寶勝寺日誌

春季彼岸会 住職法話
2017年 03月 25日

平成29年3月12日 寳勝寺春季彼岸会 住職法話より

 

 「病みてこそ道心(どうしん)の起こる候 不幸はこれ道(どう)の幸いなり」

この言葉は今から約六百年ほど前に、花園法皇が妙心寺開山・無相大師(関山慧玄)と出会った折に言われた言葉であります。花園法皇は子供の頃から体が弱く、若くして譲位されました。国の頂点に立つ運命にあって色々な悩みを持ち、体も病んでいた、そんな中で、「この運命であったからこそ、やがて生涯の師となる無相大師とめぐり合うことが出来た。心とはなんぞや、幸せとはなんぞや、あの世とはなんぞやと、自分の心に向かって問いかけることが出来た。なんとありがたいご縁を頂いたことか」と感謝する言葉です。やがて花園法皇は花園御所(離宮)を寄進され、無相大師を招いて妙心寺を開き、祖霊の供養とともに万民の平和を願ったということであります。 ・・・今日は、檀信徒皆様はじめ㈱ココ・プランニング様、関係皆様が集って無事、春季彼岸会法要を厳修することが出来ました。おそらく寳勝寺では、創建当初からこうして人々が集まって綿々と法要が行われてきたのでしょう。でも一度途切れかかった、そのぎりぎりのところで再びこの御縁を得ることが出来たことこそ、「病みてこそ道心の起こる候 不幸はこれ道の幸いなり」であろうと思います。私がここへ来たのも仏法の縁です。荒れ果てた寺だったからこそなんとかしなければと思い立ったわけです。そして今日のような彼岸晴れの佳き日に御先祖供養が出来たこと、これはすべて御先祖様との御法縁の現れであり、ここに集まっているお一人お一人の心がそうさせているということです。

・・・普段の忙しい生活の中では「仏法」に出会う機会も少ないことと思います。お寺というのは年に何度か訪ねて、御先祖供養とともに自分の心と出会う場所でもあります。人間は生まれて以降、ずっと外の世界ばかり見ています。「あの人は幸せ、自分は不幸」などと比較して、周囲の出来事に囚(とら)われてなかなか自分の心を見つめる時間が無い。我々は臨済義玄禅師を祖とする臨済宗ですが、その臨済義玄禅師が説いたのは“今ここに居る肉体の中に本物の自分が潜んでいる、自分の中にある真(まこと)を見よ”ということです。

「赤肉団上に一無位の真人あり 未だ証拠せざる者は、看よ、看よ。」

焼けば灰、埋(うず)めば土となっていくこの自分は一体なんなのか、自分に問いかけよ。と、臨済義玄禅師は叱咤激励しているわけです。われわれの肉体はずっと自分の物ではありません。いずれ返さねばならない、そうであるのに、「あれもほしい、これもほしい。」と体いっぱいに引っ付けようする。なにも欲しいものは無い、今、ここに居れば充分だという心。「本来無一物」「無心」だと悟ること。「無一物中無尽蔵 花有り月有り楼台有り」 そういう安心(あんじん)の心を忘れずにお過ごし頂きたいと思います。 (事務局編集)

3月16日 霊苑改葬工事のようす
2017年 03月 16日

あたたかな陽気の一日となりました。春季彼岸会も無事に終了し、引き続き着々と霊苑改葬工事が進んでいます。写真の如く、式台玄関から庫裏玄関にかけてのアスファルトがことごとく撤去され、地面がむきだしの状態になっています。また霊苑では、檀信徒墓域「奥の院」の通路に石畳が敷かれ、石塔のモニュメントが設置されました。

奥の院 最奥の通路敷石です

 

3月6日 霊苑改葬工事のようす
2017年 03月 06日

連日の好天気の中、霊苑の工事が着々と進んでおります。通称「奥の院」と呼ばれている寳勝寺檀信徒様の墓域ではすでに御墓石が復元され、ほとんどの墓所で完了しています。

来る3月12日に行われる「春季彼岸会」では、午前中の法要ののち午後より、復元が完了した御墓所の個別お精入れが行われることになっています。

少しずつ伸びていく、奥の院へつづく道の基礎

式台玄関の前でも、工事が進んでいます

しだれ梅の植樹
2017年 02月 16日

DSC02196 (500x363)

「永代墓納骨の儀」修業後の霊苑工事現場です。昨年より造園業者で預かって頂いていた「しだれ梅」が、愈々寳勝寺霊苑にやって来ました。このしだれ梅は、大安禅寺責任役員総代の蒔田様より御寄進頂いた樹木で、たくさんのつぼみを付けた、紅梅です。

DSC02198 (500x375)

DSC02227 (500x375)

今日は、二月にはありえないほどの陽気(15℃)で、苑内の植栽を担当される中部緑地㈱の方々も「植樹には最高の日です!」と喜んでおられました。しだれ梅は住職が見守る中、寳勝寺檀信徒霊苑エリアとなる「奥の院」の中央に据えられました。

DSC02205 (375x500)

枝を確認しながら、住職と専門スタッフの方が樹木の向きを決めているところです。奥の院全体のバランスやお隣に安置される御墓にも配慮しながら、相談して決定されました。根元には3種類ほどの用土が施され、丁寧に混ぜ合わされていました。

DSC02217 (500x375)DSC02215 (500x375)DSC02226 (500x375)添え木が施されているところ

DSC02219 (500x375)

DSC02238 (375x500)

たくさんのつぼみとともに新しい枝が伸び、益々大きくなるでしょうと言われていました。蒔田総代様には、心より厚く御礼申し上げます。これから寳勝寺にて大切に育てて参りたいと思っております。

永代墓 納骨の儀

DSC02184 (500x375)

本日は午前10時より、寳勝寺檀信徒有縁無縁永代墓納骨の儀が執り行われました。㈱豊蔵組様、河原市石材㈱様はじめ関係者様の御参列のもと住職が御供養のお経を上げられ、新しい納骨袋に包まれた御骨を永代墓へと納め安置申し上げました。

DSC02170 (500x347)祭壇には「寳勝寺墳墓各々祖霊」の御位牌が供えられ、果物や野菜、清酒などがお供えされました。住職は読経の後、永代墓に埋葬される檀信徒様のお家名をすべて読み上げられ、先祖代々の御供養が修業されました。

DSC02183 (375x500)

DSC02179 (500x425)関係者皆様による御焼香

DSC02174 (375x500)

納骨の最後に、「三界萬霊十方至聖」と揮毫された御札を奉納される住職

DSC02160 (500x375)

四月を思わせるほどの素晴らしい陽気となり、雲ひとつ無い青空の下での法要となりました。今後も工事とともに御納骨や御供養が続きますが、ひとつひとつ丁寧に記録を残しながら応対させて頂きたいと思っております。

DSC02144 (500x375)

(この画像は、2月15日現在です)

涅槃団子を頂きました。

DSC02242 (500x375)

犬 と 鳥 の 涅槃団子

本日夕方、寺町一丁目の曹洞宗寺院・桂岩寺御住職様が来山され、珍しい涅槃団子を頂きました。御住職のお話しによると、本日、石川県輪島市にある曹洞宗寺院・聖光寺(しょうこうじ)様にて涅槃会があり、その行事の御加担に行かれていたそうです。能登のほうでは涅槃団子は「犬の子まき」と言って、御釈迦様の涅槃に駆けつけた干支のうち、作りやすい「犬」や「鳥」などをモチーフにして涅槃団子を作る風習があるそうです。それにしましても最初に拝見した際には、金沢のおひなさまに飾られる金花糖かと思ったほど、ふっくらとした形と鮮やかな色彩です。

DSC02241 (500x375)

聖光寺様のお檀家様には漁業を営む方が多くおられ、この涅槃団子は漁師の方がお作りになるとのこと。海での安全を祈願し、お守りとして漁に持って行かれることもあるというお話しでした。

IMG_7562

こちらは昨年、桂岩寺様から頂いた涅槃団子

 

IMG_6336 (500x334)

大安禅寺 の 涅槃団子

IMG_5281

地域や集落によって色や形は変容しても、仏教への信仰心とともに、涅槃団子の鮮やかな色から「春が来る」という喜びを感じることは全国共通なのではないかと思います。桂岩寺様、本日は涅槃団子や御菓子等を頂きまして誠に有難うございました。厚く御礼申し上げます。

DSC02239 (500x359)

お寺で会議 のようす
2017年 02月 08日

DSC02061 (500x375)本日、午前9時の寳勝寺です。専門業者の設営スタッフの方が本堂の畳上にカーペットを敷き、テーブルや椅子・パソコン、会議資料や通勤バックなどの小道具(?)が運び込まれています。

DSC02062 (500x375)

続いて、次々と集まって来られたスーツ姿の皆様。実は全員エキストラで、これから「お寺で会議をしている風景」の写真撮影が行われるところです。最近、会議室やホールなどの近代的建物ではなく、文化財や歴史ある寺院・自然に囲まれた場所などで会議や催事を行いたいという要望が増えているそうで、県内外の企業団体を対象に金沢市が誘致活動を行っているそうです。寳勝寺では、喫茶室や応接室・本堂大間などお寺の空間を活用して頂き、それが寺院運営維持に繋がればということで今回、参画させて頂くこととなりました。

DSC02066 (500x375)

資料を見ながら 真剣に話しているように見える 外国人の方も エキストラです

DSC02069 (500x375)

薄着のスーツ姿ですが、とても寒い本堂

DSC02070 (500x375)

顔の角度を細かく指示される カメラマンの方

DSC02075 (500x375)

住職の法話中 という設定で 写真撮影

寳勝寺での会場利用には、オプションとして「寺カフェ」は勿論「法話」や「坐禅」「写経」なども御提案させて頂く予定です。模擬会議の撮影後は住職が登場され、法話中の写真も撮影されました。

DSC02074 (500x375)

「笑う門には福来る 怒る門にはホスピタル」とエキストラの皆様も唱和され、和やかな撮影風景です。その後、住職は寳勝寺の歴史などを説明され、無事に撮影が終了しました。関係者の皆様には大変おつかれさまでございました。・・・会場利用の誘致に向けて、今後も準備が進められることになっています。

霊苑改葬工事 2/4
2017年 02月 04日

DSC02047 (375x500)

本日の寳勝寺 寺カフェです。先週に引き続き、お足元の悪い中をお越しくださった皆様、本当にありがとうございます。メニュー看板のまわりや通路には花鉢を飾って、せいいっぱい華やかにしています。

DSC02044 (500x375)

今日は 地中の工事は お休みです

DSC02048 (500x375)

霊苑では 土曜日の今日も 工事が進んでいます

DSC02049 (500x375)

DSC02053 (500x375)

DSC02054 (500x375)

DSC02055 (500x375)

現場監督の方が、最奥の白壁付近に見える地面が実際の高さです、と説明して下さいました。輪郭がはっきりと見え、ますますイメージが膨らみます。

崇高山少林寺 半鐘

DSC02006 (500x375)今朝の 少林寺 境内です

本日は午前九時より少林寺にて、釜師・第十四代 宮崎寒雉様が寄進された「半鐘」を吊るす作業が行われました。寺町にお住まいで寳勝寺の屋根修復も手がけられた大工師・岩内様と、御手伝いの大工師の方が来られ、さっそくに作業が始まりました。立春を迎え清清しい青空ですが、本堂の前には一月に降った雪の大きな塊が残っています。半鐘は、写真右の式台玄関から入り本堂へ上がる階段の天井に吊るされることになっています。

DSC02010 (500x375)こちらです。

DSC02013 (500x375)

作業に先立ち、靴箱の足を修理してくださっているところです。

DSC02026 (420x500)

作業を見守る 宮崎様と 少林寺の奥様

DSC02021 (375x500)

DSC02012 (500x375)龍  頭

木材を加工されている間、釣鐘をじっくりと鑑賞させて頂きました。「鐘」というと重々しい黒緑色をイメージしますが、陶磁器のように明るい緑青です。大工師さん二人がかりでやっと持ち上げられ吊るされた後、宮崎様に確認して頂きながら高さや方向が調整されました。

DSC02030 (375x500)

DSC02032 (375x500)

DSC02034 (500x375)

DSC02036 (375x500)

DSC02038 (500x375)

「寄進 十四代 宮崎寒雉 平成丙申 師走」

DSC02039 (375x500)

吊るされ いっそう際立つ 美しさです

宮崎様が即席の木槌で鐘を鳴らされたのを聴きましたが、音色は清く高く、長く余韻の残る素晴らしい音で、少林寺先代住職の奥様もとても喜んでおられました。機会がありましたら是非お聴き頂きたいのは勿論、いつか是非このホームページ内で音響をお届けしたいと思っております。

DSC02008 (500x375)

境内にある梵鐘の案内板が、新しくなっていました

DSC02009 (375x500)

 

霊苑改葬工事 2/3
2017年 02月 03日

DSC01995 (375x500)三月を思わせる好天気となりました。寳勝寺境内では、配線・配管工事が進んでいます。明日は土曜日ということで、寺カフェの準備をしながら作業を見守っているところです。

DSC01999 (375x500)

DSC01998 (500x375)

DSC02000 (500x375)

DSC02003 (500x375)

天気が良いと、おのずと外へ出たくなります。事務の合間に、外の物置を整理したり玄関に飾る鉢植えを作ったりしながら、冬の貴重な陽光を浴びました。寳勝寺では梅と柊を飾って立春を迎えたいと思っております。

 

2 / 2312345...1020...最後 »

Copyright© 2014 臨済宗妙心寺派 太白山 寶勝寺 All Rights Reserved.

〒921-8033 石川県金沢市寺町5丁目5番地76号
電話:076-287-3870