寶勝寺日誌

草花の紅葉が始まりました
2015年 11月 02日

DSC06148 (500x375)

11月に入り、暖房無くては過ごせない毎日です。寺カフェに来られるお客様は特に、徒歩観光中の方が多く、皆様、体をすぼめてお見えになります。境内やお庭の木々も色づき、草花も良い色に紅葉し始めました。

DSC06170 (500x371)

DSC06149 (500x375)

中庭では、石垣の隅になんとも美しい色の小菊が咲き始めています。その横では十両が赤い実をつけており、いよいよ年末が迫っていることを感じます。

DSC06150 (500x375)

DSC06166 (500x302)

また昨日は福井市より、文房流晴心会野口社中の中出裕美子さまが、御友人の皆様と共に「寺カフェ」にお越しくださいました。皆様、ご来寺誠にありがとうございました。厚く御礼申し上げます。

深秋、今年はじめて暖房です。
2015年 10月 12日

DSC06002 (500x375)

三連休最後の本日は、寒い寒い一日となりました。寺カフェのお客様も皆様、身を縮こめ、駆け足でお入りになっています。関東方面から旅行されている方々は北陸の情報をしっかり調べておられる様子で、コートを羽織り、セーターを着ている方もおられました。冬のようです。

DSC05999 (386x500)

式台玄関に、吾亦紅(われもこう)です。

お客様のご要望に応じ、今年初めて暖房(エアコン)を発動しました。温かいお飲み物とともに、ホッとされている様子でした。しかし、こんなに早くから暖房を点けてしまうと、これからの長い冬をどう過ごすのか、ふと不安になります。

DSC06004 (500x375)

山椒の紅葉

DSC06015 (500x375)DSC06017 (500x368)中庭の 竜胆 と 小菊  秋も名残のような、庭の花々

実りの季節。岩沙参が咲きました。
2015年 10月 03日

DSC05992 (500x375)

土曜日の寺カフェです。十月に入り大学の夏休みも終わったためか御客様は大人の方が多く、賑わいつつも静かな寺内です。お庭では、御町内の皆様にも大変好評だった酔芙蓉が名残花となり、可愛らしい種の袋がふくらみ始めました。

DSC05993 (500x375)

日中友好の朝顔の大きな種です

DSC05984 (375x500)

白いほととぎす

DSC05988 (500x374)

また今年は、酔芙蓉の陰に岩沙参(いわしゃじん)が沢山咲きました。一昨年、庭作りの際に奥様が植えられたもので、3回目の秋にして見事に開花しています。

シルバーウィークの終わりに。
2015年 09月 26日

DSC05942 (375x500)夕方5時、式台玄関の灯り

秋のお彼岸を過ぎ、夕暮れも本当に早くなって参りました。つい先日まで、メニューに「かき氷」が並んでいたのが夢だったような冷え込みです。境内には白萩や孔雀草が咲き、本格的な中秋の到来を感じます。

DSC05941 (500x375)

シルバーウィーク中には沢山の方々にお参り頂き、また「寺カフェ」をご利用頂きました。寺内には爽やかな風が吹き込み、とても過ごしやすく、皆様ゆっくりと過ごされていました。

DSC05939 (375x500)

忙しいなかにも、嬉しくなるようなお客様との交流もあり、思い出に残る連休となりました。ご来寺頂きました皆様に、心より厚く御礼申し上げます。

寺カフェ 秋の装い
2015年 09月 14日

DSC05844 (364x500)

今年名残の「日中友好の朝顔」が咲く、寳勝寺・式台玄関です。ほとんどの花が終わり充実した種を作り始めている中、いちばん最後に苗付けした鉢が今ようやく開花しました。秋の朝顔は昼過ぎまで美しく、カフェに立ち寄られたお客様にも良い姿を見て頂くことができます。

DSC05826 (500x375)

そしてこちらが、最近の寺カフェの内装です。右側に見える行燈は越前和紙工芸師・長田和也氏が製作されたもので、春夏秋冬を問わず一年じゅう寺内に飾られていますが、夏は幽玄で涼やかに、そして秋になると、温かく穏やかな燈火へと変化しているかのように見え、とても趣があります。(「癒し」をテーマとする寺カフェの空間において、日々重要な役割を果たされています…。) また、ランチョンマットを新しくし、季節の雰囲気をより楽しんで頂けるようになっています。

DSC05831 (380x500)

DSC05829 (375x500)

 

DSC05846 (500x374)

本日、極楽寺様にて
2015年 09月 09日

本日は午前中、寺カフェをお休みし、承証寺様と極楽寺様にて行われた「寳勝寺霊園改葬工事説明会」に同行させて頂きました。その折、極楽寺の御奥様より、御本尊・阿弥陀如来さまのお話しをお伺いいたしましたので、ご紹介させて頂きます。

DSC05807 (375x500)

極楽寺本堂に安置された、大きな阿弥陀如来坐像。今から約六百年ほどまえに造られた仏様で、背丈は一丈六尺、「丈六(じょうろく)」の阿弥陀様だそうです。

DSC05808 (375x500)

昔からの逸話に、お釈迦様は身長が「一丈六尺=4メートル85センチ」であったという言い伝えがあり、大きな仏様を造る際のサイズの基準としてこの「丈六」が用いられるようになったそうです。数年前、金箔を貼りなおされたとのことで、歴史深い御内陣の暗さのなかに、荘厳に鎮座しておられました。御本尊の後ろへ回ると、法然上人の像や開基様、歴代住職の御位牌などがお祀りされており、現在の住職は第25世でいらっしゃるとお話しして下さいました。寳勝寺のお隣りの御寺院ですがなかなかゆっくり参拝させて頂くこともできず、今日は本当によい機会を頂きました。また、この寺町寺院群の七十余寺に、大切に守られている仏様が沢山たくさん有ることに思いを馳せますと、改めて、金沢市寺町の独特な清浄感に納得する日となりました…。

 

夏の終わりです・・・。
2015年 08月 30日

DSC05713 (500x375)

8月も終わりに近づき、今日の金沢は久しぶりの大雨模様となりました。気温もぐんと低くなり、寺カフェのお客様が「寒い、寒い。」と言いながら入って来られたほどです。今日はなぜか、ほとんど女性の方ばかり。まだまだ夏休みの続く学生さん達のグループも多く来られました。

DSC05708 (500x369)

上の写真は昨朝の朝顔ですが、涼しくなったとたんに花々が元気になり、いよいよ満開です。葉は少しづつ黄色味を帯び、夏の終わりを感じさせます。

DSC05720 (500x375)

寺内のあちこちに、日中友好の朝顔を飾っています。

DSC05723 (375x500)

また今日は、お手伝いに来て下さっている高倉さんからブラックベリー(木苺)の大きな房を頂き、テーブルに飾りました。この夏さいごの、名残の果実だそうです。

DSC05717 (500x254)

 お客様にも好評で、話に花が咲きます。 

DSC05724 (500x375)

 つやつやとした果実、金魚が泳いでいるようです…

DSC05712 (500x375)

式台前庭からは、リーリー…と秋の虫の声がしています

紅葉葵を発見しました。
2015年 08月 23日

1毎朝、たくさんの花を咲かせている日中友好の朝顔。つぼみの数からすると、これでもまだ五分咲きくらいではないかと思います。

2

美しい朝顔、ツルには、びっしりとツボミがついています。

5

まだまだ夏休み、寺カフェもにぎわっております。下の画像は、緑陰濃く森のようになっている中庭ですが、ふと見ると、信楽焼の夫婦鶴の頭に、花が咲いているような・・・

6

7

8

今年も、大きな一輪のモミジアオイが開花しました。 一年一度、たった一輪ですが、今、中庭でひときわ存在感を放っています!

 

酔芙蓉が咲きました
2015年 08月 16日

DSC05364 (500x365)

お盆休み最終日、16日の朝を迎えました。今日も早朝から観光客が往来し、まだまだ賑わいが続いている門前の通りです。

DSC05367 (500x375)

 

DSC05370 (375x500)

寳勝寺の山門前庭ではいま、酔芙蓉が成長しています。今年で3回目の夏を迎え、いよいよ大きくなって参りました。そして今朝、今季第一輪目となる開花です。

DSC05373 (375x500)

DSC05376 (375x500)

直径10センチをゆうに超える大きな花が咲きました!

DSC05385 (375x500)

根元では、初雪かずらがこぼれんばかりに育っています。

DSC05388 (500x352)

DSC05352 (445x500)

朝顔も、たくさん咲くようになりました。四~五分咲きです。

DSC05355 (500x375)

DSC05361 (500x375)

ほととぎすのつぼみ

 

 

 

 

お盆の寺カフェです
2015年 08月 15日

お盆休みに入り、寺カフェもこの数日は大いににぎわっております。ご家族連れやカップル、熟年のご夫婦、お友達同士、あらゆる国からの外国人の皆様、ご近所の常連の方、そしてお墓参りの檀信徒皆様、、、朝のオープンから午後5時の閉門まで、本当にたくさんの方々が寳勝寺を訪ねられ、お参りをされ休憩して行かれます。連日の喫茶業務の疲労を感じつつも、とても感慨深い思いです。

DSC05340 (500x375)

そんななか、今日は、日頃大変お世話になっております文房流晴心会・野口社中の楠さまと武曽さまが、接客のお手伝いに来てくださいました。

DSC05337 (500x375)

DSC05346 (500x375)

お席へのご案内からお運び・片付けまですべてをエレガントにこなして下さり、本当に心強く有り難いことでした。台所も和気あいあいと明るく、マンバワーなるものを感じる一日となりました。楠さま、武曽さま、本日は誠にありがとうございました。

DSC05334 (500x375)

ゆったりくつろぐ、御香の漂う寺カフェです・・・

Copyright© 2014 臨済宗妙心寺派 太白山 寶勝寺 All Rights Reserved.

〒921-8033 石川県金沢市寺町5丁目5番地76号
電話:076-287-3870