寶勝寺日誌

お彼岸の白萩
2014年 09月 22日

SONY DSC

中庭の白萩

穏やかな晴天の毎日です。明日はお彼岸のお中日、宝勝寺の霊園にも檀信徒様はじめ皆様がお墓参りに来られています。中庭には秋の陽が後光のようにふりそそぎ、白萩や藤袴、ホトトギスが輝いています。

SONY DSC SONY DSC

いつまでも眺めていたい中庭ですが、実は最近、写真を撮るのも決死(?)の覚悟です。というのも、今季スズメバチとくまんばちの保養地になっているようで、次々往来して飛び交っています。

SONY DSC元気に飛び回る、くまんばち。

こちらは大変警戒していますが、ハチにはお花しか見えていないのかもしれません…。お客様が歩く本堂前庭にも萩や花々が咲いていますが、不思議と正面側には居ない様子です。スズランが赤い実をつけ、秋の良い枯れ庭になってきました。

SONY DSC

SONY DSC

そんななか、今日は、石川県庁・観光振興課の皆様が取材のため御来山下さいました。寺カフェ室間の撮影をされ、歴史や見どころ・カフェの内容について取材してくださり、後日、観光ホームページに掲載して下さるとのことです! 御来山、誠にありがとうございました。

SONY DSCお顔がわからない程度に・・・、とのことで、小さく写真撮影。

SONY DSC

先日、住職が植えられた桔梗の鉢。

SONY DSC

昨年、奥様が植えられた孔雀草です、薄紫の清楚な花が咲き始めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

本日の御来客~千客万来です!~
2014年 09月 19日

SONY DSC

本日も終日、住職を訪ねてたくさんのお客様がお見えになりました。嬉しいご縁、不思議なご縁、昔むかしからのご縁?で宝勝寺へご来山下さいました皆様です。まず、朝には、竹筆の釈迦院時雄さまがご来山くださいました。先日、釈迦院さまが登場されている回の住職ブログを印刷してお持ちしたところ大変喜んでくださり、さっそくに住職とご歓談下さいました。

SONY DSC

IMG_1010

SONY DSC

釈迦院さまからご寄贈頂いた大竹筆を用いて作品制作されている住職の写真をご覧になり、”極意”を静かにお話しされています。「四角い容器に墨汁を溜め、斜め45度で穂を浸し・・・」、いつも柔和な笑顔の釈迦院さまですが、竹筆のことでは眼差し鋭く、言葉の一つ一つが奥義です・・・。

SONY DSC

その後、宝勝寺責任役員総代様の御子息・須貝さまが御来山下さり、「寺カフェ」看板の打ち合わせが行われました。色々なデザインや企画をご提案下さり、10月上旬に第一弾の看板が設置されることになっています。

SONY DSC

打ち合わせのあと、みかん大福を召し上がられ御休憩中です…。

SONY DSC

午後からは、北海道より中村様が御来山下さいました。中村様は加賀藩前田家の家臣の末裔で、住職が兼務しておられる瑞光寺(金沢市本多町)に先祖代々のお墓があります。この度はご自身の家系調査のため来沢されており、宝勝寺にもお立ち寄りくださいました。

SONY DSC

夕方には、墓地改葬工事計画にてお世話になっております西野様と、ご友人の田中様が御来山下さいました。田中様は金沢市にお住まいですが福井にも縁があり、また禅に大変関心を持っておられ、住職と大いに盛り上がって懇談されていました。

皆様、本日は御来山くださり誠にありがとうございました。

本日の御来客
2014年 09月 18日

SONY DSC

 

今朝の宝勝寺です。酔芙蓉が新しい花を咲かせ、一方では朝顔が黄色く落葉し、初秋の清々しい山門前。ちょうど一年前の植栽の頃が思い出せないほど、良い景色になっています。

SONY DSC

写真を探してみたところ、昨年の9月19日、いよいよ更地になったところでした。

SONY DSC

その後、春夏秋冬、花の庭に、、ただいま酔芙蓉が見頃を迎えています。

SONY DSC

本日は、羽咋市より中越様ご夫妻とご親戚の成田さまがお越しくださいました。涼しい午後のひととき、お話しは尽きず久しくご歓談されておられました。ご来山、誠にありがとうございました。

 

 

 

三連休も最終日の今日
2014年 09月 15日

SONY DSC

三連休も最終日の今日、金沢市内ではジャズフェスタが開催されていることもあり、多くの観光客が往来しています。少し肌寒いほどの快晴で、寺カフェにもお客様が集い朝からゆっくりされている様子。一昨日の御法事の際、檀信徒様がご仏前にお供え下さった白百合が大きく開き、堂内は花の香りに満ち満ちています・・・。

SONY DSC

SONY DSC「一華一葉活如来」

今秋、寳勝寺の前庭は「秋明菊(しゅうめいぎく)」が旺盛に育っています。白、桃色、濃桃の八重咲など、背丈も大きく育っています。

SONY DSC SONY DSC

 

SONY DSC

SONY DSCSONY DSC

SONY DSC

ただいま「ガーデン&寺カフェ」の最もよい季節を迎えています。

 

 

 

「夕方寺カフェ」の季節です。
2014年 09月 10日

SONY DSC

すっかり秋めいて参りました。夏の賑わいもひと段落ですが、最近は午後3時頃からのお客様が多く、「夕方寺カフェ」になっています。

SONY DSC

不思議なことに、今の季節、お庭も夕方がいちばん美しく感じられます。斜陽に照らされた花が、庭に浮かぶようにキラキラ輝いています。人も草花も「秋は夕暮。」でしょうか。

 

SONY DSCSONY DSC

 

 

宝勝寺の秋・野草図屏風
2014年 09月 07日

SONY DSC

寳勝寺・秋野草図屏風 / 石川県立美術館へ寄託

今年の二月ごろ、石川県立美術館へお伺いした際の写真です。涅槃図とともに、寳勝寺の宝物として秋の草花を描いた屏風が寄託されているとのことで拝見させて頂きました。高さはおおよそ120センチほどで、右側から左側へ、秋から冬への草木花が自然のままに描かれています。

SONY DSC落款は「伊年」とあります。(伊年とは俵屋宗達の流れを組むことを証明する”屋号”のような印とのこと)

SONY DSCSONY DSCSONY DSC美術館の方のお話によると、おそらくもう一双、春から夏にかけての野草図屏風があり、二双一対の「四季野草図屏風」だったのではとのことでした。しかしなによりも驚きましたことには、この「秋野草図屏風」に描かれている植物のほとんどが現在の寳勝寺の秋の景色にも登場することです。

SONY DSC 菊、りんどう

SONY DSC

 

SONY DSC

SONY DSC

白萩、すすき

SONY DSC

 

 

 SONY DSC

芙蓉

SONY DSC

 

SONY DSC

南天と水仙

SONY DSC

 SONY DSC

 藤袴と紅い葉のつる / 藤袴も秋の中庭に咲きます

SONY DSC

時代は四百年ほども移り変わりましたが、お寺が守られてきたことと共に愛でられている自然の景色もほとんど変わっていないことが伝わり、大変感動いたしました。

 

 

酔芙蓉の色変化です。
2014年 09月 03日

 

SONY DSC

SONY DSC

今朝の寳勝寺です。昨日ご紹介させていただいた酔芙蓉のつぼみが開き、大きな白花がお目見えしました。直径10センチほどの大きな花ですが、その色や造形はなんとも繊細です。

SONY DSC

このお花は、朝は純白で開花し、時間が経つにつれて徐々に赤みを帯び夕方には紅色になることから、「酔」芙蓉という名がついたと言われています。夕方、寺カフェを終了して再び花を見ますと、なるほど鮮やかな紅色に変化していました。

SONY DSC

寂しいことに酔芙蓉は一日花の為、この花は今日限りで萎んでしまいます。 しかしながら、宴たけなわでも潔くシュルシュルと閉じていく形が可愛らしくも感じられました。手を振って去っていくような姿です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

酔芙蓉のつぼみ
2014年 09月 02日

SONY DSC

寳勝寺・山門の前庭でひときわ成長している「酔芙蓉」ですが、今日、白い花びらが大きく膨らんだ一輪を見つけました。

民家や街路樹では、あちこちで既に「芙蓉」の花が満開になっており、今か今かと待っていた酔芙蓉です。たくさんの蕾がついていて、これから10月中旬まで次々と開花します。

SONY DSC

SONY DSCSONY DSC

9月に入り、朝顔も名残花となってきました。小さくなっていく朝顔もまた季節の趣があります。

 

 

 

 

 

8月最後の日曜日です。
2014年 08月 31日

SONY DSC

やまごぼう / 寳勝寺・山門前庭にて

8月31日、日曜日です。夏休みも最終日ですが、今日も門前の通りには多くの観光客が往来しています。寳勝寺では終日、寺カフェのお客様で賑わい、また檀信徒様がご挨拶にお越し下さり、お墓参りの縁者の方が8年ぶりに来られるなど、千客万来の一日となりました。

SONY DSC水引 / 境内のあちこちに

また今日は、読売新聞朝刊の地域欄紙面にて、寳勝寺の記事が大きく掲載されました。取材を頂いたのは8月半ば頃のことで、その折には寺カフェの一般のお客様にもご参加頂いての取材だったので、掲載されることを大変楽しみにしていました。

SONY DSC

取材中のようす / 平成26年8月16日

素晴らしい記事を掲載してくださった読売新聞社様、記者の鷹尾様に厚く御礼を申し上げます。誠にありがとうございました。

モニターツアー、そしてフリーペーパーの取材です!
2014年 08月 28日

 

SONY DSC

本日、朝8時半の寳勝寺です。金沢市と白山市が連携して企画されている旅行プランのモニターツアー御一行様が来山され、住職によるご説明をお聞きになっています。寳勝寺の事はもちろん、寺町台寺院群や加賀藩前田家のこと、「太白山寳勝寺」と「白山」のことなど、幅広いお話しでした。喫茶室やお庭などを見学されるなど、観光コースの研修を兼ねておられるようです。

SONY DSC旅行業や観光協会の方々です。思いがけない楽しいご説明に始め緊張されていた皆様もとっても和やかに。

また今日は「日中友好の朝顔を愛でる会」が行われ、大切なお客さまをお迎えいたしました。初秋の晴天でしかも涼しく、朝顔はこの日を待っていたかのように満開で本当に良き日となりました。本日の朝顔は本当に見事で、夕方まで美しく咲いていました。

SONY DSC

満開の朝顔とともに記念撮影をされる中川美術館館長・中川健造様と住職 / 正午ごろ

そして皆様をお見送りしましたのちには、金沢の英語版フリーペーパー「eye on KANAZAWA」の写真撮影が行われました。

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

カメラマンの方と、着物姿のモデルさんです。

モデルの女性は、香港系カナダ人とのことです。流ちょうな日本語を話され、お抹茶を召し上がっておられました。10月1日に発刊されるとのことです。掲載された折にはまたご紹介させていただきます!

 

 

 

 

 

Copyright© 2014 臨済宗妙心寺派 太白山 寶勝寺 All Rights Reserved.

〒921-8033 石川県金沢市寺町5丁目5番地76号
電話:076-287-3870