寶勝寺日誌

やまあじさい”七段花”
2014年 06月 21日

土曜日の寺カフェです。

最近では地元の方も来て下さるようになり、有難いことです。

観光客では、年齢層は若い学生さんや20代カップルが多いのですが、地元からは御年輩女性の方々にご好評頂き、リピーターも増えて参りました。カフェとしている室間には日頃ご紹介している季節の花々をたくさん生けていますが、それも女性陣の心を掴んでいるようです。

そんな折、お客様が「七段花(しちだんか)が生けてあるわね。」と花瓶を指さして言われるので、お聞きしたところ、

SONY DSC

この、青い山紫陽花のことを ”七段花” と呼ぶそうです。江戸時代の文献にも残っているものが、一時代は失われて”幻の紫陽花”と言われていたと教えてくださいました。寳勝寺の中庭では、見事に満開になっています。

SONY DSC

引用・・・江戸時代、シーボルトが著書『日本植物誌(フロラ・ヤポニカ)』で紹介しましたが、その後、日本人のだれもがその実物を見た人がなく、”幻のアジサイ”とよばれて長い間さがしつづけられていました。ところが、昭和34年(1959)に、たまたま六甲ケーブル西側で神戸市立六甲山小学校の職員が、発見し採取しました。それはシーボルトが紹介して以来約130年ぶりになります。「シチダンカ」は、ヤマアジサイの品種で装飾花が八重になったもので、質素な野生味のある花で江戸時代から栽培され、茶花などに使われていました。江戸時代に、星型に咲くヤマアジサイの八重のものを「七段花」と呼んでいたものが失われて幻の花となったそうです。

 

お花を学んだことと共に、お客様と近しく交流できた事もとても嬉しく、私も”七段花”の大ファンになりました。寳勝寺の木は大きく青々と茂り、これまでも大切に育てられて来たことが伺えます。真夏の季節も水やりを欠かさず、大切に継承していきたいと思っています。

 

 

 

 

寳勝寺でも・・・
2014年 06月 18日

SONY DSC

寳勝寺に帰って参りました本日です。

山門の前庭では、大きな花菖蒲が開花していました。

SONY DSC

金沢市内の多くの家々では、「和」の園芸植物がたくさん育てられています。

朝夕はさみを携えて熱心に庭に出ている愛好家の皆様をよく見かけますが、さすがに花菖蒲はありません。

現在、寺の山門から入口にかけては珍しい品種の鉢植えが並べられており、街の方々にも愛でて頂いています。

SONY DSC

サッシ工事中の中庭にも・・・

先日から、サッシの取り替え工事が行われています。

寺町在住の大工さんが来られ、ただいま工事進行中です。

SONY DSC

連日、草木花の開花をお伝えしていますが、庫裏側では住職お手植えの”茄子”の花が咲きはじめました。

花菖蒲・紫陽花とともに、茄子も梅雨の紫花だったのだと再認識です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大安禅寺・花菖蒲祭へお伺いしました!
2014年 06月 17日

 

 

休寺日となりました本日は、休暇をいただき福井・大安禅寺の花菖蒲祭へお伺いしました。

SONY DSC

曇り空で時折涼風が吹きこみ、絶好のお花見日和です。

平日にもかかわらず、観光バスと自家用車で駐車場は満杯でした。

SONY DSC

いつお参りしても、清浄な空気に満ちた境内です・・・

ご挨拶させて頂きました後、さっそくに花菖蒲園へ。

SONY DSC

たくさんの品種が咲き、ただいま見頃です!

八ッ橋の入口では、来園者をお迎えする真紫の花菖蒲が咲き誇っていました。

きれいです!

SONY DSC

続いて、奥様が作庭され、今年から開園されたバラ園へ。

贅沢にも、オーナーである奥様がご案内してくださり、丁寧なお花の解説に聞き入りながら、ひとつひとつゆっくりと鑑賞させて頂きました。

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

 

真紅やピンク・薄黄色など。

写真以外にも、まだまだたくさんの品種が植えられています。日本はもちろんフランス・アメリカ・ドイツ原産とお国柄によって花形も違い、とても見ごたえがあります。バラのほかにも、クレマチスやハーブ、なつゆきかずらなど初夏の花がたくさん!

SONY DSC

 

花菖蒲園や境内を巡るように育てられている紫陽花も、

見事に満開になっています。

SONY DSC

SONY DSC

山から降りてくる涼風と爽快な青色で、

梅雨の暑さを忘れるひとときでした・・・。

SONY DSC

山と緑と花とお寺、

その後、帰宅してからも空中庭園を散歩しているような清々しい心地です。

本当にありがとうございました。

 

皆様もぜひ、大安禅寺花菖蒲祭へ御参拝ください。

花菖蒲もバラもたくさんのつぼみがついていましたので、まだまだ見頃が続くことと思います。

 

 

 

 

 

 

 

ステキなお手紙を頂きました。
2014年 06月 16日

SONY DSC

寺カフェに、一通のお手紙が届きました。

御手製デコレーションの素敵な封筒です。

SONY DSC

送って下さったのは、2週間ほど前に寺カフェへお越し下さった小松市在住のご夫婦でした。

石川県立美術館へ「日展」を見に行かれた帰り、なにげなく立ち寄られたそうですが、寺カフェを大変気に入られ「良いご縁を得ました、また伺います。」と言ってくださったのがとても嬉しく印象的でした。

お手紙の最後には、”宝勝寺と寺カフェをお守りください”と有り、本当に身の引き締まる思いです。

さっそくに、お返事申し上げたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

新しい開花です。
2014年 06月 15日

SONY DSC

6月に入り連日、初夏の新しい花が開花しています。 今日は、昨年奥様が植えられた桔梗の苗が大きく成長し、第一輪を咲かせました。

 

SONY DSC

 

中庭では今、桃色と白色の撫子とともに、花菖蒲も咲き始めました。 こちらは、昨年、住職が大安禅寺花菖蒲園の苗を直植えされたものです。

ただ今、大安禅寺の花菖蒲園が見頃を迎えているとのことで、はるばる寳勝寺へ届けられた株も大きく育って開花目前です。

 

SONY DSC

本堂の前にひっそりと咲き始めた ”糸葉ハルシャギク” です。

 

 

SONY DSC

あちこちに咲くカタバミ。

先日、ご先祖の系譜をたどって寳勝寺へ来られた方の御家の家紋が”カタバミ”だというお話しをされていたところでした。

 

 

SONY DSC

 

花後の緑もたいへん美しく、庭というより、寺を守る小さな森が造られているようです。フトイ、シダ、どくだみ、草藤、京かのこ、アスチルべが茂っています。

 

 

第20回「寺町寺院群を巡る会」が開催されました!
2014年 06月 14日

 

SONY DSC

連日の大雨が一転して、快晴の土曜日となりました本日。 寳勝寺では午後3時より、「第20回・寺町寺院群を巡る会」が開催されました。

主催されているのは、”寺町台まちづくり協議会”で、寳勝寺も会員として参画しています。今日は、地域の約70名の皆様が参加され、午後1時半からお向かいの本長寺様を拝観されたのち、寳勝寺へ御来山下さいました。

 

SONY DSC

SONY DSC

 

会では始めに、住職が、寳勝寺の歴史説明と法話をされました。

上の写真では、御内陣の前にて、本尊・聖十一面観世音菩薩坐像について説明されています。

 

 

SONY DSC

寳勝寺開山・千岳宗仭禅師の頂相(肖像画)について説明される住職

SONY DSC

お話が歴史説明から法話になると、堂内には笑顔・笑顔。

住職は、現在金沢市の助成を頂きながら寺を修復していることや、寺カフェなどの活動を通して、今後いっそう地域と交流していきたいとお話されていました。

 

 

SONY DSC

住職のお話しの後、金沢市役所・歴史建造物整備課の新保さまより、寳勝寺の建造物のことや、修復の経緯についてのご説明がありました。

 

 

SONY DSC

自由拝観時間のようす

SONY DSC

寺カフェを見学される皆様。カフェは一時閉店中です・・・

SONY DSC

立ち止まり、茶室の墨蹟を鑑賞される参加者の男性

SONY DSC

地元新聞社の取材中、参加者の皆様と親しく歓談される住職。

「法話、楽しかったです!」「やっぱり笑顔が一番ですね。」

と、お声をかけてくださる皆様です!

 

寺内拝観の後には、境内にて昨年修復された外壁や基礎についての説明が行われました。

 

SONY DSC

静かに説明を聞かれる皆様。

SONY DSC

 

地元の歴史や文化財を愛する熱意が、とてもありがたく感じられた会合でした。

参加者の皆様には、誠におつかれさまでございました

 

SONY DSC

 

 

ホームページが新しくなりました!

SONY DSC

3日間ブログをお休みしているうちに、

寳勝寺中庭のくちなしが開花しました。やさしい芳香が漂っています。

 

 

【ご挨拶】

 

いつも寳勝寺のホームページをご覧いただき、厚く御礼申し上げます。

このたび「友峰和尚のちょっといい話」が第300話となりましたことを機に、ホームページをリニューアルさせて頂きました。

これからも住職ブログを中心に、寳勝寺での出来事や新着情報・お庭や寺カフェの様子をご紹介させて頂きたいと思っております。

歴史や宝物、住職の墨蹟・禅アートのコーナーも随時追加更新させて頂きますので、是非ご覧になって下さい。

 

今後とも引き続き御愛読賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

(寳勝寺事務局・山口)

 

 

23 / 23« 先頭...10...1920212223

Copyright© 2014 臨済宗妙心寺派 太白山 寶勝寺 All Rights Reserved.

〒921-8033 石川県金沢市寺町5丁目5番地76号
電話:076-287-3870