和尚のちょっといい話

iihanasi_top

友峰和尚のちょっといい話 【 第333話 】
2014年 07月 18日 談

第31回「花菖蒲祭」を無事に終えて、早や三週間になろうとしています。年中行事もそうですが、お寺は多くのボランティアや協力者の支援があってこそ、無事に行事を円成できるというものです。今回も金曜坐禅会会員はじめ世話方、檀信徒、庭師方々の奉仕的サポートを以て、スムーズにお祭りを遂行することができました。昨日は、感謝と御礼の気持ちを込めてささやかながら打ち上げの小宴の席が設けられました。心を同じくして接客に終始した一か月余り、本当におつかれ様でしたの一言です。宴席は盛り上がり、慢性疲労の心身が会話とともに癒されていくのを覚えます。

__ 2

第31回花菖蒲祭 打ち上げの宴席にて

多くの観光客を迎え、皆の緊張感が途切れることのなかった一か月間だけに、解放された今の気分はきっと最高なものに違いありませんね。とにかく楽しい時間を過ごすことができました。「気配り、目配り、酒配り」なんて言っていた人がいましたが、少々のお酒は実にいいものですね。「ノミニュケーション」でしょうか。

__ 1 (1)

__ 1

そんな楽しい時間も夢また夢と過ぎ去って、一夜明け今日は早朝からギャラリー「渓仙舎」周辺の徹底したお掃除をしました。和尚の座右の銘が「掃除」という事はすでに皆様も周知の如しですが、この掃除!!普通に清掃ぐらいに思ったら大間違いですぞ。徹底的に除き掃うのですから、真剣勝負です。掃除を終えた時、自分の心が放心するくらいにして絶妙なる心境を得て初めて「掃除」と言えます。とことん納得がいくまでやらねば「掃除」とは言えません。本当に有り難いことに、「掃除」の徹底はあらゆる御利益を受けることになります。「掃除」とは「真理を行じる行為」そのものですね。真理を行じるものには必ず仏天の加護があります。それが現世利益として人々に還元されます。日頃なにか上手くいかないことが生じたら、どうか徹底した「掃除」を実行あれ!!必ず御利益有りですね。

__ 1 (2)

__ 2 (3)

さて、綺麗になったギャラリー「渓仙舎」で、”荒木芳栄個展”が始まりました。早速にウグイスが、お祝いのための素敵な鳴き声を聞かせてくれています。「法々~法華経」なんと有り難いことでしょうか。素晴らしい作品が展示されています。皆様、是非ご来寺ください。お待ち申し上げております。友峰和尚より

__ 4

__ 3 (1)

 

 

 

友峰和尚のちょっといい話 【 第332話 】
2014年 07月 17日 談

7月はお盆月で、毎日「棚経」のため、檀家様のお家へお参りに行きます。ここ数年は副住職にその法務をお願していて、和尚はお寺のお留守番といったところですが、この、お盆のお参りを「棚経」と呼ぶ理由、以前もお話ししたかと思いますが、昔は檀家様の家の中まで入らず、縁側に設えた施餓鬼棚(精霊棚)の前でお経をあげたそうです。普通に考えれば、仏間に立派な仏壇があるわけですからその場所でお経を唱えればよいのですが、そこがそれ、実に昔の方は先祖に対して敬虔な気持ちを持っていますから、御先祖が無事にわが家を見つけて確実に降りて来てくださる様にとの計らいからわざわざ外に施餓鬼棚を設けたわけで、棚と、仏旗の代わりに旗を四方に立てて、道しるべとしてより分かるようにしたことから、その行為を「棚旗」(たなばた)として7月7日に準備をしたといわれています。和尚の子供の頃には、縁側に施餓鬼棚を設け灯篭が両側にあり、ローソクの灯りがクルクル回転していたことをかすかに思い出します。本当に素晴らしいことだと思います。

yjimageMBP4BZ7R

先祖の霊を偲び丁寧なお迎えをしていたころの事が懐かしく感じる今日この頃です。スローライフ時代の、実に心温まる思い出です。勿論、お盆といえば必ず「おはぎ」を母親が作ってくれたものです。おはぎイコールお盆といった感がありました。現在ではどこのお家でも、棚も無ければ旗も無い状況です。仏、ホットケという事か? 御先祖の霊供養の月参りをするお家も、年々少なくなっていきます。少子高齢化がますます加速していく近未来、何もかもが風化しようとしています。こんな時代だからこそ、寺院においてはしっかりとお盆の行事を遂行しなければならないと思います。大安禅寺では現在もなお、本堂の広縁に立派な施餓鬼棚が設えられ、400年間、脈々と「大施餓鬼会」が厳修されて来ています。心の安心は偏に、御先祖の霊供養の中にあります。その供養の真意は「感謝の真を捧げる」の一点にあります。言わずもがな一人として親を持たずにこの世に生を受けたものはいません。新命和尚の心を籠めての棚経が続いています。友峰和尚より

yjimage

友峰和尚のちょっといい話 【 第331話 】
2014年 07月 16日 談

__ 2

ガーデンの風景 / 大安禅寺庫裡にて

最近、ニュースの内容が昔とは随分と違って来ているようにかんじます。和尚なりに直観して思うにやはり、電子機器の進化による犯罪が多発しているように感じます。人類の未来の発展を考える上においては電子機器の発展を度外視しては考えられないため、今後は、自己防衛のための対策を個々が真剣に考えなければならない時期に来ていると思います。明治時代の禅僧さえ、その時代において文明の発達は人類に危機を及ぼすと警告している著書が多くあります。パソコンや携帯電話なくして未来を創造することが難しくなっている今日、幼少期からの電子機器に対する十分な学習が求められていますね。すでにその取り組みが始まっているところもあるようですが、犯罪から子供たちを守るためにはもっともっと急がねばならないのではと危機感を覚えるものです。

pc

と言いながら、和尚も電子機器の恩恵を受けています。こんなに便利なものが発明されるとは思いもよらないことでした。特に、海外に出かけたときなどは強く感じます。スカイプ通話やあらゆる情報収集など、驚くほどの便利さです。世の中の事柄は常に相反性を含んでいます。たとえば「善は急げ、急いては事をし損じる」「一石二鳥、二兎追うものは一兎を得ず」など、他にも沢山ありますね。となりますとやはり、便利な物を使いこなすための努力が求められているようです。便利であるということの裏には、便利さを創造するに至った恐ろしいほどの知恵が潜んでいることを知るべしという事なのかもしれませんね。人類の進歩と調和は実に、人間にとっての永遠のテーマのようです。パソコンを離れて一度外に出れば、うっそうとした木々の緑が和尚の全体を包んでくれます。現実世界とバーチャル世界。なんとも現代社会は厄介な時代に入っているようです。友峰和尚より

__ 1

アトリエを望む / 大安禅寺にて

 

友峰和尚のちょっといい話 【 第330話 】
2014年 07月 15日 談

4

ニューヨーク個展打ち合わせ / 大安禅寺 応接室にて

今年の10月22日よりサラ・ローレンス大学(ニューヨーク州)での個展開催の為、日本旅行福井支社の西内さん、斎藤公一さん、そして文房流の野口翠智さんを交えて旅行日程の打ち合わせをしました。今回は22日より1週間、個展を開催する予定となっていますが、同行される約10名の方々の現地での詳しい行動日程なども含めて話し合いが行われました。40年ぶりのニューヨーク訪問なので、本当に楽しみです。現地では、一般の方々はじめ大学教授並びに学生の皆さんへの墨蹟パフォーマンスや座禅指導、また、お煎茶といけばなの教室も行われる予定となっているだけに、今から十分な計画と準備が求められています。

今回の個展のテーマは、「天地一指」です。世界の国々の人々が一つの心となって未来を創造していくことを願っての開催です。そんな大げさなことを言わなくても「みんな仲良し」でいいと思います。「和合」の精神で力一杯、全身全霊で書に打ち込んでみたいと思っています。和尚にとってはパリに続いての二ューヨークでの個展開催、禅僧としての法力が求められています。半端な願心ではとても世界には通用しないことを十分に承知しています。66歳でのチャレンジです。66は、数字の語呂合わせで「無・無」です。心を無心にして創作活動を開始したいと思います。

araki

作品展の準備をされるマーク・イゴネ氏と荒木画伯

さて、大安禅寺境内にある「ギャラリー渓仙舎」では、今月18日から24日まで開催される「荒木芳栄・個展」の準備が始まっています。いろんなイベントを通して、法縁の輪が大きく広がっていくことを切に念じてやまないものです。明日は大安禅寺開山・大愚宗築禅師の命日でもあります。深く感謝の真をささげたいと思います。友峰和尚より

 

 

 

友峰和尚のちょっといい話 【 第329話 】
2014年 07月 14日 談

IMG_5109

全日本司厨士協会北陸地方本部 物故者供養祭 / 大安禅寺 枯木堂にて

内閣府認定公益社団法人「全日本司厨士協会北陸地方本部」主催の物故者供養祭が大安禅寺で修行されました。今年で19回目となる供養祭で、来年は慰霊碑建立20周年を迎えます。東京より宇都宮久俊総本部会長はじめ全国から幹部の方々が集まり、午前11時半より厳粛な雰囲気の中、物故者の供養が営まれました。思えば19年前、フレンチレストラン・ジャルダンの黒味傳シェフとモンシェルトントン・カトーの加藤祥師シェフが「司厨士関係者の慰霊碑を建立したい」と大安禅寺を訪ねて来られた時のことを思い出します。今年、日本食が世界文化遺産に登録されましたが、洋食も含め今日の日本食文化の地位を築いてきたのも先人の御徳の賜物であるという敬虔な気持ちに端を発してのご依頼でした。和尚も快くお受けしたものです。

IMG_5092

あれから19年の歳月が流れましたが、黒味様は福井県本部・名誉会長として、加藤様は北陸地方・終身名誉会長として、現在もなお組織の発展に尽力されておられます。少子高齢化の進むなか、先祖の墓を守り切れないために「墓じまい」という現象が起きている今日にあって、先人の御徳を組織を以て讃えていくことの尊さと大切さと有り難さを、つくづく感じ取った物故者供養祭となりました。「ありがたや 師の恩思う 如意の後」という世語が残っていますが、いつの時代にあっても先人の努力と苦労の積み重ねの上に自分の今があることを忘れてはならないと自省するものです。

IMG_5110

法要終了後、住職法話のようす

IMG_5054

宇都宮久俊総本部会長様、幹部の皆様とともに / 大安禅寺 愈好亭にて

IMG_5055

 

7月はお盆月、御先祖の恩に報いんが為にもしっかりと御供養を通して、さらなる向上の誓いにつなげていきたいものです。今日は、供養を修行した為か心安らかな一日となりました。午前中は拝観者の方も来山されており、またパリからのお客様マーク・イゴネさん、荒木芳栄さんも打ち合わせのために来山され、寺内が賑わいを見せていました。「供養有り、拝観あり、来客あり」の禅寺。いいですね! お香のたちこめるお堂もこれまたいいですね! 歴史の説明を受けられている拝観者の姿もいいですね! 新命和尚の元気な法話の声が本堂に響き渡っているのもいいですね! 職員が一生懸命にお客様の接客をしている姿も美しいですね!

嗚呼、有り難し!有り難し!「南無観世音菩薩」 友峰和尚より

 

 

友峰和尚のちょっといい話 【 第328話 】
2014年 07月 13日 談

SONY DSC

寳勝寺盂蘭盆会法要のようす / 寳勝寺本堂にて

SONY DSC

涼しい日和の「寳勝寺盂蘭盆会法要」となりました。朝から小雨の降るなか、午前10時半より施餓鬼会が厳修され、法要終了後には檀信徒の皆様とともに昼食を交えての楽しいひと時を過ごしました。やはり、みんなでワイワイガヤガヤ語り合うのは大変楽しいものです。一年に一度の参拝の方もおられるので尚更のことです。

SONY DSC

法要終了後、昼食懇親会のようす

さて、無事に金沢三カ寺の盂蘭盆会を終了しましたので、今度は自坊の法務に集中です。間もなく「荒木芳栄個展」が大安禅寺で開催されます。荒木画伯は以前、大安禅寺で職員として勤めていた方ですが、その時も仕事をしながら洋画の勉強を続け、2002年に退職されてフランスパリに渡欧、以後12年間、画家として活動されている方です。

araki

荒木画伯の作品より

今回は日本で初めての個展開催となりますが、是非皆様も御来寺頂きたいと思います。3年前に和尚がパリで個展を開催したときには、荒木画伯のご主人・マーク氏が経営されている「ギャラリー・メタノイア」に大変お世話になりました。今回はそのお礼も込めて、福井・大安禅寺と金沢・寳勝寺のギャラリー提供となっています。魚や小鳥、動物などをモチーフにたくさんの作品を書いておられるそうで、荒木画伯の作品展示を楽しみにしています。「夢は必ず叶うもの!」を信念に頑張っておられるそうですから、本当に夢が叶うことを念じています。次々と色々な行事を遂行しながら、前に前にと進んでいきます。友峰和尚より

SONY DSC

 

 

 

 

友峰和尚のちょっといい話 【 第327話 】
2014年 07月 12日 談

 SONY DSC

少林寺盂蘭盆会法要のようす/少林寺本堂にて

台風一過、猛暑になると思いきや涼しい風が吹き抜ける中、少林寺盂蘭盆会の法要が修業されました。金沢市の高台にある寺町寺院群は日本海を見下ろす位置にあり、犀川を海の方からまた逆に野田山の方からと大変涼しい風が吹きつけます。昨日の天気予報では、今日は30度を超える真夏日になるというので寳勝寺から扇風機3台を持ち込んでの法要となりましたが、扇風機も顔負けといったところでした。

SONY DSC

約30名近いお参りの中、施餓鬼会法要が営まれました。和尚の一人三役といった忙しさでしたが、無事に法要を終えた後の爽快さは格別なものがありました。何がそうさせるかは言うまでも無く故人の御霊が喜んでいるからです。このような心の世界は、宗教者のみが知りうる世界なのかもしれませんね。

昨日のテレビ番組で現代のお墓事情がいろいろ紹介されていましたが、その中で、自分の亡きあと子供たちには墓守りをしてもらえないという理由から、先祖代々の墓地の「墓じまい儀式」が放映されていました。本当に残念な光景でした。最終的に、先祖のお骨は海に「散骨」として撒れたわけですが、そうなりますと自分は何のためにこの世に命を頂いたのか、きっといつの日か自分に問い直す時が来ることと和尚は思います。”墓じまい”の状況には色々な事情はあるにせよ、過去の戦争で多くの英霊がいまだ国外の地に眠っている現状の中、親の遺骨を求めて今なお激戦地を訪ね歩いている遺族の方々のお気持ちをどのように捉えるのでしょうか。我々がこの世に命を頂いてよりもっとも大切なことは、祖先の恩と父母の恩に感謝の誠をささげることにあると思います。その気持ちが「お墓」という形となって、幾多の困難な時代を通し今日まで代々感謝の心として受け継がれてきたものと思われます。「親の背中を見て子は育つ」と言います。先祖のお墓に花や供物を供え線香を捧げる姿こそ、「目に見えぬ祖先の霊に敬虔な気持ちを捧げる親の後ろ姿」であることを、心から思う今日の盂蘭盆会法要でした。友峰和尚より

SONY DSC

 法要終了後の法話のようす

 

友峰和尚のちょっといい話 【 第326話 】
2014年 07月 11日 談

大安禅寺の庫裏玄関を入って天井を見上げると、グンニャリと曲がった材木で組まれた桔木が見受けられます。実に見事な組み合わせです。昔の民家にも、グネグネと曲がった太い材木を小屋ばりとして使った箇所が多く見受けられます。一見して材木の節約にも見えますが、どうしてどうしてこの曲がりくねった材木こそ、雪国の豪雪に十分に耐える構造になっているそうです。最近の建物はまっすぐの材木を主に使っている為、このような建築構造は今後、貴重な遺産として保存されていくことと思います。曲がりくねった材木がむき出しになっているのはデザインとしてもなかなか風格を現わすものでもありますね。

10489893_301910496637340_4192244889799361139_n

詳しくはこちらからどうぞ

新命和尚の新企画で、8月2日に大安禅寺に於いて開催される「鬼に訊け!宮大工西岡常一の遺言」(やまめの会主催)ですが、皆様もぜひ参加を頂きたいと思います。西岡常一氏と言えば奈良の法隆寺や薬師寺を復興された方で、有名な言葉に「木の癖組は人組、人組は人の癖組なり」というのがあります。大工さんにとって曲がった木や堅い木は敬遠されがちですが、西岡氏は木にも人間と同じように個性があり、それぞれの木の個性を活かしてこそ本当の宮大工であると言い切ります。また大工さんにもそれぞれ個性があり、その個性をいかに使っていくかが棟梁としての力量を問われているとも言っています。”現代の名工”と言われる方々のほとんどが同じようなことを述べられています。「この世の中に一つとして無駄なものはない!!」 大変に厳しい言葉ではありますが、無駄なものが無いように知恵を働かせて日々、人と物が十分に活用されていくような人生を歩んでいきたいものですね。

SONY DSC

本日、午前10時半より行われた瑞光寺盂蘭盆会

さて、今日は兼務寺である瑞光寺(金沢市本多町)の盂蘭盆会の法要を厳修いたしました。故人の徳を偲ぶ法要でもあります。今では故人となられた西岡常一宮大工師、その意思を未来に引き継ぐ方々のお話です。8月2日には、どうか多くのご参加を願いたいと思います。友峰和尚より

SONY DSC

白桔梗、下野、ミソハギ / 寳勝寺の茶室にて

 

 

 

 

 

友峰和尚のちょっといい話 【 第325話 】
2014年 07月 10日 談

 __ 2 (2)

盂蘭盆会の準備をしています。/ 本多町・瑞光寺にて

明日は本多町・瑞光寺、12日は野町・少林寺、13日には寺町・寳勝寺の順に盂蘭盆会が厳修されます。金沢では7月は先祖の墓参りで8月にお盆のお寺参りをされるそうですが、和尚の自坊・大安禅寺が毎年8月15日に盂蘭盆会を行うため、金沢でのお盆行事は7月に修行することになっています。和尚にとって少林寺での盂蘭盆会法要は今年が初めてで、案内状を出したところ30名近い方が参加されるとの事、今日は早めの準備をしてきました。先般のNHKクローズアップ現代の番組にもありましたが、どの宗派においても現在後継者不足が問題で、無住寺院が増加しつつあります。当然のことながら住職のいなくなった寺院からは次第に檀信徒の方も離れていくわけですから、大変心配される問題ですね。和尚もどこまで兼務寺院を守れるかは不透明ながら、できる範囲の中で精いっぱい法務に専念していきたいと思います。それぞれの寺院にはそれぞれの事情がありますが、先祖のご供養を修行することにおいては同じで、各寺院のお掃除にも力が入ります。たくさんの御位牌を見つめていますと「和尚!頼みますよ!!」なんて、声なき声が聞こえてくるようで何とも神妙な気持ちになるものです。

sui

 

それにしても、大安禅寺に祀られている多くの故人の御霊は和尚の行為をどのように思っておられるのでしょうか?どのお寺も、寺院経営が苦しいが故の無住寺院。何が故に、和尚は我々を置いて金沢に出向くのか。そこなんですね。その回答を探しに金沢に来ているのかもしれませんね。一つだけ言える事は、「縁に随いて、縁に仏法を成ず」でしょうか?、早い話が「なるようになる」ですね。またまた「一即一切」のお言葉です。さて、人事を尽くして参りましょう。皆様もどうかお盆には御先祖の御供養をしっかりとして頂きたいと切に願うものです。友峰和尚より

 

友峰和尚のちょっといい話 【 第324話 】
2014年 07月 09日 談

__ 2 (2)

35℃の蒸し暑さです。/ 寳勝寺の霊園にて

台風8号の影響を受ける前にと寳勝寺の墓掃除に出てはみたものの物凄い暑さで体が動かず、できる範囲での掃除となりましたが何とか終了しました。

明日は兼務している瑞光寺(金沢市本多)の掃除に出かける予定ですが、11日から三日間は3ケ寺で盂蘭盆会の法要が営まれる予定となっています。台風北上に伴う影響が心配されますが、大切な年中行事なので無事に修行できることを願っています。

__ 3 (1)

祖先の恩を思いまた父母の恩を思う今日この頃、その恩に報いんがためにも心から御供養申し上げたいと思います。「盆」という字は「皿を分ける」とも読めます。故人の好きだった食べ物を幾つもの皿に盛ってたくさんお供えせよとの意味でしょうか。いずれにせよ、感謝の心を込めて、色んな物をお供えしたいと思いますね。友峰和尚より

__ 1 (1)

Copyright© 2014 臨済宗妙心寺派 太白山 寶勝寺 All Rights Reserved.

〒921-8033 石川県金沢市寺町5丁目5番地76号
電話:076-287-3870