寶勝寺日誌

宝勝寺本堂屋根修復 11/19
2014年 11月 19日

 

5中庭の小菊 / 寳勝寺にて

2

 穏やかな晴天となっております今日、足場を登り本堂屋根の写真を撮影しました。現在、瓦と木部の調査が行われており、明日から一週間程かけて屋根瓦を撤去する工程になっています。

3

4

ヘルメットを着用し、足元に気を付けて登っております。

 

少林寺さまでの法要
2014年 11月 16日

2

法要前のごあいさつ / 少林寺 応接室にて

長く続いた雨でしたが、今日は久しぶりに晩秋の陽射しが戻り温かい日となりました。午前11時より、住職が代務されている野町・少林寺様でご法要があり、檀信徒様・ご家族の皆様とのひとときとなりました。

DSC01245 (640x480)

法要のようす / 少林寺本堂にて

DSC01248 (527x640)

法要後の法話にて

DSC01253 (640x359)

法要後には、少林寺本堂の奥にあるお墓所にて御納骨が行われました。ほんのひとときの晴れ間、ふかふかと美しい苔の上での安らかなお墓参りとなりました。ご列席の皆様には大変おつかれさまでございました。

 

最後の朝顔の種を・・・
2014年 11月 13日

DSC01213 (640x480)

昨日の写真です。好天気のなか、朝顔の種を収穫しました。2014/11/12

DSC01212 (640x480)

屋根の、屋根が完成。足場を組む作業が終了しました。2014/11/12

DSC01225 (640x480)

そして今日、暴風のうえにアラレが降りました。2014/11/13

昨日の好天気が嘘のような、低温強風の本日です。残っていた「日中友好の朝顔」の種をすべて収穫したばかりですが、昨日のうちに済ませておいて本当に良かったと思います。貴重な種が吹き飛ばされてしまうところでした。本堂屋根修復工事の為の足場も昨日完成したとのことでしたが、昨夜の突風で色々と支障があり、この風雨の中を、職人さんたちが屋根の上で再び作業されています。とても大変な作業です。屋内から見守るばかりです・・・。

宝勝寺 本堂屋根修復 11/7
2014年 11月 07日

 

DSC01197 (432x640)

日増しに風雨冷たくなる近頃ですが、宝勝寺では連日、着々と屋根修復工事の準備が進められています。寺内では、内陣や奥位牌壇も全面ビニールシートに覆われ、徹底した防護がなされています。また屋根の上では引き続き、職人さん達によって足場を組む作業が行われています。

DSC01190 (640x480)

DSC01193 (640x480)

DSC01192 (640x480)

DSC01205 (640x480)

DSC01204 (640x480)
工事の無事安全をお祈りしつつ、、、
サラローレンス大学展回顧「第1回 墨蹟パフォーマンス動画」10/25
2014年 11月 06日

サラローレンス大学個展、10月25日に行われた第1回目の「墨蹟パフォーマンス」。ジンさんが撮影された動画です。ぜひご覧ください。

10

(写真撮影:加賀 好さん)

 

2

14

15

1

 

 

 

 

 

 

 

サラローレンス大学展回顧「第2回 墨蹟パフォーマンス動画」10/28
2014年 11月 04日

サラローレンス大学個展、10月28日に行われた「墨蹟パフォーマンス」。ジンさんが撮影された写真と動画です。ぜひご覧ください!

10

9

 2

11

3

(写真撮影:Gene Foulk氏)

6

5

8

「虎」

7

 

 

宝勝寺・本堂屋根修復11/4

2

昨日までの雨が上がり、肌寒い快晴の朝を迎えております。本日は午前9時より、本堂に沢山のブルーシートが運び込まれ、各所の保護が進められています。

3襖や障子戸などもすべて取り外され、シートで覆われています。

5

この度は屋根の修復工事ということで、相当のホコリやススが落ちてくることが予想されます…。昨年末の第1期工事で塗り直された白壁も、すべて防護されました。

4

寺内の様子を見に来られた、瓦屋さん。「大変だな~…」とひと言。

c

昨年の工事初期の事が思い出され、いよいよ屋根修復が始まることを実感致しました。明日は、寺内では引き続き防護の為の作業が続けら、また足場を組む職人さんが来られるとのこと。慌ただしくなって参りました。

 

サラローレンス大学展回顧「いけばな展」

サラ・ローレンス大学個展「いけばな展」です。リアルタイムで御紹介出来なかった写真とともに、どうぞご覧ください。

4

16

1

33

6

12

5

20

2

10

3

13

7

15

8

18

22

26

25

24

21

19

 

 

 

帰ってまいりました、宝勝寺です!
2014年 11月 03日

7

12日間のニューヨークでの行程を終え、宝勝寺に帰ってまいりました。出発前、つぼみだった小菊の花が見事に開ききり、日本がすでに秋から冬に移り変わっていることを感じます。

5宝勝寺の外観も、大きく変化しています。昨、10月20日頃より、第2期本堂修復工事が始まりました。このたびは屋根の修復ということで、本堂がすっぽりと足場で囲われています。

3

1

ご本尊様に、「サラ・ローレンス大学個展」円成のご報告と御礼のお参りを致しました。御内陣は、工事に向けてすでに埃除けのビニールをかけています。

2

4

お寺の内部も、ニューヨークに発つ前から片付けを済ませ、工事に向けて準備を整えています。今後、年明け頃までは寺カフェもお休みし、本堂屋根修復ならびに式台工事が行われることになっています。

6

工事経過について、この「宝勝寺日誌」で詳細にご報告させていただきますので、ぜひご覧になって下さい。

 

 

 

27日のようす
2014年 10月 28日

「サラ・ローレンス大学個展」もあと2日となり、今日は、「住職と学生との懇談会」と「坐禅会」が開催されました。

2個展会場を教室に、日本語を学んでいる大学3年生8名の皆様が、住職との親交を深められました。野口先生、奥様と加賀様、好さんにも御参加いただき、日本文化のことや女性の社会進出のこと、将来の目標など、あらゆるテーマについて語り合いました。

4

この一週間、何度も会場に来てくれ、通訳や案内ガイドをしてくれたメレディスさん(愛称:メリさん)です。日本が大好きで、かばんには「千と千尋の神隠し」のキャラクターの大きなキーホルダーをつけていました。最新の日本の流行事情にとても詳しく、陽気で明るい女の子です!

13

住職ともすっかり打ち解けています。

27日本語クラスの先生からの差し入れ・稲荷ずし。久々の日本食に一同大感激。

8

午前の懇談会を終え、グリフィス教授と学生食堂に向かう住職。日本の人気ドラマの撮影にも使われたという立派な藤棚の下を通って行きます。

911

 

5

こちらに来てからは催事の準備に忙しく、ゆっくりお話しも出来なかったグリフィス教授と住職。快晴のもと、今日は久しく歓談されていました。

6

7

こちらは、副学長様の秘書室。初日の招待パーティを出張で欠席されていた為、お土産を持ってご挨拶に。しかし会議でご不在とのこと。のちほど、副学長様が会場へお越しくださることになりました。

12

個展会場にて、副学長様とご挨拶。副学長様は禅に大変関心があり、ご本人は仏教を信仰されているそうです。

16

17

お土産にと日本から持参した品々に、副学長様はたいへん感激されて「クリスマスみたい!」と喜んでおられました!

18

リクエストに応え、副学長様の好きなお言葉を揮毫される住職。

19

葉は、「-円相- 無一物中無尽蔵」です。

20住職が揮毫される様子をじっと見つめ、満面笑顔の副学長さま

21

午後には、集まってきた学生との交流の場が持たれました。皆さん、禅の教えや「無心」、「空」という言葉にとても興味を持っています。住職は、グリフィス教授との縁から今回の個展までの歴史をお話しされ、「一つの願いに対して諦めずにベストを尽くせば、必ず叶う」ということ。また、以前大安禅寺の境内でイノシシが掘った場所から埋蔵銭が出てきたエピソードを紹介し、「思いやりの心、報恩の心が、思いがけず良い結果を導く」こと。

22

25

また、禅語の「空」や「無」は、単に空っぽとか何も無いというだけの意味ではなく、「empty(空)とは、いつもスタンバイしているということ」「無とは、なにも無いところにいっぱいの思いやりを持っていること」とお話しされました。グリフィス教授が丁寧に通訳され、「生徒たちにとって本当に意義深い時間になった。素晴らしい話を聞かせることが出来た。」と言われていました。

24

お経を唱えられているところ

26

皆さん、真剣です。

28

夕方6時からは、最後の坐禅会が行われ、会場には定員いっぱいの学生やNY市民が集まりました。静かな秋風が吹き抜け、大安禅寺から持参された「萬松の香」の芳香が漂うメディテーションルーム。普段から坐禅をされている参加者も多く、後方で見ていても、全員が瞑想とリラックスの波動を発してるのが感じられるほど本格的な坐禅会となりました。

29参加者は次々と合掌され、警策を求められていました。

最終日を前に、このたびの個展の意義を感じられる一日となりました今日です。明日は最後の墨蹟パフォーマンスとなります。無事円成できるよう、頑張ってまいります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright© 2014 臨済宗妙心寺派 太白山 寶勝寺 All Rights Reserved.

〒921-8033 石川県金沢市寺町5丁目5番地76号
電話:076-287-3870