和尚のちょっといい話

iihanasi_top

友峰和尚のちょっといい話 【 第580話 】
2015年 03月 21日 談

IMG_5589 (500x333)

素晴らしいお天気になりました。鶯も春を待ちかねたかのように素敵な鳴き声を境内に響かせるなか、午前10時半より大勢の参詣者を迎えて涅槃・彼岸会法要が厳粛に執り行われました。最初に大安禅寺御詠歌婦人部の奉詠がなされましたが、日ごろの練習の成果が存分に発揮された、素晴らしい歌声が堂内の隅々に浸透するかのように、極楽浄土を現出してくださいました。

IMG_5612 (500x333)

IMG_5641 (500x333)

僧侶の皆様の読経もまた、天地宇宙に轟くがごとく生き生きとした聲明で実に有りがたく思いました。普段より多くの参詣が有ったことに和尚は安堵しましたものです。寺離れや墓じまい、そして散骨等最近の宗教感が急速に変化して行く世の中にあって、伝統的宗教行事の本分を後世に伝えて行くことの大切さをしみじみと思う今日この頃です。人とのつながりは御先祖すなわち故人とのつながりでもあります。

IMG_5604 (500x333)

「有りとみて 無きこそ元の姿なれ とはいうものの 濡るる袖かな」とは、太田道灌の妻が亡き夫を思う心のこもった一句です。この世こそ、この世こそ、この世の行いこそが来世への道しるべであることを深く思った供養の一日となりました。友峰和尚より

友峰和尚のちょっといい話 【 第579話 】
2015年 03月 20日 談

IMG_5285

「涅槃団子」と呼ばれているこのお団子、最近ではずいぶんと珍しい物になって来ていますが、それでもいまだに、それぞれのお寺で昔ながらの伝統的作り方を継承しつつ御供え物として作られています。大安禅寺の涅槃団子も、恐らくは約400年に渡って代々引き継がれて来たものと思われます。昔、物の無い時代にあっては、五色のお団子はとても珍しい貴重なお菓子的存在であったようにも思われます。御先祖への報恩の供養と共に、法要を通して参詣者の皆さんが御供え物を楽しんでいたのかも知れませんね。
そんなことを想像しながら今年のお団子の出来栄えを見て楽しみました。

IMG_5284

IMG_5283

IMG_5281

和尚も毎年、色々と工夫を凝らして模様を変えてみるのですが、さて皆さん、今年のお団子の図柄は如何でしょうか?ハートの形をしたものや、サイケデリックな模様など色々有ります。大安禅寺の涅槃彼岸会と寶勝寺の彼岸会にはこのお団子を御仏前に沢山お供えし、法要終了後、参詣いただきました皆様にお分けしたいと思っています。涅槃団子を頂く事は、御釈迦様の御加護と天地宇宙の御利益有りとの言い伝えがありますから、今後も頑張って後世に伝えて行かなければなりませんね。話は変わりますが、「涅槃」という言葉はサンスクリット語の「ニルバーナ」から来ていて、その意味は、「吹き消す」いわゆる『心の「安心」』を言い、また「彼岸」は「パーラミター」で、「川の向こう岸」すなわち「極楽浄土の御悟りの世界」を言うとあります。いずれも”心安らかに過ごす一日とす”という事になりましょうか。明日がお彼岸会です。どうか皆様、御先祖の御供養をして、家族の和合を願いましょう。友峰和尚より

友峰和尚のちょっといい話 【 第578話 】
2015年 03月 19日 談

IMG_5530 (500x333)

早朝4時より花団子作りのための台所準備が始まり、すべて終了したのは午後1時過ぎとなりました。檀家さんはじめ大勢の世話人皆様の加勢を得ての花団子作りでしたが、今尚、昔ながらの手法が受け継がれていることに誇りと驚きを感じます。

IMG_5519 (500x333)

IMG_5524 (500x333)

この「花団子」ですが、何より尊いのは、村々への涅槃托鉢で頂いたお米を粉に引き、さらに多くの方々によって手作りで作られていく所に有ります。人と人とのつながりが極端に薄れつつある今日、何が故にこのような、手間ひまをかけての作業が受け継がれて来たのかは究極、「報恩」の一語に尽きるかと思います。

IMG_5518 (500x333)IMG_5515 (500x320)あらゆる物事が簡略化されて行く時代にあって、「伝統的行事」を後世に伝承することの大切な意義が見えてきます。心のこもった手作りの「花団子」、その五色の意味は、「自然界の命」そして「心」を表します。涅槃・彼岸会の当日は、この花団子をお供えして厳粛に法要が営まれますので、皆様には是非お参り頂きたいと思います。

IMG_5553 (500x333)

一年に一度だけ、涅槃図を公開しています。/ 大安禅寺・御成りの間にて

IMG_5558 (500x333)

創建当初から伝わる、狩野元昭 真筆の涅槃図

IMG_5559 (500x333)

彼岸会には、涅槃図の御前にお団子がお供えされ、法要が厳修されます。


さて作業もひと段落して、和尚は春雨の降りしきる大安禅寺の風情を楽しんでいます。この時期の雨は誠に春到来の喜びに満ちた「法雨」と感じます。寺を取り巻く木々は、春雨を受けてこれから一気に緑を濃くして行きます。こんなダイナミックな自然の有り様を感じることが出来るのも、山中に住むからこその御利益ですね。心休まる時間の流れる一日を過ごすことが出来ました。「南無観世音菩薩」 友峰和尚より

友峰和尚のちょっといい話 【 第577話 】
2015年 03月 18日 談

IMG_5456 (500x333)

春季特別法話会 / 大安禅寺 書院にて

今年初めての鶯が鳴きました。いいですね!春が来た!!って感じです。今日は、御涅槃団子づくりのための「団子こね」が多くの世話人さんによって行われました。明日は和尚も加わって、早朝より五色の団子作りが行われることとなっています。

IMG_5464 (333x500)少林寺(岡山県) 御住職 華山泰玄高等布教師 様

午後からは、卑山・大安禅寺の書院にて「春季特別法話会」が開催され、約二十名の方が拝聴されました。大本山妙心寺の定期巡教で、今回は岡山県の少林寺住職・華山泰玄高等布教師様が法話をされ、参加された方々は熱心にお話を聴いておられました。21日の「彼岸・涅槃会」を前に開催されましたが、暖かい陽気の中での心温まるお話で、お題は『「おかげさま」 社会の恩 生かされ支えられ・・』。分かりやすく説かれていたのが印象的でした。

IMG_5470 (500x333)

IMG_5453 (500x333)

近年、特に「衆生縁」が希薄になっていると言われています。自然災害が頻発する一方で、家族やお隣さんとのつながりが薄れつつある現状が危惧されていますが、どうすれば良好な衆生縁を結んでいけるのか。これはなかなかに難しい問題です。

yjimage

さて、和尚は行ったり来たりの毎日が続いています。ところ変われば思いも変わるという事になりましょうか。大安禅寺の趣はこの時期、格別なものを感じます。悠久の寺の歴史がそう感じさせてくれるのかもしれません。理屈抜きに「おかげさま」の心が湧きいづる一日となりました。友峰和尚より

友峰和尚のちょっといい話 【 第576話 】
2015年 03月 17日 談

DSC02932 (500x375)

気温がぐんと上がり、なんと17度。ぽかぽか天気となった本日、寺カフェはお休みで、この休息日を利用してお部屋の設えを変えました。と言いますのも最近、寺カフェも昼食を希望される方が増えてきた為、食事台を改めて設定し直しました。なにか気の利いた、寺カフェオリジナルの食べ物が今後必要になってきそうな雰囲気です。所謂「寶勝寺釜飯」とか言ったものですね。それと同時に参拝のお客様とのコミュニケーションも増えて行くと思うので、談話室的部屋もおしゃれな創りにしたいと思っています。寺カフェ再開と共に近頃は、檀家様をはじめ来客の方も増えつつあるようで本当に有り難い事です。

DSC02937 (500x375)

須貝さま、東野さまとともに。須貝さまから頂いたケーキで茶礼中。

DSC02953 (500x375)

寺町台まちづくり協議会の宮本さま、山田さまとともに

DSC02947 (500x375)

午後からは、現代写真スタジオ(金沢市野町)の加茂様にお願いし、和尚のスチール写真を撮影しました。新しいパンフレット用の写真撮りですが、久しぶりの撮影に気合を入れて臨みました。たくさんの参拝客で賑わうお寺を目指していますが、そのカギを握るのもスチール写真の出来にかかっているようです。勿論、その被写体にも責任が有りますが。以前、和尚のプロフィール用写真を撮って下さったのも加茂様でした。和尚お気に入りの、お宝写真です。今回も加茂様には心から期待したいと思います。

DSC02945 (500x375)

DSC02940 (375x500)

 

3Y0E1464
和尚お気に入りの一枚 

さて、間もなく「お彼岸会」。3月21日に大安禅寺で、22日に寶勝寺で、「春季彼岸会法要」が営まれます。御先祖御供養とともに、生きとし生けるすべての生命に対しましてもご供養申し上げたいと思います。皆様の御参詣をお待ち申し上げております。友峰和尚より

友峰和尚のちょっといい話 【 第575話 】
2015年 03月 16日 談

バヌアツ、ポートビラのサイクロン被害がトップニュースで報道されていますが、近年の自然災害被害には驚きを隠し得ません。今、国連防災世界会議が行われていますが、もはや一国の対策では災害リスクを減らすことは不可能で、早急な解決策を願いたいものです。地球温暖化現象を危惧する声が叫ばれて久しいわけですが、今後も地球上のいたるところで自然災害が拡大して行くと思われますので、我々も油断しないように防災グッズなどに日頃から関心を持って備えておく必要が有りますね。「災害は忘れなくてもやって来る!」です。そんなニュースとは裏腹に、金沢市は穏やかな暖かい陽気となっています。北陸新幹線開業のニュースも地元では熱気冷めやらぬ状態で、さかんに続編が報道されています。首を長くして待ちに待っていた新幹線開通は、地元の人々にとって久しぶりに味わった幸せな気分だったと思います。暗いニュースの多い今日、金沢だけは、金箔のようにいま一番輝いているようです。ところで先日、宇治の黄檗山・萬福寺を訪れたとき大発見が有りました。寶勝寺に保存されていた六角形の台、何に使うのかと今まで思って居ましたら、なんと写真の如く、木魚台であった事が判明しました。

DSC02929 (375x500)

さっそく設えてみました。これで和尚も一安心です。腰の悪い和尚には大変嬉しい発見でした。今後は椅子に腰を掛けて御経を唱えることが出来ます。皆さん、人間の脳の記憶能力の素晴らしさに改めて感心させられた出来事でした。「南無さん!!」 これはあんまり「カンシンセン」???って! 友峰和尚より

友峰和尚のちょっといい話 【 第574話 】
2015年 03月 15日 談

DSC02911 (500x375)

さあさあ御立合い!これが新幹線でござりまするよ!!北陸の皆様、お待たせしました、御立合い!なんて。昨日は開業初日ということで、夕刻お寺の戸締まりをしてさっそく金沢駅に向かいました。これまで何度も何度も新幹線に乗りましたが、流石に地元に来るとなると話は別で、大変感動いたしました。乗車するわけでも御見送りするわけでもありません、ただただ、開業記念の入場券と新幹線車両とのツーショット写真を撮らんがためのアクションです。撮り鉄では有りませんが、写真の如く記念の一枚です。

DSC02899 (500x264)

DSC02901 (500x375)

DSC02910 (500x374)

多くの人で混雑する駅舎構内には、またまた感動しました。笑顔笑顔笑顔笑顔・・・・の皆の衆。寺に戻れば北陸新幹線の特番ニュースでもちきりでした。和尚も地元の方々と喜びを分かち合えたことをこの上なく嬉しく思いました。福井には8年後に開通とか。再び感動できる日を心待ちにしています。明けて興奮冷めやらぬ快晴の朝を迎えました。昨日も天気に恵まれ、今日も快晴です。神仏の有りがたき御加護です。寶勝寺にも春がやってきましたよ。寺カフェには、東京からのお客様もお見えになっていました。和尚は、いつも大変お世話になっている少林寺の奥様を寺カフェにお招きして、しばしのティータイム。

DSC02913 (500x375)

DSC02915 (500x375)

DSC02917 (500x375)

DSC02918 (500x375)

助野さまが御来山くださいました

ブログをご覧頂いて居る皆々様、是非是非ご来寺ください。まもなく桜の季節です。犀川の堤防沿いの桜並木は毎年、見事な開花を見せますよ。「新幹線が春を連れてやってくる」とは金沢市のキャッチフレーズです。春はもうそこまでやって来ているようです。友峰和尚より

友峰和尚のちょっといい話 【 第573話 】
2015年 03月 14日 談

「とうとう」「やっと」「ついに」、北陸新幹線が本日開業しました。東京と北陸を直結した大動脈は今後の産業や観光はじめあらゆる方面での発展が期待されています。特に都市圏約1300万人の人口流動は魅力的ですね。北陸地方の全人口を合わせても300万人足らずですから、やっぱり新幹線の開業は北陸地方に住む者にとっての悲願だったと思います。寶勝寺も本堂の全面修復工事を完了して、今日より元の玄関に修復された式台が解放され、早速に寺カフェのお客様を迎えました。

DSC02884 (500x375)

DSC02885 (500x375)

DSC02886 (500x375)

なかなかの評判で、今までの本堂からの入場と違い、写真の如く気軽に入れるようになったのが良かったと思っています。明日は日曜日、多くの観光客が金沢を訪れているため、丁寧な「おもてなし」を心掛けて行きたいと思っています。

DSC02895 (500x375)

桂岩寺様(寺町1丁目)、現代写真スタジオの加茂様がお越しくださいました。

DSC02898 (500x375)

和尚も観光客の要望に応じて記念写真など手伝っていますが、今後は法話を通してコミュニケーションをしていきたいと願っています。さてさて、新幹線開業を記念するイベントが金沢駅構内で盛大に行なわれているとか。和尚もちょっと覗きに行ってみたいと思います。またご報告いたします。友峰和尚より

友峰和尚のちょっといい話 【 第572話 】
2015年 03月 13日 談

お彼岸会を前に気候も寒暖を繰り返しています。昨日までの冷気も今日は一変してポカポカ模様の天気。人間の心も気候の変動に左右されながら一喜一憂する毎日です。和尚としては、この月は慌てず騒がずに努めてのんびり過ごしたいと願ってはいるものの、なかなか周りはそうさせてくれないのが現状のようです。‏お寺は彼岸会の準備に入りつつありますが‏、境内の掃き掃除ほど楽しいものは有りません。若葉の匂いは浄土の香りのように心を和ませてくれます。木の芽を喰む小鳥たちのさえずりもまた格別の心地よさです。‏

yjimageK9QY7XQ2

「春彼岸 菩提の種を 蒔く日かな」なんて歌が有りましたが、本当にそう思います。‏和みの種を蒔きたい心境になりますね。‏ご先祖の恩に深く感謝しながらお彼岸会をお迎えしたいと願っています。友峰和尚より

友峰和尚のちょっといい話 【 第571話 】
2015年 03月 12日 談

IMG_5246

臨済宗妙心寺派・全国宗務所長会議を無事に終え、一路大阪に向かいました。孫達との久しぶりの再会でも有りますが、卒業式の時期ということで学生さん達の姿が目立ちました。明後日、3月14日がホワイトデーだそうで、色々なお店が賑わいを見せて何とも楽しそうな雰囲気が伝わって来ます。また、14日は金沢ー東京間、北陸新幹線の開業日でもあり、どこもかしこもお祭り気分。春の到来はたくさんの夢を運んでくれる季節ですね。

IMG_5248

さて、外孫たちとの再会、今朝方までの会議が嘘のような、穏やかな時間が流れて行きました。孫たちとのなんでもない戯れがとても幸せに感じたひと時となりました。友峰和尚より

IMG_5251

Copyright© 2014 臨済宗妙心寺派 太白山 寶勝寺 All Rights Reserved.

〒921-8033 石川県金沢市寺町5丁目5番地76号
電話:076-287-3870