畑作業や稲作に林業にと、本当に多くの経験を積んで来れたことを今、有り難く感じています。和尚にとって「土作業」はお得意の分野ですから、園内の整備をしていると本当に元気が出て来ます。

大安禅寺責任役員総代 藤田通麿様とともに

古稀御祝の御礼の品をお渡ししました

大安禅寺 薔薇園にて

今日は、花菖蒲の苗に「元気の出るお薬り」を散布しました。花はまだちらほら咲きですが、今度の日曜日には五分咲ぐらいまでになると思います。ブログをご覧頂いている皆様! 和尚が手塩にかけている花菖蒲です、是非ご来園くださいね。妻の手掛ける薔薇園も素晴らしい出来栄えです。

花菖蒲 に 栄養剤を与えました

さて明後日からは雨になるとか? 嬉しいですねグッドタイミングです! 雨を受けた花菖蒲はこれまた一気に開花していきます! 人も、花も、自然の営みと共に心の安らぎを感じていくものですね。友峰和尚より

友峰和尚のちょっといい話 【 第1750話 】
2018年 06月 03日 談

今朝の寳勝寺 法話参拝団体をお迎えする準備中

昨日の「ファンタジーオンアイス2018イン金沢」、羽生結弦選手の演技鑑賞の興奮冷めやらぬなか朝を迎えたわけですが、金メダリストのもの凄さを目の当たりにした昨日のスケートショーでした。もちろん安藤美姫さん、織田信成さん、鈴木明子さん、プルシェンコ氏など蒼蒼たるアスリートの登場でしたが、羽生選手は風格といい、スタイルといい、風貌といい、すべてにおいてオーラに包まれていました。また、出演アーティストとしてケミストリーとMayJ.が演技に花を添えていました。世界の頂点を極めたアスリート達が次々と演技する様は圧巻で、直で鑑賞するのとテレビなどで見るのとではの雲泥の差が有ります。羽生結弦選手が4回転ジャンプを見せましたが、如何に難しい技であるか納得した次第です。さて、本日午前中には寳勝寺での「楽く楽く法話」を催行しました。

最後に 社長様はじめ職員の皆様と記念撮影をしました

伊勢から来寺された会社の団体様でしたが、以前にも自坊の大安禅寺でも法話を聞かれたそうで楽しくお話しさせて頂きました。ご縁の広がりが金沢にまで及んできた昨今です。金沢百万石まつりも今日が最終日、今年は大変良いお天気に恵まれたお祭りとなったようです。友峰和尚より

長川さんご夫妻とお母様とともに

友峰和尚のちょっといい話 【 第1749話 】
2018年 06月 02日 談

 

快晴となった本日、金沢百万石まつり時代行列が行われるなか、午後2時よりいしかわ総合スポーツセンターで「ファンタジーオンアイス2018 イン金沢」が開催され、つい先日国民栄誉賞受賞が決定したばかりの羽生結弦選手が出場するとあって、道路は大混雑、駐車場も満杯でした。久しぶりの休息をもらい妻と鑑賞しましたが、オリンピック2大会金メダリストの羽生選手が登場すると、場内が割れんばかりの悲鳴にも近い声援が送られました。流石に王者! 

 

「ファンタジーオンアイス2018 イン金沢」会場にて  開演を待っているところ

ふれあいパーク霊苑にて

 

さてさて、ファンタジックショーはどうだったかって? 何も言えねー! そっと目を閉じてブログを閉じましょう。皆様とは明日またお目にかかりましょうね。ピコ! 友峰和尚より

     

 

友峰和尚のちょっといい話 【 第1748話 】
2018年 06月 01日 談

ふれあいパーク霊苑奥の院 青梅が実っています

今日から3日間、毎年恒例の「金沢百万石まつり」が開催されます。心配された天候でしたが、この三日間は晴れマークという事で多くの見物者で賑わう事と思います。今年の行列の主役は、前田利家公に髙橋克則さん、お松の方には羽田美智子さんという豪華スターですから、和尚も是非見学に行きたいと願っています。今日は妙立寺 (通称 忍者寺)もお休みのため人通りもなく、寺カフェも臨時休業としました。午前中にはお檀家様の月参りに出掛け、金沢城下大通りを抜けて行く車道の両サイドには明日の行列見物客用スタンドが完成しており、多くのスタッフの方が祭りの準備に追われていました。市内のあちこちには「お祭り提灯」と「幕」が吊られ、お祭り気分も次第に盛り上がりを見せています。

奥の院にて 三界萬霊塔並びに歴世塔にお参りしました

鈴なりの梅です

合祀墓のご真前にて

 

さて、午後からは名古屋市にお住まいの近藤信之様ご夫妻をお迎えしました。この度お嬢様が目出度くご結婚されその報告に来られたわけですが、引き続き明日は全国のロータリークラブ会員による合唱愛好者が集まり、その発表会が福井市フェニックスプラザ大ホールで開催されるそうで、近藤様ご自身も出演されるとの事でした。

近藤信之様ご夫妻とともに

ヒメシャラの花が咲き始めています

近年、シニア世代の合唱グループが全国的に広がりを見せています。いまや超高齢化社会! 加齢と共に身体能力が衰えるのは必然ですから、先ずは声帯を鍛えることが一番健康的にも良いかと思いますね。 さて坊主はお経!ですから、和尚も油断しないように日々、声帯の調子を整えて参りたいと思っています。友峰和尚より

友峰和尚のちょっといい話 【 第1747話 】
2018年 05月 31日 談

 ホタルブクロ / 寳勝寺境内にて

目まぐるしく移動日が続き、今日は金沢に入りました。午前中に地元ウォーキング会の皆様が寺カフェを利用したいという事でそのお手伝いに戻ったわけですが、最近では観光客のみならず地元の方々が寺カフェを利用される機会が増えているように思います。勿論!和尚の望む所で、帰り際には「ふれあいパーク霊苑」も見学されています。タクシーの運転手さんの間でも寺カフェが知られるようになりましたが、今日もふれあいパーク霊苑を日本庭園と勘違いされている様子でした。いづれにせよ実に有り難い事です。

午後からは依頼されている色紙書きをしましたが、時折、大きな雷が地響きを立てながら轟いていました。明日はお天気も回復して過ごし易い一日になるとか、兎に角も気になるのは自坊の花菖蒲の事ばかりで、夢の中にさえ出てくるほどです。携帯電話を駆使して担当者に園内整備の指示を出すのですが、思うようにならずジレンマが襲って来ます。思えば35年もの間「花菖蒲祭」を続けて来られたことを不思議に思うと同時に、自分の健康体にも感謝するものです。

園内の整備には強靭な身体が不可欠ですが、流石に70歳の身体では最早限界を感じ、足も腰も膝関節も指関節も痛みが走ります。今年で最後!今年で最後!と言い続けながらの可愛い可愛い花菖蒲達の成長を願って頑張っています。来園者の笑顔の花が咲くかぎり頑張りましょう。頑張りましょう。 友峰和尚より

「 喝(達磨図) 喝一喝 」 渓仙 書

友峰和尚のちょっといい話 【 第1746話 】
2018年 05月 30日 談

携帯電話を自坊に忘れて来てしまい、ここ数日間は不便を強いられるかと思いきや誰からも何の通信も無いのは実に自由で爽快な気分でした。しかし本日、急用のためJRで帰山する途中、芦原温泉駅の手前で突然電車が急停車! 福井駅へ迎えに来ている妻に連絡しようにも通信手段が無く困惑する始末! 嗚呼!なんてこった! 幸いに20分遅れで福井駅に到着。寺に戻って携帯電話の通信記録を確認したところ、色々な方からのメッセージが届けられており、文明社会ではやはり文明品は絶対不可欠の必需品なのかも知れないと感じたものでした。されど、たった二日間でしたが携帯電話を持たない時間の過ごし方が実に懐かしい体験だったと思います。皆様も一度体験されると良いと思いますよ。自坊に戻ってさっそく花菖蒲の苗の植え替えを開始、先日に引き続き春陽堂店主・斎藤公一さんが駆けつけてくれたお蔭で短時間で終了することが出来ました。お花も咲き始めており、良いタイミングでの植え替えとなったようです。

斉藤公一氏とともに 植え替え中のようす

小森庭園主 末政幸憲氏です

 

 

本日夕刻の 花菖蒲園

今年は北陸もまもなく梅雨入り宣言が出される雰囲気で、花菖蒲の苗も例年より成長が良いように思います。妻が担当している薔薇の花は次々に大きな花を咲かせていました。もう少しで開幕です。どうぞお楽しみに! 友峰和尚より

友峰和尚のちょっといい話 【 第1745話 】
2018年 05月 29日 談

まもなく6月、水無月(みなづき)を迎え「第35回・花菖蒲祭」が始まろうとしています。開園して35年も経つというのに、いまだに緊張感に襲われます。と言うのも期間中、事故や諸問題が発生しないよう色々な方面に気を遣う事が増えていくからで、万全を期して望まなければなりません。事故は予期せぬところで起きることが多くありますから、約1カ月に及ぶ長丁場の間も徹底した園内整備が肝心です。幸いにこの35年間は無事にお祭りを円成出来てきましたが、それも多くのスタッフ皆さんの気配りのお蔭でした。今年も多くの方々に御来園頂き、花菖蒲、薔薇、紫陽花を愛でて頂きたいものです。

さて火曜日の今日は休寺日でしたが、和尚は法務に全力集中した一日となりました。午後には久しぶりに㈱豊蔵組の江川様と香林様が卑山を訪ねて下さり、しばし楽しく歓談しました。相次いで福邦銀行金沢支店の行員の方も来られ、最近では多くの方々が訪れて下さる寺となり、心から有り難く嬉しく感じています。7年前、兼務住職として就任した頃は全くに人の気配も無いと言っていいほど静かなお寺でした。今では絶えず毎日のように来客があり、伝統的仏教寺院としての面目躍如と言ったところでしょうか。

「来る人も又来る人も福の神」ですね。自坊からは、植施〈うせ〉用の花菖蒲の苗が届いたとか。さっそく明日は戻って苗を植えたいと思っています。花菖蒲達もきっと和尚の帰りを心待ちしている事と思います。友峰和尚より

友峰和尚のちょっといい話 【 第1744話 】
2018年 05月 28日 談

京鹿の子 の つぼみ / 寳勝寺式台玄関にて

「庵中 閑(しずか)に打坐(たざ)すれば、白雲 峰頂(ほうちょう)に起こる」という禅語が有ります。山中閑居(さんちゅうかんきょ)の様子で、「世事一切を放下(ほうげ)して悠々として大自然の中に身をゆだねる心境」と禅語の解説に有るように、これだけ喧騒の世の中に有れば思い切っていちど日頃のリズムを変えて「忘我」の心境を味わいたいと願うものです。

「 放下着 (ほうげぢゃく) 」 大安渓仙 書

一昨日は京都、昨日は福井、そして今日は金沢と実にゆっくり居を構える間もなく移動の毎日となっています。そんな中、ニュース速報で九十歳の女性の運転する乗用車が通行者をはね、そのうち一人の方が亡くなったとの内容でした。確かに最近は九十歳の年齢と言えども大変元気な高齢者を多く見受けますが、元気と安全は全く別の世界で、車ほど危険な乗り物は有りませんね。まして高齢者の運転となれば尚更の事です。近年、自動運転システムや安全ブレーキシステムなどが急速に開発されつつありますが、運転者の健康や心理状態を推し量るAI機能搭載自動車の登場はまだまだ先の話です。自分は大丈夫だ、という慢心には和尚自身も反省しきりです。安全にも安全を心得て運転したいと念じています。さて、今日は急遽金沢での法務遂行となっています。一日を健康で無事に過ごせるのがどんなに難しく又どんなに幸せな事か、本当にしみじみと感じるこの頃です。頑張って参りましょう!! 友峰和尚より

寳勝寺玄関にて しもつけ 都忘れなど

友峰和尚のちょっといい話 【 第1743話 】
2018年 05月 27日 談

 

大本山妙心寺 法堂 / 妙心寺公式ホームページより

 

妙心寺管長晋山式の朝は素晴らしいお天気となりました。流石に管長様の御高徳を表すかの如く時折涼しい風が法堂(はっとう)内に吹き込み、真夏日の予報が出ていたにもかかわらず気温は二十八℃と過ごしやすく感じました。

 

 

 

花園会館での朝食

昨晩は花園会館に宿泊、朝食を頂いた後、妙心寺大方丈に向かいました。全国から関係者約二百名近い尊宿を始め一般縁者も多数出席され、法堂に於いて厳粛な雰囲気の中、晋山の偈(げ)を新管長・小倉宗俊老大師が唱えられました。和尚が管長晋山式に出席したのはこれで二度目になりますが、その御法縁に感謝しております。式終了後は大方丈での祝賀会となり、妙心寺名物「阿じろ」の精進料理を頂きながらしばし同僚たちと歓談し、自坊に戻りました。

 

祝賀会 / 大方丈にて

 

 

 

京都府知事 西脇隆俊様の御挨拶

 

 

京都市長 門川大作様の御挨拶

 

晋山式は二時間に及ぶものでしたが、法堂内は静まり返り、偈を次々に披露する新管長の聲だけが響き渡る様はまるで六百年前にタイムスリップしたような感覚を受けたものでした。伝統仏教の真髄に触れる思いのした新管長晋山式に出席出来たことを有り難く感じた一日となったようです。友峰和尚より

 

大本山妙心寺 大方丈 / 妙心寺公式ホームページより

友峰和尚のちょっといい話 【 第1742話 】
2018年 05月 26日 談

少林寺にて 御檀家様の五十回忌法要が厳修されました

気温が一気に上昇する中、午前10時より野町・少林寺でお檀家様の年忌法要を営みました。50回忌の御供養でしたが、最近では50回忌法要を修業されるお家も少なくなって来ています。というより両親の年忌法要も営まない近年の状況です。法要終了後には御家の代々墓にお参りするため金沢市の野田山墓地に向かいましたが、ここでも今後の墓地後継者問題の話しになりました。

法要終了後 寳勝寺にて懇談のひととき

すべての法要を終えた後、皆様で宝勝寺に来て頂き、茶礼後にはふれあいパーク霊苑を見学されていました。現代社会は本当に、少子高齢化問題が身近なところにまで及んでいるようです。さて無事に法要を済ませ、一路京都妙心寺に向かいました。明日は新妙心寺管長の晋山式に出席致すこととなっています。新管長様は愛知県犬山市・瑞泉寺のご住職で、金沢宝勝寺の開山・千岳宗仭禅師が修行されたお寺です。しみじみとご法縁の不可思議を感じとったものです。どうやら京都の明日の気温は30℃を超える真夏日となりそうです。友峰和尚より

Copyright© 2014 臨済宗妙心寺派 太白山 寶勝寺 All Rights Reserved.

〒921-8033 石川県金沢市寺町5丁目5番地76号
電話:076-287-3870