和尚のちょっといい話

iihanasi_top

友峰和尚のちょっといい話 【 第3564話 】
2023年 05月 21日 談

金沢美術工芸大学2年生 栗原さんによる撮影

 

本日は真夏日の予報でしたが気温は25℃と、実に清々しく過ごしやすい一日となりました。午前午後とも墓前供養が修業され、遠くはイギリスから帰国され参列された方々はじめ福岡県ならびに東京都から参詣されたご親族の方もおられ、なにより良い天気に恵まれ霊苑内は初夏の花たちの香りが風と共に漂い、故人の霊を慰めているかのようでした。

 

 

 

ご親族皆様のご参列のもと 墳墓開眼供養が執り行われました

 

 

ふれあいパーク霊苑も今年で開苑6年目を迎えており、近年は霊苑に御法縁を頂いている多くの御家が寳勝寺で年忌法要を修業されるようになっています。宗派を超え卑山との御法縁が年々広がりを見せていくことに対し、住職として本当に有難く感謝するものです。3日後に控えた「静岡西教区住職研修会」での講話の演題も「寺院の今後を考える」となっており、寺院の護持と活性化がますます重要な課題となって来ているようです。

 

 

 

 

さて本日は日曜日ということで、寺カフェは終日賑わいを見せていました。「日々是好日」と誰もが願っているのですが、笑顔を見せるG7各国首脳とサミット会議の内容が刻々と報道される中、世界情勢の先行きは依然として予断を許さない状況が続いています。奈良朝・聖徳太子の言葉「和を以て尊しとなす」の仏教の精神が世界に広がってくれることを念じる毎日です。友峰和尚より

 

 

友峰和尚のちょっといい話 【 第3563話 】
2023年 05月 20日 談

 

広島G7サミットのニュースが気になる一日となりましたが、爽やかな気候のなか霊苑での墓前年忌諷経が修業され、故人を偲ぶかのように読経中のすぐ傍でウグイスが美しい鳴き声を響かせていました。

 

バラの花々に囲まれて 墓前での御供養諷経が行われています

 

このところの気温の変化には少々戸惑いを感じますが、今日は過ごしやすい一日となり身体も幾分楽になった感じがしました。気温の急激なアップダウンは高齢者方々にとって本当に健康管理には気を遣う日々が続いており心配しています。

 

寳勝寺玄関にて 満開のテイカカヅラが 芳香を漂わせています

 

そろそろ朝顔の季節を迎えようとしていますが、本日は職員の手によって昨年採取された「日中友好の朝顔の種」の芽出し準備が始まりました。白い縁取りで赤紫の大輪の花を開き、カフェ利用のお客様にも大人気の朝顔ゆえに今から開花を楽しみにしています。

 

日中友好の朝顔の種 発芽の準備を始めました

 

さて本日は午後から地元青年会議所の方が来寺され寺院に関するいろいろな質問を受けましたが、コロナ禍も収束に向かいつつある今日、地域活性化に向けての取り組みが始まっているようです。また土曜日の寺カフェはゆっくりとした雰囲気で、お客様もお寺のカフェを楽しまれている様子でした。

 

金沢市青年会議所の 若手経営者の御三方と

 

地域の活性化やこれからの寺院の在り方について ヒアリングを受けました

 

 

金沢観光地の人気は今も衰えを見せていませんが、寺町界隈は比較的落ち着いた観光客の流れとなっているようです。初夏の風情がいっぱいの宝勝寺カフェを是非ご利用くださり、日頃の疲れを癒して頂ければ幸いです。くれぐれもご自愛ください。友峰和尚より

 

友峰和尚のちょっといい話 【 第3562話 】
2023年 05月 19日 談

クレマチス / 大安禅寺 バラ園にて

 

久しぶりの雨模様となりましたが、昨日とは真逆で気温17℃と10℃以上の温度差となり、本当に異常と思える寒暖差には閉口してしまいます。

 

「修理委員会・第12回会合」 / 松雲の間にて

 

 

 

本日は午前10時半より大安禅寺にて「修理委員会・第12回会合」が開催され、福井県生涯学習課ならびに福井市文化財保護課、工事関係者、また吉岡泰英委員長、片岡正明委員、卑山責任役員総代、副住職、職員が参会して行われました。

 

 

 

修復工事現場視察のようす

 

会議後は工事現場の視察をされましたが、本堂修復工事は現在計画通りに進められているようで嬉しく思っています。今日は金沢に帰山予定になっていたためいつもの庫裡倉庫整理が十分出来ず、寸暇を惜しんでの作業となりました。

 

 

 

 

倉庫整理が進むにつれ大切な品物も次々に発見し、普段からの整理整頓の重要性をしみじみ感じたものでした。中には以前より気になっていた品も見つかり、なんとも有難いやら不思議に思うことばかりです。さてニュースではG7会議の各国首脳の様子が終日報道されていましたが、何事も話し合うことの重要性をつくづく感じる今日この頃です。友峰和尚より

 

 

友峰和尚のちょっといい話 【 第3561話 】
2023年 05月 18日 談

文化庁ならびに福井県、福井市関係者方々による 修復工事現場視察

 

大安禅寺修理保存工事に伴う「修理委員会」が明日午前10時より開催されることになっている関係で急遽自坊に戻りましたが、すでに文化庁はじめ福井県、福井市および工事関係者方々が現場視察をされていました。

 

文化財建造物保存技術協会 安田氏 です

 

大安禅寺建物周辺 の 治水工事

 

また諸堂工事に関連して建物周辺の治水工事も始まり、こちらも多くの土木関連業者の方が工事に入っており何処も彼処も工事!工事!工事!で、急ピッチで修復保存工事が進められている様子でした。

 

 

寳勝寺とは全く雰囲気の異なる自坊の状況ですが、今日は気温が32℃と真夏日となり視察中も汗が滴り落ちるほどで、全国的に猛暑となっているそうですからこの時期の異常気象には驚くばかりです。さて今月は金沢と福井を往復する日々が多くなっていますが、環境の変化は本当に疲れるものです。和尚も75歳を迎え、数字の語呂合わせで「和やかな日々」と心得て頑張って参りましょう!やはり笑顔が一番ですね! 友峰和尚より

 

友峰和尚のちょっといい話 【 第3560話 】
2023年 05月 17日 談

少林寺の墓域にて / 通路に除草剤を散布しました

 

「継続は力なり」で少林寺墓域に一年を通して何度も除草剤散布をしているため、おかげさまで雑草も減少して作業が助かります。以前は背丈ほどある雑草に悩まされいっそのこと刈込みで済まそうとも考えましたが、やはり雑草の無い霊苑は気持ちの良いものです。

 

継続して撒いているため、年々作業がスムーズになっています

 

 

 

緑の美しい 少林寺の庭園

 

少林寺に引き続き寳勝寺境内並びに墓域の奥の院にも散布しました。今日は大変好天気で日中気温が28℃となったこともあり、除草剤散布には絶好の日和でした。明日もお天気ということで、除草剤の効き目は抜群だと思っています。

 

引き続き、寳勝寺の境内と霊苑<奥の院>で作業しました

 

眼に差し込むような、日差しの強い好天気となりました

 

 

 

ユキノシタ

 

金澤伝燈寺里芋研究会事務局 の 千田美保さんが来寺くださいました

 

先般「伝燈寺里芋豊穣祈願祈祷会」と「里芋植え体験会」が開催されましたが、本日は午前中に事務局の千田美保さんが御礼のご挨拶に来寺くださり、10月に開催予定の「伝燈寺弁財天里芋収穫奉納祭」について懇談しました。今年で三回目を迎えるわけですが、今秋は奉納祭のあと境内において色々なイベントを企画し伝燈寺里芋の普及を更に進めたいと願っています。また伝燈寺の再建も課題となっており、悠久の歴史を有する禅寺だけに少しずつ復興に尽力して参りたく思うものです。

 

午後より 墳墓開眼供養が修業されました

 

5月も中盤を過ぎましたが、現在のところは法務遂行も予定通りに進められており先ず先ず安堵しています。なにより健康が一番です!!健康を害しては一歩も前に進めませんから、健康管理を優先しながら頑張って参りましょう!!くれぐれもご自愛ください。友峰和尚より

 

 

友峰和尚のちょっといい話 【 第3559話 】
2023年 05月 16日 談

 

火曜日は休寺日なのですが午前9時半よりテレビ金沢のパブリシティ収録が行われたため、残念ながら本日も休日返上で収録に臨みました。先日に引き続いての霊苑内撮影でしたが、お天気も大変良く苑内の草木は更に勢いを増して薔薇の開花も見事でした!

 

本日も 霊苑テレビ広告のための撮影が行われました

 

 

バラの香りが甘く苑内を潤すかのように漂ってくるなか早速撮影が行われましたが、録画撮りは1回でクリアし、その後は関係者の方々と応接間にて和合茶礼をしました。近年、若者の間でテレビ離れが進むなか今後のテレビ活用の在り方なども話題にのぼっていました。

 

テレビ金沢スタッフの方々、(株)伝広社の吉田専務との茶礼にて

 

さて5月24日(水)に静岡県浜松市・浜名湖ロイヤルホテルを会場に「静岡西教区住職研修会」が開催され、講師として出席予定となっており、午後からは金沢駅へ当日のJR切符を買い求めに行きましたが、平日にも関わらず駅構内は多くの国内外からの観光客で賑わいを見せていました。

 

テイカカヅラが咲き始めました / 寳勝寺玄関にて

 

(株)アースグリーン の 中野社長とともに

 

さていつ休息を取れるかが課題となっていますが、今しばらくは望めそうもない状況で最早あきらめの境地です。メタバースでは有りませんが、秘湯を旅する姿の夢を見る今日この頃となっています。境内では(株)アースグリーンの中野さんがせっせと紅葉の庭木の剪定に汗を流していました!!ご苦労様です!!おつかれさま!! 友峰和尚より

友峰和尚のちょっといい話 【 第3558話 】
2023年 05月 15日 談

爽やかな青空のもと 本日の墓前供養諷経が修業されました

 

G7サミットを18日に控え富山と金沢で「G7教育相会合」が15日まで開催されている関係で金沢市内上空をヘリコプターがテロ警戒に当たっている中、ふれあいパーク霊苑にて墓前供養が修業されました。昨日とは一転して早朝より爽やかな天気となり、苑内は薔薇の香りが立ち込めウグイスが鳴き続ける中での霊前供養となりました。ここ数日間は分刻みのスケジュールで法務遂行が続いていましたが、ようやくひと段落といったところです。

 

ウグイスが鳴き 上空にはヘリコプターが飛んでいます

 

 

午後 宝勝寺外壁工事の視察を受けました

 

午後からは金沢市役所文化スポーツ局・歴史建造物係の中村主査ならびに担当職員の河村氏が来寺され、9月に着工予定の寳勝寺外壁修復工事に関する現場視察と建設指導を受けました。こづか建築事務所の小塚所長と高倉氏も一緒に説明を受け、視察後は応接間にて今後の段取りなどが話し合われました。寳勝寺の建造物修復工事は今回の工事が最後となりそうです。

 

霊苑内を見学されているようす

応接室にて 今後の打ち合わせをしました

 

午前中には(株)豊蔵組の江川氏が今回顧問になられるとのご挨拶に香林氏と来られ、また福井市より卑山の保険関係で日頃お世話になっている辻岡氏が増永氏と来寺されるなど、ご来客者で賑わう一日となりました。

 

吉田裕介さんご夫妻と ご両親です

福井から来寺くださった 辻岡氏 と 増永氏

 

お寺は多くの方々とご法縁を結ぶところゆえに、本当に有難く嬉しく思うものです。一日を通してそれぞれに職種の異なる方々との懇親の席でもありますが、常に新しい発見が有ります。「死ぬまで勉強」と言われますが、誠にもってそう合点する今日この頃です。友峰和尚より

 

 

友峰和尚のちょっといい話 【 第3557話 】
2023年 05月 14日 談

 

令和5年度 「伝燈寺里芋豊穣祈願祈祷会」

 

昨夜からの雨も朝方には上がり、午前10時より修業される「伝燈寺里芋豊穣祈願祈祷会」のため、さっそく法衣の支度をして午前8時半には寳勝寺を出発し伝燈寺に向かいました。会場の設えなどは先日しておきましたが、真前のお供え物や伝燈寺里芋の苗などは本日お飾りして10時開始予定のご祈祷会の準備をしました。

 

 

伝燈寺到着頃にはすでに関係者の方々が新調した揃いの法被を着て里芋植え付けの準備に入っていました。伝燈寺里芋研究会千田会長はじめ関係者方々御出席のもと里芋の苗が真前に献供され、午前10時より「伝燈寺里芋豊穣祈願祈祷会」が厳修されました。

 

伝燈寺里芋豊穣の御祈祷をいたしました

 

千田会長ならびに会員の皆様が 本尊の御真前に里芋をお供えしました

 

 

 

御祈祷終了後、研究会会員の方々が御祈祷された里芋の苗を持って行列を成し里芋畑へと向かい、午前11時より、SNSを通じて応募された親子さん約20名が里芋の苗植え付け体験をしましたが、既に芽を出した種芋を子供たちが本当に楽しそうに植え付けしていました。

 

御祈祷された苗を 畑へと運ぶ金澤伝燈寺里芋研究会の方々

 

 

里芋畑にて 御祈祷しているところです

 

ビニールシートの畝に穴を開け、苗を並べています

 

植え付け体験に応募された親子さん達が 作業されているようす

 

 

 

 

小さな苗が 収穫の頃にはこんなに大きくなります

 

10月には今年で第3回目となる「伝燈寺里芋収穫豊穣祭」が伝燈寺で開催される予定となっています。今日も里芋を植える際には雨も上がり、晴れ間の見える絶好の日和となったものです。なにより苗植え付けに参加された親子さん達また関係者皆様の笑顔にあふれた生き生きとした姿が印象的でした。子供達が自ら植えた里芋が順調に育ち立派な小芋を沢山実らせ、豊穣となることを願った「伝燈寺里芋苗植え付け体験会」となったようです。友峰和尚より

 

金澤伝燈寺里芋研究会の皆様とともに

友峰和尚のちょっといい話 【 第3556話 】
2023年 05月 13日 談

再開発工事が進む 福井駅前

 

連日の法務に対して全力集中で遂行していますが、昨日は午前中に自坊お檀家様の葬送儀に副住職と共に出頭し葬儀導師を務め、無事に務めた後には直ぐに妻の車で福井駅に向かいましたが、不思議なことに駅に到着すると同時に金沢行きの電車がホームに入って来るという、ミラクル的タイミングで無事乗車出来ました。お陰で寳勝寺で予定されていたパブリシティ収録に間に合い、その後もスムーズに仕事を遂行出来たものでした。

 

 

 

バラが満開の ふれあいパーク霊苑

 

このような現象をシンクロニシティといますが、どうやら和尚自身の人生最後の命の作用でもある「天命を知る」段階に入って来たものと感じ取っています。本日も午前中に野町・少林寺に於いてお檀家桑島家の一周忌法要が営まれましたが、施主の桑島様が何度も打ち合わせに来寺くださったお陰で順調に修業出来ました。

 

本日午前、少林寺にて桑島家の年忌法要が修業されました

 

桑島家のお墓所にて

 

昔から「段取り八分」と言われるように、法要前の役僧・桂岩寺住職との段取り打ち合わせも重要です。午後からも引き続き蔦原家位牌入魂諷経が行われましたが、予定通りに修業する事が出来大変嬉しく思ったものでした。

 

桑島家御家族の皆様、維那として御出頭くださった 桂岩寺様とともに

 

アメリカシャクナゲ / 少林寺にて

 

午後より 蔦原家位牌入魂諷経が修業されました / 寳勝寺本堂にて

 

法務遂行後に施主様始め参詣者皆様から丁寧なる御礼の言葉を頂く時は本当に有難く思うものです。何事も須らく「人事を尽くして天命を知る」喜びは何物にも代えがたく感謝あるのみです。今日の心地よい疲れが明日への原動力となる事を願いましょう!南観世音菩薩 友峰和尚より

 

友峰和尚のちょっといい話 【 第3555話 】
2023年 05月 12日 談

バラ満開の苑内で テレビ撮影をしました

 

午後1時から宝勝寺ふれあいパーク霊苑のパブリシティ収録が予定されていたため帰山しましたが、到着後すぐに打ち合わせに入り霊苑内での撮影をしました。

 

 

例年に比べ今年は見事な薔薇の開花を見せており、本日の収録は絶妙のタイミングとなったようです。本当に久しぶりのテレビ撮影でしたが、好天気に恵まれ薔薇のみならず全ての初夏の花が咲き競う感じで絶景のシチュエーションを見せていました。

 

 

フリーアナウンサーの 福島彩乃さんと

 

撮影終了後、スタッフの皆様と懇親のひととき

 

 

 

伝燈寺にて

 

収録を済ませたのちは、明後日午前10時半より開催される「伝燈寺里芋豊穣祈願祈祷会」の設え準備と掃除のため伝燈寺へ出向きましたが、境内に響き渡るウグイス達の美しい鳴き声の出迎えを受けました。

 

伝燈寺里芋豊穣祈願祈祷会の準備に取り掛かりました

 

祈願祈祷会の後には「伝燈寺里芋苗植え付け体験会」が行われることになっており、市内外から応募された親子さん達が参加されるそうです。いつもお世話になっている伝燈寺町の西川さん始め金澤伝燈寺里芋研究会・千田会長ならびに事務局の千田さんと打ち合わせをした後は茶礼をしました。

 

金澤伝燈寺里芋研究会の千田会長が 里芋の苗を届けてくださいました

事務局の千田さんが製作された 研究会の法被です

 

 

伝燈寺町の西川さんも来られ、打ち合わせをしました

 

また引き続き少林寺に向かい明日の法事の準備をして寳勝寺に戻りましたが、先日自坊での外作務をしたおかげで身体がスムーズに動き、日頃からの運動の大切さをしみじみ感じ取った一日となりました。

 

夕刻、少林寺にて 明日の法要の準備をしました

 

何事もそうですが、一挙手一投足に於いて必ず神仏の御導きを感じ取る今日この頃です。「何者の おわしますかは 知らねども かたじけなさに 涙こぼるる」とは正にその通りだと思います。常に大いなる神仏に導かれながら生かされていることに感謝するものです。頑張って参りましょう! 友峰和尚より

 

みかんの花 / 少林寺境内

 

Copyright© 2014 臨済宗妙心寺派 太白山 寶勝寺 All Rights Reserved.

〒921-8033 石川県金沢市寺町5丁目5番地76号
電話:076-287-3870