8月, 2018年

第1827話

2018-08-19

昨日からユーターンラッシュが始まっていますが、流石に本日はお盆が明けたと実感したものでした。宝勝寺カフェも午前中は慌しい雰囲気でしたが、午後からは一変していつもの静かな雰囲気に戻っていました。夏休みも終盤を迎え子供たちの姿もめっきり少なくなり、その事がまた夏の終わりをも告げているかのようです。

「日中友好の朝顔を愛でる会」を明日に控え、午後からは部屋の設えやお客様をお迎えする為の「おもてなし」の準備をしているうちにあっという間に時間が過ぎてしまいました。主役の「朝顔」はと言えば、爽やかな秋風を受けながら気持ちよさそうに揺らいでいました。休息するまもなく8月下旬から開催される予定の「東アジア文化都市2018金沢・変容する家」の会場整備のため野町・少林寺に出向き、寺宝や仏具の整理を午前中より始めましたが、今後3ヵ月間に及ぶ日中韓現代アート作家の作品展だけに何かと気持ちを込めての作業となっています。少林寺を会場に作品を展示される芸術家のソン・ドン氏は1966年北京生まれ。1989年、首都師範大学美術学部を卒業し、今日まで数多くの国際展で作品を発表されてきた有名な現代アート芸術家だそうです。開催中は無料とのことですから、皆様には大いにご鑑賞頂けたらと思います。芸術の秋!和尚も墨蹟禅画の創作に入りたいと楽しみにしています。友峰和尚より

ソン・ドン SONG Dong

1966年北京(中国)生まれ、同地在住。1989年首都師範大学美術学部を卒業。パフォーマンス、ビデオから写真、演劇、彫刻と多岐にわたる制作を通じて、人間の努力の非永続性や儚さを明らかにする。2009年にMoMA(ニューヨーク)で個展開催。モスクワビエンナーレ、ドクメンタ、ヴェネチアビエンナーレ、リバプールビエンナーレ、光州ビエンナーレ、サンパウロビエンナーレ、イスタンブールビエンナーレ、アジア太平洋現代美術トリエンナーレ、広州トリエンナーレ、台北ビエンナーレを含む、数多くの国際展で作品を発表している。(ご本人の画像およびプロフィールは金沢21世紀美術館ホームページよりお借りしました)

第1826話

2018-08-18

はや 秋を思わせる 白雲

朝方の気温が18℃と思わず寒さに目が覚めました。本当に油断していると身体がおかしくなりそうです。日中の気温が29度と幾分過ごし易くなったものの、再び上昇の気配を見せています。お盆明けの最初の土曜日もまだまだ金沢市内は観光客で賑わっています。寳勝寺カフェも子供連れの家族が多く見受けられ、終盤の夏休みを楽しんでいる風景を微笑ましく感じたものです。

 

 

和尚は法務に集中で、午前中にはふれあいパーク霊苑での開眼納骨供養と少林寺檀家様の年忌法要を営みました。久しぶりに初秋を感じさせる爽やかな気温のもとでの墓前法要となり、お参りされるご家族にとっても暑さから解放されホッとされているようでした。

 

秋の薔薇が咲き始めました / 宝勝寺ふれあいパーク霊苑にて


明後日は「日中友好の朝顔を愛でる会」が午後より開催されるため、その準備に入りましたが、時期を合わせたように今のところ順調に次々と赤紫の大輪の花を咲かせており安堵しています。

 

 

 

お盆が明けても法務遂行は以前続いており、なかなか休息を取れないのが現状で、こんな時には思い切って温泉にでも出掛けてみたいという願望に駆られます。なんと言っても金沢は全国屈指の温泉郷なのに、毎日指をくわえて観光客の旅行を楽しんでいる姿を横目で見つめ「忍の一字」です。忍、忍、忍、卑山のお隣が「忍者寺」とは皮肉な話です。卑山こそ「忍僧寺」だと思うのですが。

 

寺町一丁目 桂岩寺様 とともに

さて今日の「チョットいい話」は「日中友好の朝顔」が見事な開花を見せているという事です。猛暑続きの中を懸命にお水をやり優しく見守って来た結果です。どの様な物「思いやり」の心が大切だという事です。日中もお互いに思いやり外交を続けて欲しいものです。友峰和尚より

 

第1825話

2018-08-17

 

山口県周防大島町で帰省中に行方不明となり、三日ぶりに尾畠春夫さんによって発見保護された藤本理稀ちゃん2歳ですが、いまや尾畠さんは時の人となってマスコミに引っ張りダコの状況だとか。それにしてもこれまでの経歴が明るみになればなるほど「近年稀に見る頼りがいのある素晴らしい人物である」と誰もが賞賛の言葉を述べています。仏教に「無財の七施(むざいのしちせ)」という教えがありますが、真にもってその言葉通りに日々実践されている大変奇特なる高徳の人物であると思います。それにしても尾畠春夫さんの行動力もさることながら、幼児の生命力の強さと強運を感じ取った事件でも有りました。

 

まだまだつづく 寺カフェ 夏休みの賑わい

今回の事件は、現代社会に欠け始めている「経験智」の大切さを思い知ったものでした。78歳という御高齢にもかかわらず、インタビューに答える尾畠さんの顔相は生き生きとして眼光は穏やか、身体はガッチリとして、とても78歳には見えませんでした。何よりも、インタビューに対しての返す言葉の軽快さには圧倒されました。真に素晴らしい!の一言でした。未だ余韻が残る幼児行方不明事件でしたが、本当にとっても良い話の結末となりました。子供達にとって楽しい夏休み、ただただ子供達の無事を祈るばかりです。

 

須貝 遼さんが 帰省の御挨拶に来てくれました

金沢大学付属中学校3年の池田くんから 寺院についての取材を受けました

寺ガールたちと

さて今日も、東京在住の須貝 遼さん始め訪問客で賑わいました。来る人も又来る人も福の神!です。皆様が元気に頑張っている姿に安堵した一日となりました。ピコ!友峰和尚より

第1824話

2018-08-16

金沢市内に突然ゲリラ豪雨が襲ったお盆明けの一日となりました。気温は一気に22℃まで下がり、久しぶりに猛暑から解放されたようです。このところの雨の降り方は局地的に突然ゲリラ豪雨となる為、観光客の方々もずぶぬれ状態で寺カフェに駆け込んで来るといった状況でした。

 

 

「 寿 福 」 渓仙

 

例年お盆明けも多くの観光客がカフェを利用される為、台所の裏方として加担に入ったものの連日続いた法務遂行の疲れからか身体が思うように動かず、豪雨という事もあって午後からは休養しました。ニュースでは、昨日閉幕した徳島市 夏の風物詩「阿波おどり」が徳島市と阿波踊り振興協会との間で抗争問題になっているとかで取り上げられていましたが、旧盆中の市民あげてのお祭りだけに一刻も早い解決を願いたいものです。

和尚も人生で一度は見学してみたい「阿波おどり」ですが、日本を代表する伝統的お祭りだけに「お互いに阿呆に成りきって」笑顔で問題解決して頂きたいと願っています。それにしても繰り返し「総踊り」の映像が流れていましたが、約千人が踊る姿は「圧巻」としか言いようが有りません! 今回の事件をきっかけに、是非来年は一度見学してみたい気持ちに駆られました。祭りっていいですね! 本当に「踊る阿呆に見る阿呆 同じ阿呆なら踊らにゃ損々」とは素晴らしいリズムです。さて、皆様はお盆明けをいかがお過ごしでしょうか? 子供達の夏休みも愈々後半に入りましたが、事故の無いように皆が無事に過ごしてほしいと願っています。友峰和尚より

龍潭寺むくげ

 

第1823話

2018-08-15

準備万端整い、午前10時半より盂蘭盆会大施餓鬼法要が厳修されました。法要に先立ち卑山御詠歌婦人部により奉詠がなされましたが、日頃の練習の成果が十分に発揮された素晴らしい歌声で、30℃を超える本堂内でしたが涼しさを感じさせてくれました。

 

また堂内を埋め尽くすほどの参詣者に心から安堵したものです。寺離れや祖先放棄、墓じまいに散骨と、祖霊に対しての思いが薄れて行く感のある今日ですが、一番大切な祖霊供養に参加することの意義を感じ取るほどでした。これまで当たり前だった仏事風景が当たり前でなくなって行く現代の世相に一抹の不安を覚えるものです。

 

大安禅寺花園霊苑総供養のようす

花園霊苑の方角に向かい お参りをしているところ

 

法要終了後には檀信徒総会が開催され、来年から開始される予定の「重要文化財修理事業計画」について、東京・文化財建造物保存技術協会の佐藤武王技官による丁寧な説明が成されました。約12年間に渡る大修復工事だけに、今後も檀信徒皆様には丁寧な説明を通しながら絶大なる御理解と協力を賜りたいと念じています。

檀信徒総会  スクリーンモニターを用い、修理事業計画説明会のようす

修復事業計画の内容や行程を説明される 佐藤武王技官

責任役員総代様の御挨拶

 

行事終了後 御斎座  

佐藤技官 と 責任役員総代様とともに

さてこれで全ての盂蘭盆会行事を無事に円成することが出来ました。来年4月に開催されるパリ・サンリス「アート・サクレ」作品出展の為、明日からは愈々全力で墨蹟禅画の創作活動に専念していきたいと思っています。是非皆様も和尚と一緒にパリ・サンリスに行きませんか? 久しぶりに現地での墨蹟パフォーマンスが予定されています。詳しくはホームページの「第一回・アート・サクレ」を検索してみて下さい。日本語版も有りますので、日本の国旗部分から検索くださいね。ツアーの募集要項詳細は後日お知らせしたいと思います。展覧会のテーマが「大地から星への詩」ということですから、当日は「宙(そら)」という字を大書してみたいですね。UFO 友峰和尚より

 

第1822話

2018-08-14

夕方、雷鳴轟く空 / 寳勝寺境内にて

 

今度はゲリラ雷雨ですか?色々な言い方が有るものですね。昔は夕立(ゆうだち)と言っていましたが、今日ではまるでスコールのような降り方ゆえ「ゲリラ雷雨」と言うのでしょうか?

 

 

このスコールですが、以前バンコクを旅行した折、タクシーで移動中に突然ものすごい降雨となり一瞬のうちに車の周囲が湖(みずうみ)と化した時の事を思い出します。南方の島国では日常茶飯事の出来事ですが、日本となると話は別です。とにかく、これまでに経験した事も無いような突然のどしゃ降りですから、驚くのも無理からぬことです。

 

わずか5分ほど の 大雨

 

また雷も、これまでのようなパターンと違ってそれこそ「半端ない!」稲光と雷轟に襲われ、時には人の命を奪うほどです。今年初めの豪雪災害に始まり、豪雨、雷雨、地震災害と次々に天地異変が人々を苦しめています。「備えあれば患いなし」と言えども、備えようの無い不意の災害には手の打ちようもないのが現状です。ただ言える事は、日頃から村々を始めとして近隣の人との繋がりをしっかり保つことが一番大切な事のように思います。災害時に於いては、もはや一人の力では復興不可能な状況が続いているようです。

 

雨上がり 寳勝寺玄関前の碗蓮鉢

 

さて明日は大安禅寺にて盂蘭盆会大施餓鬼法要が午前10時より厳修されますが、祖霊供養も絆を結ぶ重要な仏事です。どうか万障お繰り合わせのうえ、ご家族皆様で是非御参詣下さるようお待ち申し上げております。友峰和尚より

第1821話

2018-08-13

いよいよ咲き始めました 日中友好の朝顔

お盆の帰省ラッシュが続いていますが、新幹線の切符が取れないとの事で止む無く自家用車で帰省を試みたものの大渋滞に巻き込まれてしまい疲労困憊だったとか。やはり電車の切符などは早めに修得するに限ります。北陸新幹線は全席指定なので尚更の事ですね。

 

 

さて、明後日の卑山盂蘭盆会大施餓鬼法要を控えている中、本日は寳勝寺での法務修業となりました。金沢兼務寺院での盂蘭盆会の行事は全て終了していますがやはり八月旧盆の墓参も多く、ふれあいパーク霊苑にも多くの方がお参りに来られていました。また午前中に時折強く降った雨も午後にはすっかり上がり、墳墓開眼並びに納骨供養諷経が相次いで修業されました。

 

本日午後 墳墓開眼供養諷経のようす

 

 

雨上がり の 中庭にて

寳勝寺カフェは昨日に引き続き観光客や家族連れのお客様で賑わいを見せていましたが、蒸し暑い屋外とは違って空調設備の整った寺内は涼しく、外国人旅行者は実に長時間カフェを楽しまれていました。

 

お盆の休日ひとつとっても過ごし方はそれぞれ違いますが、共通点と言えば家族揃って行動する事でしょうか。「里帰り」という言葉がいつ頃から始まったかは定かでありませんが、大切なのは祖先の御霊との交流です。いま自分の有る事の難しさまた有り難さを感得して感謝の真を捧げましょう。家族団欒の姿を先祖の御霊はそっと見守ってくれている事と思います。里帰りするのは祖先の御霊も同じことです。どうか盂蘭盆会大施餓鬼法要のご供養を通して皆が仲良く無事である事を祖先の霊に報じて頂きたいと思います。友峰和尚より

第1820話

2018-08-12

宮崎寒雉様より寄贈頂いた 銀杏頭飾火箸

先般、野町・少林寺檀家総代の宮崎寒雉(かんち)様より「真台子飾り用火箸」を大安禅寺にと御寄贈頂き、本日飾ってみました。宮崎総代様は金沢御釜師14代目を継承する釜師で、少林寺の梵鐘は今から約400年前、初代・宮崎寒雉氏が鋳造され寄贈を受けた名鐘です。いま何が故に火箸<ひばし>なのかと申せば、卑山に創建当初から伝わる真台子飾りは大安禅寺開山和尚・大愚宗築禅師が寺に寄贈したもので、当時の中国で鋳造された銘品です。

 

寺宝 大安禅寺開山・大愚宗築禅師寄贈の「真台子飾り(しんだいすかざり)」

 

「御釜師十四代 宮崎寒雉」

 

火箸を除くすべての道具は揃っていましたが、残念なことに火箸のみ紛失していたところ、先般の月参りで宮崎総代様にお伺いした折、その事をお話しし今回快く火箸を寄贈して下さいました。これで全ての真台子飾り道具が揃い、本当に嬉しく思いました。宮崎様には、本当に有り難く感謝申し上げます。寺宝として大切に使っていきたいと思います。

 

さて、本日も昨日に引き続き地元お檀家様の棚経に出掛けました。どの御家庭も丁寧にお迎えして頂き、有り難うございました。本日は若い女性の総代様をお共にしてお参りしましたが、色々と気配りをして頂きこちらも有り難うございました。

 

 

愈々明日から盂蘭盆会大施餓鬼法要の本格的な準備に入りたいと思います。総代様にはお供をして頂き、心から感謝と御慰労を申し上げます。友峰和尚より

第1819話

2018-08-11

地元田ノ谷町のお檀家様家々にて お盆の棚経です

お盆の里帰りラッシュを迎え道路の交通量もぐんと増えましたが、皆様に於かれましては賑やかな家族団欒のお盆をお迎えのことと思います。本日は午前7時より地元お檀家様のお盆棚経(たなぎょう)に総代様を伴って出発! 毎年恒例の行事ながら、祖霊御供養と同時にご家族皆様との交流も大切で、特にお盆は初めてお会いする親戚縁者の方も多く時間をかけながらのお参りとなりました。

どの御家庭も世代交代が進んでいますが、昔ながらの祖霊供養の棚経仏事も先代からしっかり受け継がれていくことに安心を覚えるものです。お仏壇に小さな手を合わせ合掌する孫達の姿ほど可愛く微笑ましい姿は有りませんね。この棚経(たなぎょう)ですが、昔は仏壇とは別にわざわざ縁側に精霊棚(施餓鬼棚)を設け、天国から降りて来る御先祖の霊を待ち受けたところから「棚」の「経」と名付けたそうです。棚には蓆(むしろ)を敷き、霊供膳をはじめ旬の野菜やお米、果物やお菓子などを盛りだくさんにお供えして祖先の霊をお迎えしました。また胡瓜で作った馬と茄で作った牛を祖霊の乗り物としてお供えしたそうです。実に祖先への深い崇敬の念が伝わってきます。

ご家族との 懇親のひととき

本日も沢山の御供物がなされたお仏壇での読経となりました。最近では関西や関東地方に子供達が多く嫁いでいるため、お盆のお参りはいっそう賑やかなものとなっています。総代様を伴っての棚経、どの御家でも読経後の楽しい団欒の会話が弾んだ一日となりました。明日も引き続き新命副住職と棚経三昧の行が続きます。友峰和尚より

夕刻 蝉しぐれの中 境内のお掃除

寳勝寺盂蘭盆会住職法話

2018-08-10

平成三十年度

≪ 寳勝寺盂蘭盆会 住職法話のご紹介 ≫


 

今般は未曾有の豪雨災害により全国各地に甚大な被害がもたらされ、多くの方々が犠牲になられたことに対し心よりお悔やみ申し上げますとともに、被災された皆様に謹んでお見舞いを申し上げます。

 

 

… 和尚が寳勝寺を兼務してから早や7年が過ぎましたが、その間、多くの方々との御縁を頂いてこのお寺を復興して参りました。檀信徒皆様をはじめ㈱ココ・プランニング様、㈱豊蔵組様との御縁を得、そして今日は新たに同じ臨済宗妙心寺派として参列して下さったご家族もおられ、更にはふれあいパーク霊苑でも沢山の方々との御縁を頂いております。

 

 

…思えば、昨年は工事また工事で皆様には大変な御心労をおかけしたわけでございますが、代々墓区域である「奥の院」も立派に出来上がり、歴代住職をはじめ前田利常公からの檀信徒各家御先祖様もしっかりとお祀りする事が出来ました。今後は、本日御加担下さっている桂岩寺様、江雲庵(こううんあん)様、宝光寺様にもご協力頂き、盂蘭盆会法要に太鼓や鉢(はつ)を取り入れ、臨済宗本来の儀式の形を整えることに尽力したいと願っています。何かと簡素化されていく時代の風潮ではありますが、いまこそ丁寧な御先祖供養を行っていきたいと考えています。

 

 

… 仏教において「法(ほう)」といわれるものには、3つの要素があります。それは「真理」「形(かたち)」そして「規則」です。この3つの要素が守られますと、物事はおのずと前進して行きます。さきほど皆様とともに唱和した「白隠(はくいん)禅師坐禅和讃」の中に「因果一如(いんがいちにょ)の門(もん)ひらけ」とありますが、「真理」とは「因果一如」のことです。自分のしたことが、そのまま返ってくる。「棚からぼたもち」とはありえない話で、まず、ぼたもちを作り、そして棚に乗せる。そうすると、何かの拍子に落ちてくるかもしれないというほどのことです。何も行動を起こさないのに返ってくることは、まずありえません。そして「無二無三(むにむさん)の道直(みちなお)し」とは、二も無く三も無い。自も他もなく統べては自分と一体であるということです。人間は尊いものを外に求めがちですが、一番尊いのは自身と心得、自分が喜ぶのと同じように周りの人が喜ぶことを考えて無心に行動を起こすこと、それが「回向(えこう)」と言って廻り返ってくるのです。今回のような災害が起きた時にはお互いに助け合う、お見舞いをする、そういう一体の気持ちを持っていれば、お釈迦様の弟子として充分にその加護を受けることが出来、常に心が安らいでいるという「安心(あんじん)の法」を得ることができるのです。 

 

 

… 来年度には庫裡と本堂裏外壁の修復工事が予定されていますが、それを以って寳勝寺の修復は完了です。今後は少林寺の修復、そして傳燈寺での法務活動などにも全力で取り組んでいきたいと思っています。

 

ふれあいパーク霊苑 合同慰霊祭

 

最近は、ふれあいパーク霊苑にも御家族や御親族が次々とお墓参りに来られています。供養寺としてこれほど嬉しいことは有りません。どうか御先祖の恩、父母の恩をいつも心に留め置いて頂きまして、無事で心安らかな毎日をお過ごし頂きたいと願っています。そしてお盆や御彼岸の法要は勿論、お近くへ来られる際には是非、寳勝寺へお参りに来て頂きたいと願っております。【事務局編集】

« Older Entries

Copyright© 2014 臨済宗妙心寺派 太白山 寶勝寺 All Rights Reserved.

〒921-8033 石川県金沢市寺町5丁目5番地76号
電話:076-287-3870