和尚のちょっといい話

iihanasi_top

友峰和尚のちょっといい話 【 第366話 】
2014年 08月 23日 談

和尚のブログも一周年を無事に達成して、いよいよ今日から新たな出発です。寳勝寺のお客様も一年前とはずいぶん増えてきました。ブログもこのところまたアクセスカウントが増えてきましたので「頑張らなくっちゃ!!」って思います。毎日の人との出会いが新しい風を吹き込んでくれますし、お話を交わしている内にこれまた新鮮な自分と出会うものです。人間の心は留まったらいけません。常に流れていたいと強く強く思います。よく和尚は「無心」という言葉を使いますが、余りにも簡単明瞭すぎて却って捉えにくいですから、「とどまらない心」なんてどうでしょうか?「サラサラとただサラサラと水の流るる」って心です。

SONY DSC

日中友好の朝顔 / 2014.8.23 撮影

SONY DSC

高田学さま、西野久夫さまとともに寳勝寺霊園の調査中 / 2014.8.22 夕刻

昨日、東京から寳勝寺のお仕事で高田学さまが来山されました。もう丸三年ぐらいのお付き合いをさせて頂いていますが、いつも柔和なお顔で温厚誠実なお方です。人生にはいろいろな出会いがありますが、いつお会いしても心の隅々まで溶け込んで行くような心持の高田様とのお付き合いを今後も大切にしていきたいと念じています。そして今日は高田様と同じく日頃より大変お世話になっています西野久夫様がお孫様二人を伴って卑山を訪ねて下さいました。どのお方も「サラサラと澄み切った水の如し」といった御人徳の高い方々です。現代の言葉で言いますなら「高貴高齢者」です。

SONY DSC

西野さまからのご依頼により、「朝粥体験会」が行われました。

SONY DSC

住職からのひとつひとつの御言葉を、熱心に聞かれている様子

今日は「サラサラ」の一日なのでしょうか? 午後になって、20年以上大安禅寺・金曜坐禅会に参禅されている小玉暁様の突然の来山でした。「友遠方より来る、また楽しからずや」 昨日は金曜坐禅会に参加されたとか、楽しい歓談のひと時を過ごしました。366回目は人との出会いの日となりましたが「寺カフェ寳勝寺」の本領を発揮した一日であったようです。友峰和尚より

SONY DSC

大安禅寺・金曜坐禅会会員、小玉暁さまがご来山下さいました。

 

 

友峰和尚のちょっといい話 【 第365回 】
2014年 08月 22日 談

SONY DSC

今日で365回目を迎えました。さて今日の話は?と思っていましたら、早朝、釈迦院時雄さまが訪ねて来られました。仏縁ですね!!自作の竹筆二本をたずさえての御来寺で、今年の10月にニューヨークで開催される予定の和尚の個展の事が話題になりました。今回は大学のキャンパスで3回、墨書パフォーマンスをすることについて、個展の為にと今回特別に寄贈を受けた釈迦院様自作の大竹筆の使い方についてアドバイスを受けました。本当にありがたいことです。

SONY DSC

平成26年4月22日、大竹筆「天耕」をご寄贈頂いた時のようす

SONY DSC

竹筆について情熱的にお話しされる釈迦院様

SONY DSC

「竹筆は私の人生です、私に竹筆を持たせたら怖いものはありません。」とお話しされています。

釈迦院様は書家でもあります。今日まで長きに渡って世界各国での個展や竹筆の展示販売などをやって来られたお方ですので、書道パフォーマンスについては大先輩で竹筆の使い方など口頭での指導を受けました。お話が済んでいったん近くのアトリエにお戻りになられましたが、口頭では不十分とさっそくに竹筆でしたためた横物の書を持参されました。

SONY DSC

SONY DSC

まだ墨の乾かぬうち早速ご持参下さった「不動心」の墨書

写真の如く大変勢いのある力強い作品です。確かに、一般的な毛筆とは違い、竹を細く削いで作った竹筆は風合いの異なった字が出来上がりますね。和尚も次第にわくわくしてきました。明後日、大安禅寺本堂にて「穴地蔵尊祭り」の墨蹟パフォーマンスが予定されていますので、その際に大竹筆を使ってみたいと思っています。さてさてどんな味わいのある字が書けるかは当日までのお楽しみです。是非皆様、観に来て下さいね。「南無大安寺地蔵尊菩薩!」。今日は365回の一周年記念日です。釈迦院様との出会いを大変嬉しく感じた記念日となりました。

「竹筆に 思いを込めし 秋を待つ」友峰

SONY DSC

 

 

 

友峰和尚のちょっといい話 【 第364話 】
2014年 08月 21日 談

SONY DSC

日中友好の朝顔 / 寳勝寺山門にて

「光陰矢のごとし、時人を待たず」本当に和尚に残されし人生時間が矢の如くに過ぎ去っていきます。「今までは他人の事やと思うたが俺が死ぬとはこいつぁたまらん、くわばら、くわばら」ってあの有名な一休和尚がシャレコウベの付いた杖を突きながら「ご用心!!ご用心!」と言って道を行き来したとか。なるほど!と、ほぼ和尚も諦めの境地です。やらねばならないことが年を追うごとに増えていくのはいったいなんでやねん!と吠えてみたところで理由は簡単です。肝心要の身体能力の激減が原因なのですから。

 SONY DSC

寺町台まちづくり協議会の宮本会長さまと山田さまです。2014.8.18

SONY DSC

桂岩寺様の坐禅会「一如会」の林さまです。2014.8.20

一昨日からお客様の応対が続いています。どの御方も長い長い苦難の人生を歩んできたであろうと思われる皆様で、一言一句に重厚な人生経験を感じ取ることができる地元の長老の方々です。寳勝寺に住寺して丸三年、次第に活動も広がりを見せ始めています。

SONY DSC

 寺町台まちづくり協議会の皆様、城南公民館事務局の皆様とともに 2014.8.21

SONY DSC

ヨシダ宣伝株式会社の吉野様・須貝様とともに 2014.8.21

最近しみじみ法縁の不可思議を感じ取っています。人生、人それぞれ、何がしかの御縁があって出会うわけで「偶然」の出会いなど一つもないと思うこの頃です。となりますと、生きている限りに於いては常に新たな出会いを楽しみに更なる努力を続けて行かねばと発破をかけています。このところ、和尚も次第に金沢に溶け込んで行っているようです。「所変われば品変わる」和尚にとって金沢は新鮮な話題が尽きない今日この頃です。

さていよいよ明日はブログも365回目を迎えます。昨年より開始した「和尚のちょっといい話」も無事に一周年を迎え、感謝の気持ちでさらに邁進していきたいと思います。友峰和尚より

SONY DSC

松浦建設株式会社・吉田専務さまとともに 2014.8.21
友峰和尚のちょっといい話 【 第363話 】
2014年 08月 20日 談

秋雨前線の日本列島停滞に伴う広島市内での豪雨土砂災害の様子が終日ライブで放映されています。日本列島は火山列島でもあり、恐らくはどの地域においても安全な場所など一か所も無いと自覚して、常日頃から災害に対する万全の備えや訓練が求められていることをつくづく思います。特に近年は異常気象が世界的に広がりをみせ、世界各国のニュースが伝えられる中、風水害や土砂災害、地震、台風、火山の噴火などなどが特に目立って来ているように思います。自坊の大安禅寺でも今日まで、豪雪災害、風水害、地滑り、地震などたびたび大きな被害を受けてきました。その都度、檀信徒皆様の協力でなんとか災害復旧をなしてきましたが、土砂崩れなどが襲ってきた場合は手の施しようもありません。各地で発生している自然災害を見るにつけまずは早めの避難が肝要かと思います。「備えあれば憂いなし」「災害は忘れた頃にやってくる」などの格言はもはや他人事ではなく常に高い意識を持って日々の気象情報を注視することが大切なことだと改めて自覚する次第です。大安禅寺に住寺して50年、常に緊張が続く毎日です。友峰和尚より

Hondō_of_Daian-ji_in_Fukui

友峰和尚のちょっといい話 【 第362話 】
2014年 08月 19日 談

残暑厳しい一日となりました。「わかっちゃいるけど 止められない」なんて言いながら冷え切ったビールをがぶがぶ飲んで「アビール」ほど飲んだとて暑いときはどうしようもありませんね。体を冷やすより少し熱めのお風呂に入ってみたほうが風呂上がり時の清涼感を存分に味わえるというものです。「逆も又真なり!!」です。本当にクーラーの無かった昔々の人々は色々暑さ対策など工夫しての日々の暮らしだったと思います。最近ショッピングセンターが人気を博しているのには、一年を通して空調が完璧ですから夏場は「夕涼み」ならぬ「用涼み」っていうわけです。

yjimage3XNXFMYN

そういうわけで和尚も今日は休寺日という事で視察と買い物をかねて大型ショッピングセンターや観光施設を訪ね回ってきましたが、外気とお店との余りにも激しい寒暖の差に老体がついて行かず、おまけに車内の猛烈な熱気に当たり遂にダウン!なんとも休息が窮息になってしまいました。「老い」ほど辛く悲しいものは有りません。何もかもが体に直に反応してしまいます。それにつけても、今日のような炎天下の中にあって高校野球の球児達や応援されている皆様の気力、体力、忍耐力には唯々頭の下がる思いがいたします。甲子園球場に響き渡る応援の声こそが暑さとも戦っている球児たちの原動力になっているのだと自覚した和尚の休日でした。

「一球に 悲喜こもごもの 青春夏」友峰

 

友峰和尚のちょっといい話 【 第361話 】
2014年 08月 18日 談

「第96回・全国高校野球選手権大会」も17校が激戦をして勝ち上がってきました。皆様もお気づきになられたことと思いますが、そのうち6校が日本海側の高校ということで話題になっています。またその中でも北陸三県の福井・敦賀気比、石川の星稜、富山の富山商が勝ち進みいづれのチームも好ゲームを見せています。特に目立つのが強力打線でこの三校に共通している特徴的です。最近は全国的に子供の体力の格差が問題視されていますが、その中にあって体育系の男女の体力や筋力の向上には目を見張るものがあります。ホームランを打つ高校生の体格や風貌は和尚の頃の高校生のイメージとは程遠く、実に逞しく強靭さが伝わってくるほどですね。

yjimageNU0OCZIM

野球は成長期にあっての子供たちの体力や精神力そして礼儀正しさなどもバランスよく備わっていくように思います。溌剌とした若者の戦いを観戦するにつけ、忘れかけていた青春時代の大切な思いがよみがえってくるようです。全国高校野球選手権はいつの時代も日本人としての純粋な気持ちを思い出させてくれる素晴らしいスポーツだと思います。明日からいよいよ頂点を極める戦いが始まります。どの高校の球児達にも和尚は心から声援を送りたいと思っています。友峰和尚より

 

友峰和尚のちょっといい話 【 第360話 】
2014年 08月 17日 談

朝方、金沢市に大雨洪水警報が出され大変心配されましたが、お昼過ぎには一変して、雨上がりの爽やかなお天気となりました。本当に最近のゲリラ豪雨は全国的に広がりを見せていますね。「日中友好の朝顔」も大雨に打たれほとんどが萎れてしまいましたが、漸く雨も通り過ぎ再びたくさんの花芽を膨らませています。寳勝寺では間もなく満開を迎えるのに合わせて「朝顔を愛でる会」開催の準備に入っています。一昨年、多くの縁者の方々に朝顔の種をお分けしましたところ今年はあちこちから開花の知らせが和尚の元に寄せられ、大変嬉しく思っています。福山市在住の中川美術館館長・中川健造様より三年前に分けて頂いたのがきっかけとなり今日、多くの方々と朝顔を通しての交流が始まっています。

SONY DSC

今日は夏休み終盤の日曜日ということもあって多くの寺カフェのお客様を迎えていますが、「日中友好の朝顔」もなかなかの人気で来客者の眼を楽しませているようです。さて、和尚はのんびりと休暇を楽しんでいます。久しぶりに筆を持ち、色紙を書いたり御朱印帳を書いたり来客の方の応対をしたりの一日となりました。「雨過ぎて遠山青し」の心境です。雨上がりの白山山系は見事な雄姿を見せてくれます。たまには世事を離れて雄大な気分に浸りたいものですね。ところでブログを読んで下さっておられます皆様におかれましては夏バテはしていませんか?やはり大休息が夏バテ回復に一番効果があると悟った一日となりました。友峰和尚より

SONY DSC

以前、大安禅寺にお勤めされていた大久保浩恵様とご家族がご来山下さいました。

SONY DSC

 SONY DSC

誠にありがとうございました。
友峰和尚のちょっといい話 【 第359話 】
2014年 08月 16日 談

SONY DSC

ほととぎすの開花 / 寳勝寺・山門前庭にて

お盆明けの16日です。帰省ラッシュが続いていますが、午前中の法要を終えて一路金沢寳勝寺に向かいました。午後より某新聞社の取材を受けるためですが、寺カフェも次第に地元に浸透しつつありお客様も増えてきました。今日はお盆明けながら土曜日ということもあって夏休みを金沢で過ごした観光客の方がカフェを利用して下さっていました。記者さんとの話題も多義にわたりましたが、取材の最後には、寺カフェに来ておられたお客様と和尚の会話場面の撮影を希望され、若きカップルが快く引き受けて下さいました。やはりお寺のカフェを利用して下さる方だけあってとても素敵なカップルで、短い時間でしたがお話もでき無事に取材を終えることが出来ました。突然のお願いに御協力を頂き、本当に感謝の言葉もありませんでした。

 

SONY DSC

桜タデ / 寳勝寺・中庭にて

和尚は時々、寺カフェに来られる方々とコミュニケーションすることがありますが、せっかく旅行中の楽しい団欒のひと時ゆえに、邪魔にならないようにお話しています。試行錯誤の毎日ながら次第に「寺カフェ」としての活動の方向性のようなものも見え始めてきました.兎に角、今はお客様が利用して下さるだけで十分にありがたく思っています。山門入り口から本堂に到る塀には今、「日中友好の朝顔」が見事な大輪の花を咲かせています。あまりの美しさに息をのむほどです。昨日、自坊の盂蘭盆会法要を終えたばかりですが、朝顔の花を見ているだけで疲れがいっぺんに取れていく気がします。久しぶりの和尚の休息日です。咲き誇る花はどこまでも優しく和尚を迎えてくれたようです。友峰和尚より

SONY DSC

 

 

友峰和尚のちょっといい話 【 第358話 】
2014年 08月 15日 談

IMG_0063

大安禅寺・盂蘭盆会大施餓鬼会法要

IMG_0023

IMG_0056

IMG_0062

IMG_0107

法要後の住職法話のようす

盂蘭盆大施餓鬼会も無事に厳修され、ホッとしています。多くの檀信徒の御参拝のなか御先祖の御供養がなされたわけですが、今日まで四百年にわたり途切れることなく脈々と続けられてきた卑山の年中行事、一重に報恩謝徳の一念にあった事と感じます。

IMG_0121

檀信徒懇親会のようす

法要が終了し檀信徒懇親会も無事に終えた途端、たまりかねていたかのように大雨となりました。法雨です。御先祖様のご苦労を思うとき唯一我々が出来ることは「報恩の真」を捧げることのみです。この大雨は祖先の霊の「嬉し涙」に違いありません。いや和尚はそう思うのです。お寺に集まることの難しさを考えますと、今日の大勢の参詣者方々は余程仏縁の深い方であると思った次第です。

__ 2

__ 3 (1)

法要にご出頭頂きました滋賀北陸教区第5部の御寺院の皆様

__ 1 (1)

大安禅寺責任役員総代様とともに

さてさて、ニュースでは帰省ラッシュで渋滞が続いているとか。交通事故も発生していますのでくれぐれも安全運転を願いたいものです。「行きはよいよい帰りは恐い!!」ですね。久しぶりの檀信徒皆様との会話でしたが、住職にとってみんなの無事を確認できた喜びの一日でした。それにしても御出頭頂きました各御寺院の僧侶様も世代交代で随分若返りましたね。隔世の感ですよ。有り難い事です、何もかもが無常でありますね。盂蘭盆会も終わって愈々和尚の夏休みです。大休息をして再び全身全霊で法務に邁進したいと念じています。間もなく地蔵盆がやってきます。大安寺観光協会と大安禅寺が共同で開催する「穴地蔵尊祭り」です。限界集落とならないよう、地域活性化へのアクションは今後の不可欠の課題となっています。新命副住職の手腕が期待されています。子供と大人たちが参加しての「地蔵盆」、流しそうめんを始めとして色々企画しているようですので、多くの御参加を願っております。友峰和尚より

__ 4

先日、日本での個展を終えられた荒木芳栄様です。御礼のご挨拶に来られました。

 

 

 

 

 

 

友峰和尚のちょっといい話 【 第357話 】
2014年 08月 14日 談

IMG_0004

大安禅寺責任役員総代・吉田敏貢様のご家族とともに

IMG_0003

夏休みの宿題「新聞づくり」で、お孫様から大安禅寺の歴史などについてインタビューを受けました。

IMG_0005

夏休みもあとわずか。宿題、頑張ってください!

盂蘭盆会を明日に控えて「御釈迦様の御悟りとは何ですか、和尚さん?」この質問にはこれまでも幾たびか答えてきたものですが、その答えを体感したいと願うならば「掃除せよ!!」の一言に尽きます。それも徹底した超掃除です。皆様、できますでしょうか? 何が故に掃除かと申せば、もとより自分の心など存在しないののだから、徹底して「心」と称している自分の心に一切合切、わずかの思いも付着させないことです。こう言いますとすぐさま反論されます。「心が無いのなら何を拠り所として生きよと言うのですか?」と。なるほど理屈です。和尚のブログを毎日読んでくださっている皆様自身の心を「心」と言いますが、その「心」の根源がもとより不可得だと言うのです。難しい話になりました。言い換えれば、あるがままに全体が無心の当体なのですね。この事実を体感するための手段として「掃除」が一番身近な行という事になります。勿論「掃除」だけでは十分ではないので、「座禅」「祈り」などが求められています。今日はさらなる徹底した掃き掃除に専念しました。

__ 1

__ 2

「看よ看よ!!」苔も箒も庭木も石も、生き生きとして自分の居場所で光を放ちます。それは自分の心でもありますね。それに致しましても竹箒の威力は絶大です。こんなにシンプルな掃除道具が如何無くその実力を見せつけてくれます。掃除を終え戻ってみれば、ポーチに置いた一株の「日中友好の朝顔」が今日初めて一輪の見事な花を咲かせていました。掃除の後の観音様のお出ましでした。友峰和尚より

__ 3

「ご褒美か 朝顔の色 眩きて」友峰

 

Copyright© 2014 臨済宗妙心寺派 太白山 寶勝寺 All Rights Reserved.

〒921-8033 石川県金沢市寺町5丁目5番地76号
電話:076-287-3870