6月, 2018年

第1758話

2018-06-11

2015年8月に撮影しました「日中友好の朝顔」

今年も「日中友好の朝顔」の季節がやってきました。これまでに多くの方々に朝顔の種をお分けし、その都度皆様からは開花状況のお知らせと共に素晴らしいお写真を送って頂きました。本年も寳勝寺で8月に「日中友好の朝顔を愛でる会」を開催する予定となっており、今日は職員の手によって朝顔棚作りが始まりました。

和尚のブログで何度も紹介された朝顔ですが、大変由緒のある品種だけに毎年開花を楽しみにしています。この種は数年前、広島県福山市・中川美術館館長の中川健造氏より、御夫妻が大切に育てて来られた貴重な種を分けて頂いたものです。その後、大安禅寺に持ち帰り見事な花を咲かせました。今では多くの方々に育てて頂いています。今年は寳勝寺山門前より参道脇とふれあいパーク霊苑内にも咲かせる予定ですので、皆様も是非鑑賞頂けたら幸いです。

本日の寳勝寺にて 朝顔ネットの準備をしました

 

2016年7月

2016年7月

大安禅寺参道にて 2016年7月

大安禅寺渓仙舎にて 2016年8月

 

寳勝寺玄関にて 2017年8月

 

2016年 大安禅寺と寳勝寺にて 日中友好の朝顔の会の皆様とともに

 

中国ラストエンペラーの弟君・溥傑(ふけつ)氏が育てていた「日中友好の朝顔」、現在はご息女・福永嫮生(ふくながこせい)様が、日中友好を願って全国に朝顔の輪を広げておられます。気品のある赤紫色の大きな花弁を開く「日中友好の朝顔」! 今から開花を楽しみにしています。友峰和尚より

【日中友好の朝顔】清朝最後の皇帝である愛新覚羅溥儀氏の弟、愛新覚羅溥傑氏(1907~1994)とその妻、浩(ひろ)夫人(旧嵯峨侯爵家令嬢)が毎年愛でられた珍しい朝顔。溥傑氏の妻・浩夫人が1961年、中国に永住する覚悟で北京在住の夫・溥傑氏の元へ戻るときに、日本から朝顔の種を持参され、お二人で愛でられた。ご夫妻亡き後は、日本在住の次女・福永嫮生さんの手によって育てられ、「日中友好の朝顔」と命名して今日まで多くの人たちに分けて来られた。2012年、日中国交正常化四十周年記念の年に、溥傑氏ならびに嫮生さんと親交の深い中川美術館(広島県福山市)館長・中川健造氏より大安禅寺(福井県福井市)の住職へと朝顔の種が伝えられ、兼務する宝勝寺に於いても毎夏大切に育てられている。

第1757話

2018-06-10

沙羅双樹が咲き始めました / 寳勝寺 玄関にて

遠くで雷さんがゴロゴロと鳴り響き今にも雨が降って来そうな、なんとも不安定な天気の日曜日でしたが、皆様にはお元気にお過ごしでしょうか? 台風5号の影響だそうで、どうやら北陸地方も本格的な梅雨に入ろうとしているようです。

 

本日の「楽く楽く法話」にて

午前中に「楽く楽く法話」を催行し、午後からは中陰忌法要厳修と、休息する間もなく法務に専念しました。毎日が多くの方々との出会いの場となっていますが、そろそろコンピュータをフル活用して来客者の名簿整理をしていかねば、和尚の記憶装置も危うくなって来ました! 来客者記録として必ず集合写真を撮ってはいるものの、顔を全て覚えるのは至難の技です。

岐阜県より 笑顔満載の元気な皆様です

 

吉田裕介君 と 真由さん とともに

さて嬉しい話題を一つ、自坊の大安禅寺に引き続き寳勝寺でもお手伝いを頂いた野々市市在住の吉田君がこの7月に結婚されるという事で、ご挨拶に来て下さいました。目出度し!目出度し!です。大安禅寺では長年本当にお世話になりました。多くの卑山職員とも交流が有るので、皆このブログを読んできっと喜んでおられる事と思いますよ。学生さんだった当時を懐かしく思います。「光陰矢の如し 時 人を待たず」で知らぬ間に立派な社会人となって活躍されている様子で、心から嬉しく思いました。吉田君、ご結婚おめでとうございます!万歳! 友峰和尚より

第1756話

2018-06-09

越前松平家第20代当主 松平宗紀様 の 御挨拶

昨晩は旧福井藩主松平家の縁故者で組織する「保寧会(ほねいかい)」130周年記念会が御当主の松平宗紀(むねとし)様ご夫妻御臨席のもと、夕刻5時より福井市・ユアーズホテルで開催されました。和尚も新命副住職と出席し、久しく会員の皆様ともゆっくり歓談することが出来ました。

始めに松平宗紀様が、東京都千代田区にある「霞会館(かすみかいかん)」についての基本理念や現在の活動内容などを説明されました。和尚自身初めて会に出席したのが40年ほど前で、先代実道和尚(父)とともに出席しましたが、この度は玄峰副住職と共に出席し世代交代を感じたものでした。

保寧会幹事 久我 晶 様による活動報告のようす

今朝の花菖蒲園

早朝のバラ園 整備が行われています

一夜明けて土曜日の朝を迎え花菖蒲園をゆっくりと散策し、また妻の管理している薔薇園では、満開となった幾種類もの薔薇の花に圧倒されてしまいました。今度の日曜日には菖蒲、薔薇、紫陽花の総べての花が満開になる事と思いますので、皆様も是非御来園下さい。さて、午後からは寳勝寺ふれあいパーク霊苑で法要が営まれましたが、時折涼しい風が通り抜け、気持ちの良い法要日和となったようです。友峰和尚より

 

合祀墓「宙(そら)」にて 満開のヒメシャラのもと

 

第1755話

2018-06-08

八重咲きのどくだみ草が満開です

 

明日からは梅雨空になるとかで、少し雨が欲しいところです。今日も日中の気温が30℃近くになったとの事、お檀家の皆様にはお元気にお過ごしでしょうか? まもなく7月のお盆月(おぼんつき)を迎える為、卑山事務局では職員が盂蘭盆・大施餓鬼会の案内状を作成しています。今年はふれあいパーク霊苑でも初めての「合同慰霊祭」を執り行う予定ですので是非御参加頂きたいと願っています。ふれあいパーク霊苑は7月で施工一年目を迎えるわけですが、苑内も整備が進み薔薇を始めとした色とりどりの季節の花が咲き競っています。特に山門入口から霊苑に至る参道脇には日本古来の御茶花が訪れる人の目を引いています。

 

 

さて、毎日来客が絶えませんが、今日は㈱松浦建設の吉田専務様が来られ、しばし歓談しました。本日は越前松平家にご縁を頂く集まり「保寧会(ほねいかい)」が御当主ご臨席のもと開催予定となっており、その会合に出席するため一時帰郷します。歳が行けば行くほど、これまでの多くの方々との御法縁を大事にしていきたいと念じて止まないものです。友峰和尚より

もういちど 笑顔で撮り直しのようすです

第1754話

2018-06-07

くちなしが咲き始めました / 寳勝寺玄関にて

寳勝寺に御来寺下さった方々には記念撮影をお願いしているのですが、その場合、笑顔で撮りましょうとお話ししています。しかし、急に「笑顔で」と言われてもなかには不得手な方もおられ、何度撮ってもまるで証明写真のように緊張される方も多く、何度も取り直ししながら笑顔の写真をブログにアップしています。さて今日はどうだったでしょうか? 

㈱豊蔵組の江川部長さんと香林さんが、先日お願い申し上げた自坊で開催されている「花菖蒲祭」御協賛のことで来寺下さり、さっそく写真を撮りました。いつの時代も、写真はその日の記録を残すためには不可欠の優れものですから、後々になって写真を見るだけでその瞬間の状況が蘇えって来るものです。香林さんは写真が苦手だそうですから「笑顔」となると尚更の事です。でも今日は上手くいきましたね。合格ですよ!

 

江川部長さんからもお見舞いの言葉を掛けて頂きましたが、昨日は両膝関節炎のため川北整形外科を訪ね、帰り際には沢山のお薬を頂きました。嬉しいやら悲しいやら? 薬の山を見ているだけで、いかに和尚も高齢者の仲間入りしたかを自覚するものです。痛めた関節も「クスリさん」のおかげで今日は痛みも静まり一安心、思わず「クスリ」とほほ笑んでしまいました。ピコ! 友峰和尚より

第1753話

2018-06-06

ラベンダーの開花 / 寳勝寺玄関にて

実に情けない話ですがやはり寄る年波には勝てず、関節の痛みが全身に走り、満を持して掛かり付けの川北整形外科医院を訪ね早速診察してもらいました。花菖蒲園整備の仕事は年齢的に最早限界に達している様子で、今回は遂に両足膝関節が悲鳴を上げてしまいました。毎年この時期になると必ず病院通いが始まるのも恒例となって来たようです。不思議なもので、病院から戻る頃には痛みもどこへやら、「ちちんぷいぷい」の鎮痛注射には驚いてしまいます。

修復予定工事の打ち合わせ / 寳勝寺 本堂上の間 縁側にて

午後からは寳勝寺の最終的な補修工事について、金沢市歴史都市推進課の大蔵康生氏ならびに(有)山本製材の山本博之氏とで打ち合わせが行われ、今後の進め方について話し合われました。来年の9月着工実現に向けて、今後も努力したいと念じています。和尚自身の身体が加齢とともに不調となって行くように、何百年も経過した伝統的建造物は尚更のこと補修が大切ですね。この世はすべてが「一即一切(いっそくいっさい)」の理(ことわり)だから頑張らなくちゃいけません。

山本製材 山本社長様と 金沢市 大蔵様との打ち合わせ

庫裡の外壁を視察されているところ

本堂裏側の外壁を視察されているところ

 

金糸梅が咲き始めました / 霊苑入口にて

 

 

さて、三重県在住の加藤さんより、近況を伝える嬉しいお便りと珍しい御品物が届けられました。とっても有り難うございました。いつも和尚のブログを見て下さって有り難う!お互いに元気いっぱい頑張りましょ!負けたらあかん!負けたらあかんで! 和尚自身の身体の痛みを皆様の心の痛みと感じとって頑張って参りたいと思っています。友峰和尚より

第1752話

2018-06-05

今年の9月15日(土)より11月11日(日)まで開催予定の「東アジア文化都市2018金沢現代美術展」に、兼務寺院・少林寺も協賛する事になりました。本日は9時半より共催者である金沢21世紀美術館の黒澤学芸員始め関係者の方が現場視察に来られ、和尚も立ち会いましたが、この行事は21世紀美術館をメイン会場に、市内商店街並びに野町寺院群など約15か所で開催されるそうで、このたび美術館からの依頼を受けて少林寺本堂を作品展示会場として提供する事にしました。

美術展事務局の沢井様とともに 詳細打ち合わせのようす

今回の展覧会テーマは「変容する家」だそうです。アジア3か国の作家たちが出品しますが、少林寺では大変有名な現代中国人芸術家・宗冬(そんどん)氏が「禅」をテーマにした作品を展示する予定だそうで、和尚も今から楽しみにしています。宗冬(そんどん)氏のコンセプトによりますと、「寺の歴史や外観、構造を尊重しながら現代美術の作品を通して、「家」と「禅寺」との間に、ある共鳴を創り出したい」と有ります。果たしてどのような展示発表になるのでしょうか。これからの寺院の活用の有り方も模索して参りたいものです。

少林寺檀信徒の桑島様とともに

さて美術展打ち合わせと時を同じくして、少林寺お檀家の桑島様も御親戚の方と共に来寺され、帰りには寳勝寺に立ち寄って下さいました。桑島様曰く「今の高齢者は《教育》が大切」だとか? 「えっ?どういう意味ですか?」「思い立ったらすぐに行動する!いわゆる《今日行く!》」だそうです。成る程!座布団一枚!って。今日は思い立ってお二人で御先祖の事を調べに来られたとの事でした。少林寺のお檀家様との交流も愈々広がりを見せ始めています。友峰和尚より

第1751話

2018-06-04

このところ良いお天気が続き、今日は日中の気温が27度まで上がり蒸し暑い一日となりました。皆様にはお元気にお過ごしでしょうか? 毎日とっても気になる花菖蒲の成長を視察する為、いったん金沢から自坊に戻って今日は終日園内整備に入りました。いや~、いいですね、最高ですよ! 父とともに子供の頃から畑作業や稲作に林業にと、本当に多くの経験を積んで来れたことを今、有り難く感じています。和尚にとって「土作業」はお得意の分野ですから、園内の整備をしていると本当に元気が出て来ます。

大安禅寺責任役員総代 藤田通麿様とともに

古稀御祝の御礼の品をお渡ししました

大安禅寺 薔薇園にて

今日は、花菖蒲の苗に「元気の出るお薬り」を散布しました。花はまだちらほら咲きですが、今度の日曜日には五分咲ぐらいまでになると思います。ブログをご覧頂いている皆様! 和尚が手塩にかけている花菖蒲です、是非ご来園くださいね。妻の手掛ける薔薇園も素晴らしい出来栄えです。

花菖蒲 に 栄養剤を与えました

さて明後日からは雨になるとか? 嬉しいですねグッドタイミングです! 雨を受けた花菖蒲はこれまた一気に開花していきます! 人も、花も、自然の営みと共に心の安らぎを感じていくものですね。友峰和尚より

第1750話

2018-06-03

今朝の寳勝寺 法話参拝団体をお迎えする準備中

昨日の「ファンタジーオンアイス2018イン金沢」、羽生結弦選手の演技鑑賞の興奮冷めやらぬなか朝を迎えたわけですが、金メダリストのもの凄さを目の当たりにした昨日のスケートショーでした。もちろん安藤美姫さん、織田信成さん、鈴木明子さん、プルシェンコ氏など蒼蒼たるアスリートの登場でしたが、羽生選手は風格といい、スタイルといい、風貌といい、すべてにおいてオーラに包まれていました。また、出演アーティストとしてケミストリーとMayJ.が演技に花を添えていました。世界の頂点を極めたアスリート達が次々と演技する様は圧巻で、直で鑑賞するのとテレビなどで見るのとではの雲泥の差が有ります。羽生結弦選手が4回転ジャンプを見せましたが、如何に難しい技であるか納得した次第です。さて、本日午前中には寳勝寺での「楽く楽く法話」を催行しました。

最後に 社長様はじめ職員の皆様と記念撮影をしました

伊勢から来寺された会社の団体様でしたが、以前にも自坊の大安禅寺でも法話を聞かれたそうで楽しくお話しさせて頂きました。ご縁の広がりが金沢にまで及んできた昨今です。金沢百万石まつりも今日が最終日、今年は大変良いお天気に恵まれたお祭りとなったようです。友峰和尚より

長川さんご夫妻とお母様とともに

第1749話

2018-06-02

 

快晴となった本日、金沢百万石まつり時代行列が行われるなか、午後2時よりいしかわ総合スポーツセンターで「ファンタジーオンアイス2018 イン金沢」が開催され、つい先日国民栄誉賞受賞が決定したばかりの羽生結弦選手が出場するとあって、道路は大混雑、駐車場も満杯でした。久しぶりの休息をもらい妻と鑑賞しましたが、オリンピック2大会金メダリストの羽生選手が登場すると、場内が割れんばかりの悲鳴にも近い声援が送られました。流石に王者! 

 

「ファンタジーオンアイス2018 イン金沢」会場にて  開演を待っているところ

ふれあいパーク霊苑にて

 

さてさて、ファンタジックショーはどうだったかって? 何も言えねー! そっと目を閉じてブログを閉じましょう。皆様とは明日またお目にかかりましょうね。ピコ! 友峰和尚より

     

 

« Older Entries Newer Entries »

Copyright© 2014 臨済宗妙心寺派 太白山 寶勝寺 All Rights Reserved.

〒921-8033 石川県金沢市寺町5丁目5番地76号
電話:076-287-3870