寶勝寺日誌

無事円成いたしました!
2014年 07月 07日

 

 

SONY DSC

「七夕の夜のキャンドル寺カフェ」、本日無事円成致しました。ご来場下さいました皆様、誠にありがとうございました。

SONY DSC

平日にもかかわらず、100名近い皆様がお越し下さいました! / 住職の七夕法話のようす

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

夕方からはお天気にも恵まれ、たくさんの皆様にお越しいただき、

またご協力ご加担頂き深く感謝申し上げます。詳細は明日のホームページにてご報告いたします。

誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ明日、七夕夜カフェです!
2014年 07月 06日

いよいよ明日、「七夕夜カフェ」を迎えます。

今日は寺カフェ終了後の午後4時に、桂岩寺のご住職様とキャンドルアーティストのhiromiさん、「あるんけ金沢」の前田さんと森さんが来山され、本堂の設え準備をお手伝いして下さいました。内陣には美しいキャンドルアートがセッティングされ、リハーサルも行われました。その様子をご紹介したいのですが、今日はガマンです。明日は雨の予報ですが、寳勝寺で荘厳な天の川をご覧いただけることと思います。本番では写真を沢山撮影して御報告させていただきますので、七夕夜カフェにお越し頂けない皆様もどうぞお楽しみにお待ちください。七夕夜カフェが無事円成しますように・・・

SONY DSCのかんぞうが咲き始めています。/本堂前庭、月桂樹の下に

 

 

 

 

七夕祭のまえに、収穫祭です。
2014年 07月 04日

まもなく7日は七夕夜カフェ、そして、その後には大切なお盆の行事が控えており、準備に慌ただしく過ごしております。次々と咲く庭の花々や日々成長する朝顔をゆっくり観察できず残念に思っていたところ、今日は思いがけずうれしい出来事がありました。

SONY DSC

先日、住職が御手植えされたピーマンの苗木。

特別な事も無く、いつしかお寺の景色に溶け込んでいましたが・・・

SONY DSC

ふと気づくと、小さな苗木に大きなピーマンが実っていました!小さな植木鉢の中で、力の限りひとつの実を大きく育てたかのような姿に感動です。

SONY DSC

さっそく住職が収穫されました。「ありがたく頂きます。」と住職。

SONY DSC

収穫されたピーマンは、寳勝寺台所の韋駄天さまに御供えされました。七夕夜カフェまではあと二日ばかり、精いっぱいの準備をして皆様をお迎えしたいと思っております。今日はピーマンに励まされた日となりました。

SONY DSC

寳勝寺中庭の下野(しもつけ)

 

 

7月1日、NYに向けて。
2014年 07月 01日

SONY DSC

寳勝寺・中庭のアガパンサス

SONY DSC

数日、忙しくしておりました間に、夏の花が次々と開花していました。7月1日を待っていたかのような、一斉の開花です。アガパンサス、擬宝珠(ぎぼし)、底紅むくげ、ノウゼンカズラなどが咲き、真夏の到来を感じます。

SONY DSC

そんななか、寳勝寺ではグリフィス博士のご子息・ジン氏による、住職の墨蹟撮影が行われました。来る10月22日より28日まで、ニューヨーク州ブロンクスビル、サラ・ローレンス大学で行われる個展の準備が進められています。

SONY DSC

作品一点一点を丁寧に撮影されるジン氏 / 寳勝寺応接室にて 

SONY DSC

額や屏風・掛け軸など、撮影は終日続けられました。真夏の到来と共に、秋のNY個展準備も本格始動です!

SONY DSC

 擬宝珠、天蓋百合、紅色蛍袋など / 本堂前庭にて

 

 

 

 

 

夏を楽しむ風情にマレーシアのお坊様も…
2014年 06月 23日

 

SONY DSC

爽やかな涼気の日となりました。今日は、まもなく宝勝寺に訪れる夏にふさわしい新しい風情のご紹介です。上の写真中央、下あたり・・・

SONY DSC

昨日の「ちょっといい話」に登場しました大安寺観光協会さまの ”結び苔玉” が、県境を超えて宝勝寺へ届けられました!

住職が、寳勝寺カフェにと購入して下さった苔玉です。

SONY DSC

葉の形を見ると、ミズキの種類でしょうか?

小樹と苔の見事なバランス、空間。

日本独特の美の世界が造り出されています。

SONY DSC

”結び苔玉” は、縁側にも飾られました。

上の写真で中央上部に浮かぶのは・・・

SONY DSC

青々とした苔玉から、アイビーが育っています。

日陰の緑がなんとも涼しげですね。

大事に育てて参りたいと思っています。

そして今日は、マレーシアから来日されたという若いお坊様が、寳勝寺を拝観されました。 

SONY DSC日本で修行するためマレーシアから来日された御坊様と、通訳の方です。 

寺カフェ”、 ”自由拝観”の看板をご覧になり寺内へ入って来られたとの事でしたが、ぜひ住職にお会いしたいというご要望を頂き、応接間にてひととき歓談されることとなりました。

SONY DSC

マレーシアで得度し、タイで修行されたとのこと。通訳の方を通じ住職にたくさんの質問をされました。・・・「福井の永平寺や横浜の総持寺へ行きましたが、多くの一般人の若者が修行に励んでいました。日本の若者はなぜ出家を選択し、修行するのですか?」、「日本の仏教の戒律とはどのようなものですか?」などなど、住職もひとつひとつに対し丁寧に答えられ、「日本の若者」の心の不安や、禅に”落ち着き”、”安らぎ”を求めていることを説明されていました。

SONY DSCインド仏教のことやお釈迦様のお悟りのことなど、言語・民族を超えた宗教のつながり、以心伝心の雰囲気です。「思いがけない御縁で本当に良かった」と言われ、寺内やカフェが素敵になっていると何度も表現して下さいました。このあとの旅では、京都の禅宗寺院で短期の修行をされるとのこと。約1時間ほどの短いご滞在でしたが、深く心に残る出来事でした。旅のご無事をお祈りしたいと思います。

 

 

 

やまあじさい”七段花”
2014年 06月 21日

土曜日の寺カフェです。

最近では地元の方も来て下さるようになり、有難いことです。

観光客では、年齢層は若い学生さんや20代カップルが多いのですが、地元からは御年輩女性の方々にご好評頂き、リピーターも増えて参りました。カフェとしている室間には日頃ご紹介している季節の花々をたくさん生けていますが、それも女性陣の心を掴んでいるようです。

そんな折、お客様が「七段花(しちだんか)が生けてあるわね。」と花瓶を指さして言われるので、お聞きしたところ、

SONY DSC

この、青い山紫陽花のことを ”七段花” と呼ぶそうです。江戸時代の文献にも残っているものが、一時代は失われて”幻の紫陽花”と言われていたと教えてくださいました。寳勝寺の中庭では、見事に満開になっています。

SONY DSC

引用・・・江戸時代、シーボルトが著書『日本植物誌(フロラ・ヤポニカ)』で紹介しましたが、その後、日本人のだれもがその実物を見た人がなく、”幻のアジサイ”とよばれて長い間さがしつづけられていました。ところが、昭和34年(1959)に、たまたま六甲ケーブル西側で神戸市立六甲山小学校の職員が、発見し採取しました。それはシーボルトが紹介して以来約130年ぶりになります。「シチダンカ」は、ヤマアジサイの品種で装飾花が八重になったもので、質素な野生味のある花で江戸時代から栽培され、茶花などに使われていました。江戸時代に、星型に咲くヤマアジサイの八重のものを「七段花」と呼んでいたものが失われて幻の花となったそうです。

 

お花を学んだことと共に、お客様と近しく交流できた事もとても嬉しく、私も”七段花”の大ファンになりました。寳勝寺の木は大きく青々と茂り、これまでも大切に育てられて来たことが伺えます。真夏の季節も水やりを欠かさず、大切に継承していきたいと思っています。

 

 

 

 

寳勝寺でも・・・
2014年 06月 18日

SONY DSC

寳勝寺に帰って参りました本日です。

山門の前庭では、大きな花菖蒲が開花していました。

SONY DSC

金沢市内の多くの家々では、「和」の園芸植物がたくさん育てられています。

朝夕はさみを携えて熱心に庭に出ている愛好家の皆様をよく見かけますが、さすがに花菖蒲はありません。

現在、寺の山門から入口にかけては珍しい品種の鉢植えが並べられており、街の方々にも愛でて頂いています。

SONY DSC

サッシ工事中の中庭にも・・・

先日から、サッシの取り替え工事が行われています。

寺町在住の大工さんが来られ、ただいま工事進行中です。

SONY DSC

連日、草木花の開花をお伝えしていますが、庫裏側では住職お手植えの”茄子”の花が咲きはじめました。

花菖蒲・紫陽花とともに、茄子も梅雨の紫花だったのだと再認識です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大安禅寺・花菖蒲祭へお伺いしました!
2014年 06月 17日

 

 

休寺日となりました本日は、休暇をいただき福井・大安禅寺の花菖蒲祭へお伺いしました。

SONY DSC

曇り空で時折涼風が吹きこみ、絶好のお花見日和です。

平日にもかかわらず、観光バスと自家用車で駐車場は満杯でした。

SONY DSC

いつお参りしても、清浄な空気に満ちた境内です・・・

ご挨拶させて頂きました後、さっそくに花菖蒲園へ。

SONY DSC

たくさんの品種が咲き、ただいま見頃です!

八ッ橋の入口では、来園者をお迎えする真紫の花菖蒲が咲き誇っていました。

きれいです!

SONY DSC

続いて、奥様が作庭され、今年から開園されたバラ園へ。

贅沢にも、オーナーである奥様がご案内してくださり、丁寧なお花の解説に聞き入りながら、ひとつひとつゆっくりと鑑賞させて頂きました。

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

 

真紅やピンク・薄黄色など。

写真以外にも、まだまだたくさんの品種が植えられています。日本はもちろんフランス・アメリカ・ドイツ原産とお国柄によって花形も違い、とても見ごたえがあります。バラのほかにも、クレマチスやハーブ、なつゆきかずらなど初夏の花がたくさん!

SONY DSC

 

花菖蒲園や境内を巡るように育てられている紫陽花も、

見事に満開になっています。

SONY DSC

SONY DSC

山から降りてくる涼風と爽快な青色で、

梅雨の暑さを忘れるひとときでした・・・。

SONY DSC

山と緑と花とお寺、

その後、帰宅してからも空中庭園を散歩しているような清々しい心地です。

本当にありがとうございました。

 

皆様もぜひ、大安禅寺花菖蒲祭へ御参拝ください。

花菖蒲もバラもたくさんのつぼみがついていましたので、まだまだ見頃が続くことと思います。

 

 

 

 

 

 

 

ステキなお手紙を頂きました。
2014年 06月 16日

SONY DSC

寺カフェに、一通のお手紙が届きました。

御手製デコレーションの素敵な封筒です。

SONY DSC

送って下さったのは、2週間ほど前に寺カフェへお越し下さった小松市在住のご夫婦でした。

石川県立美術館へ「日展」を見に行かれた帰り、なにげなく立ち寄られたそうですが、寺カフェを大変気に入られ「良いご縁を得ました、また伺います。」と言ってくださったのがとても嬉しく印象的でした。

お手紙の最後には、”宝勝寺と寺カフェをお守りください”と有り、本当に身の引き締まる思いです。

さっそくに、お返事申し上げたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

新しい開花です。
2014年 06月 15日

SONY DSC

6月に入り連日、初夏の新しい花が開花しています。 今日は、昨年奥様が植えられた桔梗の苗が大きく成長し、第一輪を咲かせました。

 

SONY DSC

 

中庭では今、桃色と白色の撫子とともに、花菖蒲も咲き始めました。 こちらは、昨年、住職が大安禅寺花菖蒲園の苗を直植えされたものです。

ただ今、大安禅寺の花菖蒲園が見頃を迎えているとのことで、はるばる寳勝寺へ届けられた株も大きく育って開花目前です。

 

SONY DSC

本堂の前にひっそりと咲き始めた ”糸葉ハルシャギク” です。

 

 

SONY DSC

あちこちに咲くカタバミ。

先日、ご先祖の系譜をたどって寳勝寺へ来られた方の御家の家紋が”カタバミ”だというお話しをされていたところでした。

 

 

SONY DSC

 

花後の緑もたいへん美しく、庭というより、寺を守る小さな森が造られているようです。フトイ、シダ、どくだみ、草藤、京かのこ、アスチルべが茂っています。

 

 

23 / 24« 先頭...10...2021222324

Copyright© 2014 臨済宗妙心寺派 太白山 寶勝寺 All Rights Reserved.

〒921-8033 石川県金沢市寺町5丁目5番地76号
電話:076-287-3870