和尚のちょっといい話

iihanasi_top

友峰和尚のちょっといい話 【 第2012話 】
2019年 02月 20日 談

朝方から小雨模様となりましたが、この時期としては気温も高くもはや雪国の雰囲気など何処にも有りません。北陸地方は昨年の気候とは真反対の気象状況で、過ごしやすい毎日となっています。

 

「 無一物中無尽蔵 」

まもなく春季彼岸会を迎えようとしていますが、「墓じまい」が急速に進む今日の社会の中で如何に祖先の恩、父母の恩に対しての供養の大切さを説いていくかが課題となっています。春季彼岸会では祖霊供養を行じ法話を通して伝えていきたいと思っています。

 

「 明歴々 露堂々 」

さて、今日も達磨図や茶碗図をたくさん描きました。大安禅寺重文諸堂の修理工事が始まりますと同時に修復募財勧募も始まります。募財の御礼品として今後も色々な色紙を描いて差し上げたいと思っています。「俺がやらねば誰がやる、今やらねばいつ出来る」の気持ちでコツコツと頑張って描いて参りましょ! 友峰和尚より

友峰和尚のちょっといい話 【 第2011話 】
2019年 02月 19日 談

境内を散策した後、堂内を一周すると南庭よりほのかに新芽をふく早春の匂いが漂って来ました!思わず「春だ!」「春が来た!」って胸を膨らませました。毎年経験する春の到来を感じる瞬間ですが、何度経験しても嬉しいものです。

金沢に移動するときは必ず寺を一周して安全を確かめるのですが、やはり五感が連動し、危険を感知します。谷川の水の音や風の音にも異変を感じる事が出来るのは、長年その場所で生活して来た者だけが体得する特別な能力なのかもしれません。

今日も谷川の水の流れの音から異変を察知し、さっそく世話方さんに修復をお願いしました。どのような難事も初期対応が事を速やかに解決に導いてくれるものです。「挙一明三(こいちみょうさん)」という禅語が有りますが、まさしく四角の一角を見るだけで後の三角を理解するようなもので、平易に言えば「一を聞いて十を知る」という事でしょうか。油断は禁物です。「平常心」とは常に自然と一体になっていることだと強く思うものです。友峰和尚より

友峰和尚のちょっといい話 【 第2010話 】
2019年 02月 18日 談

穏やかで良いお天気が続いています。うっかりすると、今が北陸で最も雪が深くなる2月であることを忘れるくらいです。確かに春はすぐそこまでやって来ているのですが、過去には3月に大雪になったことも有りますから悩ましい天候と言えます。

先日、一冊の本が送付されて来ました。それは淡交社出版の「禅入門 ~禅僧から学ぶ こころ・修行・歴史~」という、禅の心を身近に感じさせてくれる内容となっています。監修は東京都世田谷区・龍雲寺の細川晋輔住職で、いま最も期待されている全国青年僧会のホープでも有ります。

歴史の変遷と共に禅宗の修行形態も変化しつつある中、京都市右京区花園妙心寺山内にある妙心寺専門道場は現在でも臨済禅の伝統的古式の修行形態を守って多くの修行僧が集っています。例えばお湯を沸かすのは今でも薪を使用した釜戸で、お風呂も五右衛門風呂です。当然の事ながら一年を通して冷暖房も無く、自然そのままの状況下で自給自足の日常生活を雲水達は送っています。

大凡一般世間の日常生活とは全くかけ離れた厳しい修行だけに、それを平易に説明することは困難ですが、この本では写真を多く使用して出来るだけわかりやすく説明しているのが特徴となっています。一般の書店でも求める事が出来ますので、是非ブログをご覧頂いている皆様には読んで頂きたいと切に願うものです。

伝統的修行形態を後世に伝承していくことは真に至難ですが、その修行形態こそが禅の悟りへの一番の近道で有ると言えます。いま大安禅寺の重文諸堂修理工事が始まろうとしていますが、その工事テーマを「守っていきたい国の宝!継(つな)いでいきたい匠の技術!」としました。どのような分野においても伝統的文化を後世に伝えて行く為のあらゆる努力が求められているようです。友峰和尚より

藤田通麿総代様と歓談しました / 大安禅寺 隠寮にて

 

友峰和尚のちょっといい話 【 第2009話 】
2019年 02月 17日 談

宝勝寺 境内の枝垂梅

小学時代の同級生より地元の集会でお話しをして欲しいという要請を受け、午後4時からの法話に備え自坊に戻りました。もうずいぶん昔の話になりますが、1957年(昭和32年)4月1日、当時和尚は小学3年生でしたが、旧大安寺村が分割され「福井市」に編入した我々は突然友達とも離ればなれになり、お祝いの旗を振って提灯行列をした記憶が残っています。本日はその折に学校を分割された同級生からの依頼で、実に約60年ぶりに多くの仲間達との再会となります。

ふれあいパーク霊苑 早春の 朝の御掃除

相変わらず金沢ー福井間を往復する日々が続いていますが、自坊に戻る時には孫達に会えることを楽しみにしながらの法務遂行です。3月の御彼岸会も次第に近づき、春の到来とともに一層気忙しさを感じています。おそらく近未来には自動運転自動車で往来している自分の姿を想像するものです。一刻も早い登場を願いたいですね。友峰和尚より

 

夕刻 大安禅寺にて 孫達たちと

 

友峰和尚のちょっといい話 【 第2008話 】
2019年 02月 16日 談

しばらくは雪の心配が無いようで本当に安心です。午前午後とも事務に専念しましたが、4月22日に亡き母の7回忌を迎えるため法要の段取りや、まもなく始まる諸堂修理工事の勧募趣意書等の作成をしました。このところ寳勝寺に有っても来客者が絶えず、その合間をぬっての事務作業となっており三月を目前にしてにわかに慌ただしさが増して来たようです。

霊苑管理事務所スタッフの皆さんと 茶礼をしました

「忙中に閑あり」で、夕刻からは㈱ココ・プランニング社員の皆様と茶話会をしましたが、先般バレンタインチョコレートを頂いたためそのお礼の茶礼となりました。また本日は、川面専務が新しく㈱ココ・プランニングに入社された職員2名と共に挨拶に来られました。今後は新入職員の方を含め5人体制で「ふれあいパーク霊苑」の管理運営をされるそうで大変頼もしく感じています。3月からはテレビでも「ふれあいパーク霊苑」の新たなコマーシャルが放映される為、事前打ち合わせが広告代理店関係者の方とも行われました。

テレビコマーシャルの打ち合わせにて

今回のキャッチフレーズが「じいじ来たよ!」という可愛い稚児の墓参をモチーフにしたもので、とっても新鮮で心温まる映像内容となっています。「笑顔になれる霊苑」をコンセプトに、多くの方々との御法縁を結んでいきたいと願うものです。友峰和尚より

友峰和尚のちょっといい話 【 第2007話 】
2019年 02月 15日 談

アセビの花 / ふれあいパーク霊苑にて

ニュースでは「麻疹(はしか)」が流行の兆しを見せているとのことでしたが本当に心配です。現在、インフルエンザにスギ花粉症に黄砂にPPMによる大気汚染ですから防御の方法が有りません、これも温暖化現象の影響なのでしょうか? また豚コレラの拡散も心配されています。和尚も喉の痛みが取れません。風邪から始まった喉の炎症も治りが遅く、まもなく始まるスギ花粉症が加わればもはや打つ手なしですね。皆様もどうか風邪の予防には十分な注意をして頂きたいと思います。僧侶は声を出すことが大切なお勤めゆえ、喉の調子には色々と気を遣うものです。午後からはふれあいパーク霊苑での納骨供養を営みましたが、気温が低いと喉の奥がひりひりと痛みます。「喉仏(のどぼとけ)」と言うくらいですから喉を大切にしたいものです。

納骨法要が修業されました / ふれあいパーク霊苑 宙にて

檀信徒様の 月命日忌諷経

薔薇の芽吹き

 

兼務寺院・傳燈寺に収蔵されている「珠洲如来形立像」がこの度、石川県立歴史博物館で展示されるという事で、学芸員の方が取りに来られました。平安末期に石川県珠洲市で焼かれた「珠洲焼」で、大変貴重な神仏習合の仏像だそうです。現在でも伝統的珠洲焼が継承されているそうですから有り難いことです。

 

石川県立歴史博物館・学芸主幹の戸澗様 と 学芸員の方々

博物館では4月下旬より、「石川の神々」という企画展で展示公開されるそうですがら、皆様も機会が有りましたらご覧いただければと思います。さて、皆様から頂いたチョコレートをチョコっとずつ賞味しながら法務に専心して参りましょう!ピコ! 友峰和尚より

友峰和尚のちょっといい話 【 第2006話 】
2019年 02月 14日 談

貼交屏風 / 大安禅寺 愈好亭

言わずもがな今日はバレンタインデーということで、日本では女性から男性に愛の告白をする日とされ、手作りのチョコレートをプレゼントして愛の気持ちを示すのだそうです。そもそもこの「バレンタイン」の言葉ですが、人の名前で、イタリア・ローマ帝国時代、キリスト教の司祭だった「ウァレンティヌス(バレンタイン)」の祝日となっており、キリスト教徒のお祭りです。我々仏教徒にとってはなんら縁の無い話ですが、今では世界的お祭りとなっているそうです。

女性からの愛の告白ではなくても、チョコレートを頂くのはいくつになっても嬉しいものです! 特に孫からの手作りチョコとなればメガネが落ちそうになるほど感激です! 孫達が手作りチョコを沢山作っている様子を見て悩ましく思うのはママだそうです? そんな悩ましいチョコレートをよそに、午後には㈱ココ・プランニング 中本会長御夫妻と御友人御一行様が東京より来寺下さいました。朝方ちらついた雪も上がり、庭の景色を眺めながらの歓談のひとときとなりました。

三浦様 と 奥様、御友人様とともに

 

 

御来寺頂き 誠にありがとうございました

  

さて、午前中に倉庫の整理をしていましたら、昔懐かしい卑山精進料理を紹介するDVDがたくさん出てきました! 早速パソコンで見たところ、妻手造りの素晴らしい精進料理の映像を見る事が出来ました。和尚にとって、倉庫は宝の山に思えた整理の時間となりました。友峰和尚より

友峰和尚のちょっといい話 【 第2005話 】
2019年 02月 13日 談

所用で大安禅寺に戻りましたが、驚いたことに融雪装置がすべて取り払われており2度びっくり!ちょっと早いのではないかと卑山世話方さんに言ったところ、「もう降らないですよ?」とのお返事!「いくらなんでも雪国福井なんですよ!?」と言い返せば、今日はまるで3月下旬のようなポカポカ陽気となり、これもやはり温暖化現象なのでしょうか? 昨年の今頃は豪雪との戦いでした。本当に地球の異常気象が心配されます。

さて、午後からは野口美智子先生がお弟子さんと来寺され、明日がバレンタインデーということで御二人からチョコレートを頂きました。昨晩は息子の嫁と孫たちからも貰い、いったい明日はどうなることやら?楽しみにしています。

4月21日から開催されるフランス・サンリス市での「アートサクレ展覧会」墨蹟展示並びに文房流晴心会・野口翠智社中茶会と華展の打ち合わせのため来寺されたわけですが、じりじりと開催日が迫ってきたようです。本番を前に、作品事前発表会が3月24日(日)の午後11時から大安禅寺で、また金沢・少林寺に於いて3月31日(日)に開催されることが決まりました。

サンリスから送られた資料を確認し 打ち合わせをしているところ

3月24日(日)には大安禅寺で実際に、和尚の墨蹟パフォーマンスと野口先生のいけばなパフォーマンスをコラボで実施したいと思っています。お時間がありましたら皆様にはぜひ御来寺頂きたいと願っています。友峰和尚より

友峰和尚のちょっといい話 【 第2004話 】
2019年 02月 12日 談

14日のバレンタインデーを前に、妻よりチョコレートをもらいました。一年を通して本当に色々な行事や記念日が有るもので、その都度贈り物や祝い品がなされますが、チョコレートのように甘ーいお菓子は和尚の大好物で、最近ではカカオの栄養効果が注目されており猶更有り難い贈り物です。クリスマスにはケーキ、お正月にはおせちに雑煮、節分会には恵方巻寿司、桃の節句にはあられ菓子と桜餅、端午の節句には柏餅にちまき、お盆にはおはぎ等々。他にも沢山あると思いますが、贈り物は誰にとっても嬉しいものですね。

先日、須貝くんからお誕生日プレゼントを頂きましたが、「Pechat(ペチャット)」という小型の電子機器製品です。iphoneのアプリを利用して使用するもので、電波を使っておしゃべり出来るスピーカーがついており、なかなかユニークで面白い商品です。さっそく試しながら、今後の活用方法を考えています。きっと独居高齢者向けの商品なのかもしれません! 贈り物も次第にAI化されていくようです。友峰和尚より

友峰和尚のちょっといい話 【 第2003話 】
2019年 02月 11日 談

右側から  大西さん、表さん、田中さん です

おおよそ40年以上に渡ってお世話になった大阪府在住の大西さん、表さん、田中さんの仲良し三人組が来寺下さいました。これまで大安禅寺の観光パンフレットを始めポスターや印刷物などを企画制作してくださった方々で、約3年ぶりの「おめもじ」となりました。その当時、印刷物やパンフレットのレイアウトなどは全て、大西さんが勤務されていた若竹印刷株式会社(大阪府八尾市)にお願いしていました。と言うのも大西さんは大手企業の印刷物を担当していたため、そのデザインや写真の美しさに感動してお願いすることになりました。

田中さん です

表さんは企画会社に勤務しておられ、田中さんはフォトデザイナーとして活躍されていたので、大安禅寺の観光パンフレットの仕上がりは観光業者にも常に定評が有りました。本当に懐かしく昔を振り返っています。今夜は昔話を交え、ゆっくり懇親したいと思います。

 

三十年ほど前、表さんがイラストを描かれ仕上がった 和尚のキャラクター入りコーヒーカップ

大安禅寺の御茶処「沙羅菴」で 現在も大切に使っています。

懐かしく 写真を撮られていました

さて三連休を終えて一層仕事モードに入って来たようです。皆様にはお元気にお過ごしでしょうか? 「二月は逃げる月」と言いますが、今月は28日で終わりですから残り2週間ほどです。どうかお健やかにお過ごしください。友峰和尚より

御来寺頂き 誠にありがとうございました

Copyright© 2014 臨済宗妙心寺派 太白山 寶勝寺 All Rights Reserved.

〒921-8033 石川県金沢市寺町5丁目5番地76号
電話:076-287-3870