寶勝寺日誌

27日のようす
2014年 10月 28日

「サラ・ローレンス大学個展」もあと2日となり、今日は、「住職と学生との懇談会」と「坐禅会」が開催されました。

2個展会場を教室に、日本語を学んでいる大学3年生8名の皆様が、住職との親交を深められました。野口先生、奥様と加賀様、好さんにも御参加いただき、日本文化のことや女性の社会進出のこと、将来の目標など、あらゆるテーマについて語り合いました。

4

この一週間、何度も会場に来てくれ、通訳や案内ガイドをしてくれたメレディスさん(愛称:メリさん)です。日本が大好きで、かばんには「千と千尋の神隠し」のキャラクターの大きなキーホルダーをつけていました。最新の日本の流行事情にとても詳しく、陽気で明るい女の子です!

13

住職ともすっかり打ち解けています。

27日本語クラスの先生からの差し入れ・稲荷ずし。久々の日本食に一同大感激。

8

午前の懇談会を終え、グリフィス教授と学生食堂に向かう住職。日本の人気ドラマの撮影にも使われたという立派な藤棚の下を通って行きます。

911

 

5

こちらに来てからは催事の準備に忙しく、ゆっくりお話しも出来なかったグリフィス教授と住職。快晴のもと、今日は久しく歓談されていました。

6

7

こちらは、副学長様の秘書室。初日の招待パーティを出張で欠席されていた為、お土産を持ってご挨拶に。しかし会議でご不在とのこと。のちほど、副学長様が会場へお越しくださることになりました。

12

個展会場にて、副学長様とご挨拶。副学長様は禅に大変関心があり、ご本人は仏教を信仰されているそうです。

16

17

お土産にと日本から持参した品々に、副学長様はたいへん感激されて「クリスマスみたい!」と喜んでおられました!

18

リクエストに応え、副学長様の好きなお言葉を揮毫される住職。

19

葉は、「-円相- 無一物中無尽蔵」です。

20住職が揮毫される様子をじっと見つめ、満面笑顔の副学長さま

21

午後には、集まってきた学生との交流の場が持たれました。皆さん、禅の教えや「無心」、「空」という言葉にとても興味を持っています。住職は、グリフィス教授との縁から今回の個展までの歴史をお話しされ、「一つの願いに対して諦めずにベストを尽くせば、必ず叶う」ということ。また、以前大安禅寺の境内でイノシシが掘った場所から埋蔵銭が出てきたエピソードを紹介し、「思いやりの心、報恩の心が、思いがけず良い結果を導く」こと。

22

25

また、禅語の「空」や「無」は、単に空っぽとか何も無いというだけの意味ではなく、「empty(空)とは、いつもスタンバイしているということ」「無とは、なにも無いところにいっぱいの思いやりを持っていること」とお話しされました。グリフィス教授が丁寧に通訳され、「生徒たちにとって本当に意義深い時間になった。素晴らしい話を聞かせることが出来た。」と言われていました。

24

お経を唱えられているところ

26

皆さん、真剣です。

28

夕方6時からは、最後の坐禅会が行われ、会場には定員いっぱいの学生やNY市民が集まりました。静かな秋風が吹き抜け、大安禅寺から持参された「萬松の香」の芳香が漂うメディテーションルーム。普段から坐禅をされている参加者も多く、後方で見ていても、全員が瞑想とリラックスの波動を発してるのが感じられるほど本格的な坐禅会となりました。

29参加者は次々と合掌され、警策を求められていました。

最終日を前に、このたびの個展の意義を感じられる一日となりました今日です。明日は最後の墨蹟パフォーマンスとなります。無事円成できるよう、頑張ってまいります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

25日(日本の26日)のようすです

10月25日(土)、日本時間の26日(日)の「サラ・ローレンス大学個展」のようすです。

写真にてご覧ください!

~いけばなデモンストレーションのようす~

4

21

~お茶会のようす~

32

31

28

30

29

【墨蹟デモンストレーションのようす】

10

13

14

15

16

21

24

19

22

25

【坐禅会のようす】

DSC00674

大変ハードな一日でしたが、たくさんの学生やニューヨーク市民が参加くださり、とても充実した一日となりました。詳細は、総集編にて詳しくご紹介させていただきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個展第2日目、つかの間の休息。
2014年 10月 24日

「サラ・ローレンス個展」第2日目の今日も、催事が目白押しで朝から東奔西走しています。住職は「書道体験教室」と「坐禅会」、野口先生はじめ社中の皆様は、学生や大学関係者向けのお茶会が開催され、分刻み行動の一日となりました。日程終了後の夜には、初めてニューヨークの中心部に向かいました。

g

j

夜は、ほんのつかの間の休息時間。ほっとひと息、では無く、世界の中心、タイムズスクエアで大刺激を受けています!

h

k

l

今晩は、全員でブロードウェイショー「オペラ座の怪人」を鑑賞致しました。

m

n

 

o

s

t

 

a

第1グループ帰国を前に、野口社中の皆様がホテルのロビーで記念撮影。ブロードウェイから帰った深夜12時の記念撮影です!

これから週末に向けてメインイベントを迎える前の、リフレッシュとなりました。引き続き頑張ってまいります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個展開催、第一日目です。
2014年 10月 23日

いよいよ始まりました、「サラ・ローレンス大学個展」です! 初日の朝から次々と催事がありました。写真を中心にご紹介させて頂きます!

【午前10時:日本語教室3年生の書道教室 講師:住職】

2-2

4-4

半紙に、自分の好きな言葉を練習した後、白い色紙に清書をしました。学生の皆様の好きな言葉は、「永遠」、「道理」、「雨」、「書く」、「森」、「世界」など、住職がひとりひとりを添削し、背中の姿勢や、とめ・はね・はらいのこと、自分の心を表現する気持ちで、丁寧に書くことなどを説明されると、学生の皆様はまたたく間に上達し、筆の感覚を楽しんでおられるようすでした。色紙には、自分の名前と日付をサインし、今日の記念の品となりました。

【午前11時30分:いけばなデモンストレーション 講師:野口先生】

11-1

12-1

通訳の方をとおし、日本のいけばなについて説明される野口先生。

13-1

14-1

21-1

20-1

22-1

29-1

デモンストレーション作品

【ひきつづき”いけばなワークショップ”】

24-1

外国人の皆様の、目が輝いて楽しそうな表情が印象的でした。

26-1

30-1 (2)

27-1 (2)

31-1

28-1 (2)

34-1なかでも印象的だったのが、終了後も自作のいけばなの前に立ち尽くし、なかなか帰ろうとしなかったこちらの女性。野口先生がお声をかけられると、あまりの感動的体験に涙くんで動けなくなっていたとのこと。本当にぽろぽろと泣いておられ、胸が熱くなりました。

35-1 (2)野口先生から、白いお花と黄色いバラをプレゼント

33-1 (2)

心温まる時間でした・・・

38-1 (2)

ワークショップ終了後、遅い昼食となりました。御着物で学生食堂へ向かわれる野口先生と社中の皆様

39-1

42-1

43-1

これぞ日米友好です!

46-1

お食事後には、終日お着物姿で過ごされる皆様のためにとグリフィス教授がご用意くださった、歴史あるゲストハウスへ伺いました。

【午後4時:学長様、VIPの皆様を招いてのお茶席】

52-1

お煎茶について説明されている野口先生。参列されているのは、カレン・ローレンス大学長と、個展会場となっている図書館長、学部長、日本語の先生など、錚々たる皆様です。お茶会は、ご参列の皆様もお席を見ていた者も一同が息をのむ緊張の時間でした。詳細は改めてご報告させていただきま

す・・・。

54-1

お茶会の後には、交流会が行われました。おいしいフルーツやチーズ、ドリンクをご用意くださり、サラ・ローレンス大学の教授の皆様や学生の皆さんが次々と来場され、ご招待の夕食会の前のリラックスタイムとなりました。

55-2 (2)

説明書を読みながら熱心に書を鑑賞されている女性は、グリフィス教授の友人の儒教学の教授だそうです。

56-1

グリフィス教授が、住職にご紹介されておられました。

8-8

今回、作品のひとつひとつには、グリフィス教授が作成された、上の画像のような英訳解説書が添えられています。約40点近くある作品の禅語の専門的意味、住職のサインの意味や関防(かんぼう・作品左上の印)、落款(らっかん・サイン下の印)に彫られている言葉まで詳細に記載されており、丁寧な説明を皆様じっくりと読んでおられます。

6-6

 

【学長様からのご招待を賜り、夕食パーティへ / プレジデントハウスにて】

57-1

夕方6時半過ぎ、学長様の御邸宅にて。本日のパーティに参列される皆様とともに、レセプションを前にワインでリラックス…

58-1

カレン・ローレンス大学長と歓談される住職と奥様です。

写真 5 (2)

60-1

懇親会が始まり、まず、学長様から歓迎のご挨拶を賜りました。「ウエルカム、オショウサン、ケイコタカハシサン、ノグチセンセイ。」と、日本語を交えてのスピーチをされました。後には皆さんにも大変気さくに話しかけてくださり、穏やかで優しいお声の学長様です。

62-1

つづいて、住職が、英語でスピーチをされました。素晴らしい大学で個展をさせていただいたことの御礼や、この個展期間中に禅や日本文化を伝えていきたいということ、また、長年に渡り親交を深め、今回の個展開催にとても尽力してくださったグリフィス教授への御礼を述べられました。

63-2

 

70-1

各テーブルには、こちらの参加者と、大学の教授の方、日本語の先生、日本語を勉強している学生が交互に着席し懇親を深めました。

会場となっているお部屋は、学生はもちろん大学関係者もほとんど入れないという貴賓室だそうで、1921年頃に建設されたそうです。

72-3

 

71-1

74-4

お隣の席の大学教授より、今後華道や茶道のような日本文化を若い世代にどのように継承していくか?というご質問があり、説明されている松原さま。野口先生が、保育園や公民館などで子供を対象とした教室を開催していることをお話しされ、教授もとても納得されているようでした。

76-2 (2)

熱心にお話しされている学長様、グリフィス教授と住職。

80-1

デザートタイムには、野口先生と社中の皆様からの、歌と踊りのプレゼントがございました! 住職も参加され、音楽に合わせて「故郷」と「赤とんぼ」をしっとりと歌われました。そして・・・

83-1 (2)

歌のあとには、民謡「丸岡音頭」に合わせて、踊りを御披露くださいました! 思いがけないプレゼントに学長様はじめ皆様も大変喜ばれ、一気に会場がなごみ、笑顔と手拍子で踊りに参加されていました。

87-2

 

84-1 (2)

86-1

90-1

飛び入りで参加して下さった方も!

どんどん続いていく「丸岡おどり」に合わせ、会場を3周、4周と練り踊られる皆様。会場からは大きな笑声も起こり、大いに盛り上がりました!

野口先生、御社中の皆様、本当にありがとうございました!

91-2 (2)

最後に、同席の男性に手ぬぐいをプレゼントされた辻川さま。こちらは中国歴史専門の教授で、夏目漱石の「こころ」や黒澤明の映画、盆栽を育てるのが好きだと話しておられました。ねずみ小僧姿?を大変喜ばれ、何枚も写真を撮っておられました!

写真 1 (2)本当に楽しく和やかな夕食会となり、一同皆様感激してホテルへと戻りました。素晴らしい御席を設けて下さった上、帰りの際には一人ひとりにお土産をご用意してくださいました。

1

サラ・ローレンス大学のフラッグとTシャツ、エコバックとマグカップです。大学の一員として認められたかのようです!?

明日、第2日目は、場所を移しての古い歴史ある音楽室でのお茶会や、書道教室、坐禅会が予定されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個展開催目前の今日。
2014年 10月 22日
65

長きに渡った「サラ・ローレンス大学個展」の準備、その最終日の今日です。朝10時の開始とともに、野口先生と社中の皆様による生け込みが始まりました。今日も全員全力の会場設営。時間と疲労との闘いですが、一日は黙々と進んでいきました。

66酒井む津子 様

2姉崎志乃 様

00

松原京子 様

11

 丸子信子 様

4中出裕美子 様

 

16

18姉崎ともよ 様

 

8

辻川清美 様

9

興味深そうに会場内を見つめるサラ・ローレンス大学の学生や事務局の方々からは、「ワンダフル!」「アメージング!」という言葉が飛び交っています。

19

(撮影:北島聖子 様)

渡米から3日目が、もっとも時差ボケに悩まされる日だと聞いていました。全身の倦怠感に疲労困憊ですが、緊張感のなかにも笑顔の絶えない準備のようすです。

1

 6

斎藤久美子 様 (撮影:北島聖子 様)

15

参加者の皆様から絶大な信頼を寄せられている、ジン 様 です。(撮影:北島聖子 様)

14

掛軸のプロフェッショナル、斎藤公一 様です。(撮影:北島聖子 様)

25

こちらでは、明日の夕方4時から催される学長様はじめVIPの皆様を招いてのお茶会のテーブル準備が進められています。

13

今日も大工さんが来て下さり、越前和紙のタペストリーをセッティングしてくださいました。

3

墨蹟パフォーマンスに使う、墨除けの衝立を作成中です

20住職はいよいよ筆をとられ、すいはつに「雪月花」と揮毫されました。本日サポートに来て下さった大工さんは墨書に大変興味があるとのことで、住職の所作をじっとご覧になっていました。

21

23

落款(印)を捺されているところです

31

揮毫されたばかりのすいはつに、野口先生がお花を活けてくださっています。

12

皆様からのお菓子や飲み物の差し入れが、体を癒してくれます・・・。

68

サラ・ローレンス大学には日本語のクラスがあり、長く日本語を勉強している学生もたくさんいるそうです。早速に個展会場を訪ねてこられた学生さんと交流されている住職。

66

「魂は、ソウル。」「夢は、ドリーム。」と、お話されている様子です。学生の男性は「夢」や「無」などの漢字が読めるようで、住職の説明を熱心に聞いておられました。

64

生け込みの合間には、明日11時半の「いけばなデモンストレーション」および「いけばなワークショップ」の準備も行われていました。予約チケットはすでに完売、受講生のお花の選別をされています。

36

ひきつづき、デモンストレーションとワークショップの会場を準備されています。サラ・ローレンス大学個展では、「墨蹟個展・華展会場」「お茶会会場」「デモンストレーション会場」「墨蹟パフォーマンス会場」とそれぞれ4つの場所に分かれており、ダイナミックながらも大きなキャンパス内を、御道具や花材を運んで移動するのは大変な重労働です。野口社中の皆様のチームワークと精神力に導かれて、大詰めの準備が進んでいます。

32

文房流晴心会の息吹を吹き込まれた、ニューヨークの花々。いけばな作品は、開催とともにご紹介させていただきます!

40

仕事の合間をぬって会場に来て下さったグリフィス教授。最終打ち合わせをされているところです。

41

夕方過ぎ、いよいよ御煎茶道具の設えが始まりました。この美しい設えにニューヨークの皆様がどう反応されるのか、誇りを持って日本文化発信の時間を体験できることを、本当にかけがえなく有難く思います。

44 (2)

 

いよいよ明日から、「サラ・ローレンス大学個展」が始まります。初日から、「書道体験教室」「いけばなデモンストレーション」「いけばなワークショップ」「学長様とVIPを招いてのお茶会」「夕食懇親会」と、重要な催事が目白押しとなっています。引き続き気を引き締めて参ります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サラ・ローレンス大学見学のようす
2014年 10月 21日

DSC00069 (2)

サラ・ローレンス大学個展準備初日の今朝はまず、グリフィス教授が大学の構内を案内して下さいました。ひとつの町のような広大な敷地に、何十もの古いお屋敷や洋館が立ち並び、圧倒されるほど美しい景観が備わった、文化と芸術の大学です。

DSC000872映画の中に出てくるようなお屋敷のいくつかは、約500年前に建てられたものだそうで、階段の手すりや調度品など上品で且つどっしりと落ち着いた雰囲気は、大安禅寺や宝勝寺から受けるインスピレーションによく似ていました。

DSC00070

 学長様のお家「プレジデントハウス」の前にて、グリフィス教授からご説明を頂いています。22日に予定されている学長様はじめ大学関係者の方々との夕食懇親会は、このお屋敷に御招待くださるそうで、皆様いっそう緊張されている様子でした。

DSC00063

お茶会の会場候補としてご案内頂いた歴史ある音楽室にて、酒井む津子先生がピアノを御披露下さっているところです。表具師の斎藤公一氏が、いつも沢山写真を撮って下さっています!

DSC000892

 また大学には、いたるところにガーデニングや鉢植えが施されており、生き生きと咲き誇っています。品種も日本とあまり変わらず、下野(しもつけ)や擬宝珠、藪蘭、さるすべり、薄などが多く育てられていました。

DSC000912

お花を観賞される野口先生とお社中の皆様

DSC00086 (2)

 構内には落葉樹が植えられ、足元にはコロコロとたくさんの栗が・・・

DSC00085 (2)

 それを求めてでしょうか? 茶色や黒、縞模様のたくさんのリスが跳ね、近づいてきます

DSC00075

墨蹟パフォーマンスの会場となる場所も見せて頂きました。上からも下からも観覧できる、とても良い会場です。

DSC00081

出入り口のイベント告知欄には、個展のチラシが貼られていました!

DSC00100

DSC00103

学生食堂にて昼食。期間中は自由に利用させていただけるという、有難いご配慮を頂いています。

DSC00094

サラ・ローレンス大学創建者ご夫妻の肖像画。

DSC00078

グリフィス教授は、いつもこのシアタールームで授業をされているそうです。

DSC000992

大学からグリフィス教授に貸与されている一軒家の事務所。まるでレストランのような建物です。

午後からは、本格的準備がスタートしました。野口先生がマンハッタンの花木市場へ花木の買いつけに行かれている間にも、個展会場、お茶会会場などに分かれて着々と設営が行われました。

DSC00120

いけばな体験用の陶器とオアシス

DSC00123

 

越前市の長田製紙所・長田和也さまが今回特別に漉かれ、アメリカまで送って下さった「越前和紙のタペストリー」を準備されている野口先生。長田さまが同封して下さった直筆の説明書に従って和紙の先端に竿を通し、天井から吊るすタペストリーにされています。

DSC00124

個展初日には、この会場にて学長様と大学関係者を招いてのお茶会が予定されています。お茶席の場所、作品の場所、タペストリーの場所について、野口先生と姉崎志乃さま、住職が何度も構想を話し合われ、位置を決めておられました。素晴らしい和紙作品の登場で、会場に新たな光が差し込んできたようです!

写真 3

 

住職、奥様、野口先生はじめ御社中の皆様、加賀容子さま、加賀好さま、斎藤公一さま、皆々様が力を合わせて準備初日を乗り切りました。気がついたときにはすでに午後6時を回っており、あまりの時間の早さにいかに夢中だったかを感じました。初日の目標段階はクリアできたようで、まずは良い出だしとなっています! 夕食後は・・・、

DSC00133

グリフィス教授と仁さんが、近くの大型マーケットへ連れて行ってくださいました。大学内の景色とは一変して、アメリカに来たことを直に感じた瞬間でした。

DSC00134

疲れを吹き飛ばす元気な陳列です!

DSC00139

沢山のドライフルーツやシリアル、コーンフレークが量り売りに

皆様思い思いに、食材や日用品などをお買い物されていました。 店員さんは大変親切でおおらか、楽しい夜のお買い物のひとときとなりました。明日はいよいよお花の生け込みと、作品の最終セッティングとなります。ひきつづき頑張ってまいります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10月19日、NYに出発しました!
2014年 10月 20日

いよいよ「サラ・ローレンス大学個展」出発日となりました10月19日の朝です。午前10時、住職・奥様、野口美智子先生と野口社中の皆様、参加者の皆様、総勢17名が小松空港に集合いたしました。

DSC00002小松空港では、文房流晴心会野口社中の黒川芳江先生はじめ7名の皆様方と、加賀様の息子様ご夫妻がお見送りに来てくださり、盛大な出発式となりました。社中の皆様による黄色にピンク手袋での「いってらっしゃい to ニューヨーク」の手作りの応援に、野口先生も住職も大変感激しておられました!

DSC00003出発前の茶礼です

DSC00008 (2)

頑張って行ってまいります!

DSC00010 (2)

搭乗したのちも、お見送りのベランダから黄色の応援カードを掲げてくださっていた皆様。飛行機の中からもとても良くわかり、野口先生や社中の皆様も手を振っておられました。心温かいご声援とお見送りを頂き、本当にありがとうございます!

DSC00018

その後、羽田空港を経由して、夕方4時の便で成田空港からニューヨークへと出発しました。約13時間の長旅でしたが、皆様快適に過ごされているようすでした。

日本時間の午前5時ごろ、現地は午後4時。いよいよ街並みが見えてきました。アメリカは広大です!

DSC00030

DSC00032

ジョン・エフ・ケネディ空港では全員スムーズに入国審査を通過し、ロビーでグリフ教授と御子息のジンさん、サラ・ローレンス大学の学生・キースさんのお出迎えを頂きました。

DSC00033JFK空港ターミナル7の駐車場です。大学の大型車2台とジンさんの車にて、宿泊ホテルへ直行しました。

DSC00034荷物も大きく、積み込みが大作業です!

DSC00035

でも皆様、とっても元気。時差もなんのそのです!?

DSC00038

大渋滞の道を走ること1時間。夕焼けのなかに、マンハッタンが見えました。

DSC00040

ホテルにチェックインしたのち、近くのお店にて、明日からの怒涛の準備2日間に向けての団結式が行われました。明日は10時より大学構内を見学し、午後には本格的な準備が始まります。この貴重な経験を精一杯高めていけるよう、尽力したいと思います。

DSC00041ジンさんとともに。期間中、全面的にサポートして下さるとのことで、本当に心強いです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サラ・ローレンス大学個展のポスター
2014年 10月 12日

Zen Week Poster

本日、グリフィス・フォーク教授から送られて来ました個展のポスターです。ニューヨーク市のあちこちに配布されているそうで、文房流晴心会野口支部の皆様による御茶会やいけばな体験の予約チケットはすでに完売の日もあるとのこと。準備にもいっそう力が入ります。

SONY DSCSONY DSC連休のなか日ということもあり寺カフェのお客様で賑わう寳勝寺ですが、並行して個展の作品準備をしています。このたび、個展のメイン作品となる大掛軸が出来上がりました。本堂の畳のサイズと比較して頂きますと、その大きさがお分かり頂けるかと思います。

SONY DSC

箱書きをされている住職

SONY DSC

箱書きの最後に、落款を捺されています

いよいよ準備も最終段階。緊張して進めてまいりたいと思います。

 

 

本日の御法要
2014年 10月 11日

SONY DSC

本日は午前10時より、北條家の年忌御法要が営まれました。

SONY DSC

秋風の吹く爽やかな好天気の中、厳粛なるご法要が営まれました。

SONY DSC

SONY DSC

お墓参りの様子

SONY DSC

御姉弟の久しぶりの懇親となりまた住職とも大変和やかに歓談され、ご法要の一日をゆっくりとお過ごしいただきました。皆様には大変お疲れ様でございました。

 

 

 

宝勝寺の英字パンフレットが完成しました
2014年 10月 10日

SONY DSC

表紙/「通玄峰頂は是れ人間にあらず、心外無法満目青山」

宝勝寺の英字パンフレットが完成致しました!来る10月22日からの「サラ・ローレンス大学個展」に向けて以前から少しずつ作成していたもので、個展目前にしてようやく出来上がりました。本当にホッとしています。表紙の「椿」は昨冬、本堂前庭に咲いた花の写真を使用しています。日本原産の花木「椿」は、外国でもとても人気があるそうです。

SONY DSC

SONY DSC

 内面には、宝勝寺の歴史、宝物、寺カフェのことが細かく説明されています。文章は、今度の個展を主催されたサラ・ローレンス大学仏教学博士、グリフィス・フォーク教授が英訳して下さいました。また寺カフェの項目は、先日宝勝寺へ来山されたメアリー・ベッカーさんに監修して頂き、作ることができました。最近では寺カフェにも外国人旅行者の方が多く来られ、英字パンフレットの必要性を感じていた折、畏れ多くもグリフィス教授とメアリーさんというプロフェッショナルのご協力を賜り、本当にありがたく、良い契機となりました。このパンフレットをニューヨークへ届けますとともに、宝勝寺でも外国人の皆様に配布していきたいと思います。

 

 

Copyright© 2014 臨済宗妙心寺派 太白山 寶勝寺 All Rights Reserved.

〒921-8033 石川県金沢市寺町5丁目5番地76号
電話:076-287-3870