寶勝寺日誌

竹筆での色紙揮毫2
2014年 09月 27日

 

SONY DSC

本日は、昨日住職が竹筆で揮毫された色紙をご紹介させていただきます。

SONY DSC「露 堂々」(ろ どうどう)… 堂々と露(あらわ)れている、の意。真理は奥深く、容易くは見られるものではないと思われがちであるが、実際は全くあからさまであり隠れてなどいない。「明歴々 露堂々」

SONY DSC「無 暦日」(暦日無し/れきじつなし)… 「山中暦日無し」、月日の移り変わりにも頓着せず、悠々自適に日々を楽しんでいる境涯。

SONY DSC

「一華開五葉」 (一華五葉を開く/いっけごようをひらく)… 「一華五葉を開き、結果自然に成る」、一輪の花が五つの葉を茂らせ、放っておいてもその実は自然に実る。仏法が代々に受け継がれ隆盛すること、広くは家業や子孫の繁栄を願う祝語。

SONY DSC

「壺中天」(こちゅうのてん)… 「壺中の天地」ともいう。「壺中」とは中国の寓話に出てくる仙人が壺の中に住んでおり、その中は広大で美しい世界だったことから「別天地の仙境」を示す。

SONY DSC「紅葉舞秋風」 (紅葉 秋風に舞う/こうよう しゅうふうにまう)… 紅葉が吹く秋風に散りながら舞っている。ゆく秋の風情。

SONY DSC

「風竹如流水 (風竹 流水の如し/ふうちく りゅうすいのごとし)… 「風竹」とは、竹がさらさらと風にそよぐ音のこと。「流水」とは、ここでは格調の高い音楽、「流水韻」を指す。竹が風にそよぐ音が、清らかな音楽のようであるさま。

 

SONY DSC SONY DSC

「竹 起清風」 (竹 清風を起す/たけ せいふうをおこす)

 

 

SONY DSC SONY DSC

「竹 葉々舞」 (竹 葉々舞う/たけ ようようまう)

 

※禅語の解説文は、「茶席の禅語大辞典」(淡交社)より引用させて頂きました。

最後は「竹」の作品を集めました。竹筆独特のかすれで「竹」は本物の竹の姿のようですが、同じ「竹」でも書体によって、笹竹のようにも孟宗竹のようにも見えます。

来る10月のサラ・ローレンス大学個展には、掛軸などの大作のほかにも色紙作品も多く送られることになっています。アメリカへ渡る前に、寳勝寺日誌から作品をご紹介させて頂きたいと思っておりますので、ぜひご覧になってください。

 

竹筆での色紙揮毫1
2014年 09月 26日

SONY DSC

ただいま見頃を迎えている酔芙蓉

今日は快晴の予報でしたが、ときおり小雨の降るあいにくの曇り空です。連休を過ぎ、観光もやや小休止の様子ですが、宝勝寺には今日も住職を訪ねてお客様が見え、会合が行われています。

SONY DSC

午前中には、いよいよ10月中旬から着工予定となっている第2期本堂修復工事の打合せが行われました。松浦建設㈱の東野様より大凡の日程をお伺いし、現在、段取りを立てているところです。

SONY DSCその後、先般から進められている看板と広告の打合せのため、須貝様が御来山くださいました。デザインの詳細な調整をしています。

SONY DSCまた本日は9月20日に引き続き、秋季彼岸供養のお申込みを頂きました檀信徒様御家先祖代々のご供養が執り行われました。

SONY DSC

今日はお彼岸明けです。はからずも、寺内では扇風機や夏用座布団を片づけ、秋冬のしつらえに移行しました。本能的に(?)暑さ寒さも彼岸までということでしょうか。

SONY DSCまた住職は午後から、庫裡の一室にて色紙揮毫に専念されました。竹筆を用いて、一作品、一作品、ゆっくりと丁寧に書かれています。

SONY DSC

「無 暦日」

SONY DSCまた、「無 暦日」。納得のいく作品ができるまで、何度も同じお言葉を書かれます。

SONY DSC

「竹 起清風」

何十枚も揮毫された中から、十枚の色紙を選出されました。明日、作品をメインにご紹介させていただきます。

SONY DSC

 

 

 

 

 

 

 

 

明日からの3日間も・・・。
2014年 09月 23日

SONY DSC

菓子は「おはぎ」を御用意いたしました。ころころのお月様のようなおはぎです。

お彼岸お中日の今日、寺町の多くのお寺で行事や報恩講が行われています。ふだんは夕方聴こえてくるお鐘の音が、午前10時・午後1時と何処からか響き、”これから行事が始まるのだな”と知らせてくれます。「秋のお彼岸」というと現代では「9月23日」のお墓参りの風習のみが残っていますが、江戸時代以前の昔むかしは、お中日とその前後3日間を足した7日間を、読経や写経などの仏道修行をし心身を調える期間とされていたそうです。それを学んでからというもの、お正月と同じように”節目”の静かな心境でこのお彼岸一週間を過ごしたいと思っていましたが、瞬く間にお中日(第4日目)を迎えることとなりました。

「彼岸」はインドの古い言葉「パーラミター(波羅蜜多)」の漢訳で、「此の岸~迷いの世界~」から「彼の岸~悟りの世界~」へ到る、そのための方法、という意味だそうです。中でも六波羅蜜が有名で、その内容とは、1.布施(ふせ)・惜しい欲しいと思わず、相手のために心を尽くすこと。2.持戒(じかい)・我をつつしみ、謙虚になること。3.忍辱(にんにく)・思うようにならない時も、諦めず卑屈にならず耐えること。4.精進(しょうじん)・地道に努力すること。5.禅定(ぜんじょう)・外境や迷いに振り回されず、心を落ち着けること。6.智慧(ちえ)・仏の教えに従いあるがままを受け入れ、正しい判断をすること。以上の6つを実践することが、悟りの世界に到達するための方法であると説かれています。一千年以上も前に唱えられ始めた言葉が今も的確に人間の心を導いてくれることに、お経の凄さを感じます…。

明日からの3日間も、まだ「お彼岸」です。いま一度気持ちを改め、波羅蜜多の心で過ごして参りたいと思います。

 

お彼岸の白萩
2014年 09月 22日

SONY DSC

中庭の白萩

穏やかな晴天の毎日です。明日はお彼岸のお中日、宝勝寺の霊園にも檀信徒様はじめ皆様がお墓参りに来られています。中庭には秋の陽が後光のようにふりそそぎ、白萩や藤袴、ホトトギスが輝いています。

SONY DSC SONY DSC

いつまでも眺めていたい中庭ですが、実は最近、写真を撮るのも決死(?)の覚悟です。というのも、今季スズメバチとくまんばちの保養地になっているようで、次々往来して飛び交っています。

SONY DSC元気に飛び回る、くまんばち。

こちらは大変警戒していますが、ハチにはお花しか見えていないのかもしれません…。お客様が歩く本堂前庭にも萩や花々が咲いていますが、不思議と正面側には居ない様子です。スズランが赤い実をつけ、秋の良い枯れ庭になってきました。

SONY DSC

SONY DSC

そんななか、今日は、石川県庁・観光振興課の皆様が取材のため御来山下さいました。寺カフェ室間の撮影をされ、歴史や見どころ・カフェの内容について取材してくださり、後日、観光ホームページに掲載して下さるとのことです! 御来山、誠にありがとうございました。

SONY DSCお顔がわからない程度に・・・、とのことで、小さく写真撮影。

SONY DSC

先日、住職が植えられた桔梗の鉢。

SONY DSC

昨年、奥様が植えられた孔雀草です、薄紫の清楚な花が咲き始めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

本日の御来客~千客万来です!~
2014年 09月 19日

SONY DSC

本日も終日、住職を訪ねてたくさんのお客様がお見えになりました。嬉しいご縁、不思議なご縁、昔むかしからのご縁?で宝勝寺へご来山下さいました皆様です。まず、朝には、竹筆の釈迦院時雄さまがご来山くださいました。先日、釈迦院さまが登場されている回の住職ブログを印刷してお持ちしたところ大変喜んでくださり、さっそくに住職とご歓談下さいました。

SONY DSC

IMG_1010

SONY DSC

釈迦院さまからご寄贈頂いた大竹筆を用いて作品制作されている住職の写真をご覧になり、”極意”を静かにお話しされています。「四角い容器に墨汁を溜め、斜め45度で穂を浸し・・・」、いつも柔和な笑顔の釈迦院さまですが、竹筆のことでは眼差し鋭く、言葉の一つ一つが奥義です・・・。

SONY DSC

その後、宝勝寺責任役員総代様の御子息・須貝さまが御来山下さり、「寺カフェ」看板の打ち合わせが行われました。色々なデザインや企画をご提案下さり、10月上旬に第一弾の看板が設置されることになっています。

SONY DSC

打ち合わせのあと、みかん大福を召し上がられ御休憩中です…。

SONY DSC

午後からは、北海道より中村様が御来山下さいました。中村様は加賀藩前田家の家臣の末裔で、住職が兼務しておられる瑞光寺(金沢市本多町)に先祖代々のお墓があります。この度はご自身の家系調査のため来沢されており、宝勝寺にもお立ち寄りくださいました。

SONY DSC

夕方には、墓地改葬工事計画にてお世話になっております西野様と、ご友人の田中様が御来山下さいました。田中様は金沢市にお住まいですが福井にも縁があり、また禅に大変関心を持っておられ、住職と大いに盛り上がって懇談されていました。

皆様、本日は御来山くださり誠にありがとうございました。

本日の御来客
2014年 09月 18日

SONY DSC

 

今朝の宝勝寺です。酔芙蓉が新しい花を咲かせ、一方では朝顔が黄色く落葉し、初秋の清々しい山門前。ちょうど一年前の植栽の頃が思い出せないほど、良い景色になっています。

SONY DSC

写真を探してみたところ、昨年の9月19日、いよいよ更地になったところでした。

SONY DSC

その後、春夏秋冬、花の庭に、、ただいま酔芙蓉が見頃を迎えています。

SONY DSC

本日は、羽咋市より中越様ご夫妻とご親戚の成田さまがお越しくださいました。涼しい午後のひととき、お話しは尽きず久しくご歓談されておられました。ご来山、誠にありがとうございました。

 

 

 

三連休も最終日の今日
2014年 09月 15日

SONY DSC

三連休も最終日の今日、金沢市内ではジャズフェスタが開催されていることもあり、多くの観光客が往来しています。少し肌寒いほどの快晴で、寺カフェにもお客様が集い朝からゆっくりされている様子。一昨日の御法事の際、檀信徒様がご仏前にお供え下さった白百合が大きく開き、堂内は花の香りに満ち満ちています・・・。

SONY DSC

SONY DSC「一華一葉活如来」

今秋、寳勝寺の前庭は「秋明菊(しゅうめいぎく)」が旺盛に育っています。白、桃色、濃桃の八重咲など、背丈も大きく育っています。

SONY DSC SONY DSC

 

SONY DSC

SONY DSCSONY DSC

SONY DSC

ただいま「ガーデン&寺カフェ」の最もよい季節を迎えています。

 

 

 

「夕方寺カフェ」の季節です。
2014年 09月 10日

SONY DSC

すっかり秋めいて参りました。夏の賑わいもひと段落ですが、最近は午後3時頃からのお客様が多く、「夕方寺カフェ」になっています。

SONY DSC

不思議なことに、今の季節、お庭も夕方がいちばん美しく感じられます。斜陽に照らされた花が、庭に浮かぶようにキラキラ輝いています。人も草花も「秋は夕暮。」でしょうか。

 

SONY DSCSONY DSC

 

 

宝勝寺の秋・野草図屏風
2014年 09月 07日

SONY DSC

寳勝寺・秋野草図屏風 / 石川県立美術館へ寄託

今年の二月ごろ、石川県立美術館へお伺いした際の写真です。涅槃図とともに、寳勝寺の宝物として秋の草花を描いた屏風が寄託されているとのことで拝見させて頂きました。高さはおおよそ120センチほどで、右側から左側へ、秋から冬への草木花が自然のままに描かれています。

SONY DSC落款は「伊年」とあります。(伊年とは俵屋宗達の流れを組むことを証明する”屋号”のような印とのこと)

SONY DSCSONY DSCSONY DSC美術館の方のお話によると、おそらくもう一双、春から夏にかけての野草図屏風があり、二双一対の「四季野草図屏風」だったのではとのことでした。しかしなによりも驚きましたことには、この「秋野草図屏風」に描かれている植物のほとんどが現在の寳勝寺の秋の景色にも登場することです。

SONY DSC 菊、りんどう

SONY DSC

 

SONY DSC

SONY DSC

白萩、すすき

SONY DSC

 

 

 SONY DSC

芙蓉

SONY DSC

 

SONY DSC

南天と水仙

SONY DSC

 SONY DSC

 藤袴と紅い葉のつる / 藤袴も秋の中庭に咲きます

SONY DSC

時代は四百年ほども移り変わりましたが、お寺が守られてきたことと共に愛でられている自然の景色もほとんど変わっていないことが伝わり、大変感動いたしました。

 

 

酔芙蓉の色変化です。
2014年 09月 03日

 

SONY DSC

SONY DSC

今朝の寳勝寺です。昨日ご紹介させていただいた酔芙蓉のつぼみが開き、大きな白花がお目見えしました。直径10センチほどの大きな花ですが、その色や造形はなんとも繊細です。

SONY DSC

このお花は、朝は純白で開花し、時間が経つにつれて徐々に赤みを帯び夕方には紅色になることから、「酔」芙蓉という名がついたと言われています。夕方、寺カフェを終了して再び花を見ますと、なるほど鮮やかな紅色に変化していました。

SONY DSC

寂しいことに酔芙蓉は一日花の為、この花は今日限りで萎んでしまいます。 しかしながら、宴たけなわでも潔くシュルシュルと閉じていく形が可愛らしくも感じられました。手を振って去っていくような姿です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright© 2014 臨済宗妙心寺派 太白山 寶勝寺 All Rights Reserved.

〒921-8033 石川県金沢市寺町5丁目5番地76号
電話:076-287-3870