2月, 2018年

第1648話

2018-02-21

バレンタインデーチョコのプレゼントが今も続き、ココアが健康に大変効果があるとの情報を知って毎日楽しんで口に含みながら仕事に励んでいます。それにしても世界的にこの時期どれほどのチョコレートが消費されるのかと想像すると、チョコ業界関係者の笑顔が目に浮かぶというものです。ピョンチャンオリンピックで金メダルとなった羽生結弦選手などはチョコレートの山に埋まってしまうのではないのかと勝手に心配してしまいました。

2017年7月撮影 宝勝寺ふれあいパーク霊苑

午前中は「ふれあいパーク霊苑」の広告の件で㈱ココ・プランニング川面専務と打ち合わせをしました。朝一番のNHKの番組でも「最近のお墓事情」がテーマに取り上げられており、寳勝寺霊苑は実に番組内容に呼応するような未来型霊苑だと改めて思うものです。団塊世代の多くの方々が自分自身の終活に熱心に取り組んでいるそうですから、是非視察に来て頂きたいですね。

北陸朝日放送 楠木部長 と 宝田主任 とともに

本日は終日千客万来となり、北陸朝日放送の楠本編成部長・宝田編成部主任を始め、㈱鹿島建設の南部さん・㈱松浦建設の吉田専務、㈱みなと石材の中町さん・㈱福邦銀行の舟橋くんが来寺され、話題はもっぱらこの度の豪雪談義に集中しました。

㈱鹿島建設 南部副所長とともに

松浦建設㈱ 吉田専務 と みなと石材代表 中町氏とともに

連日の大雪から解放されての安堵からか、どの御方も笑顔の絶えない楽しい時間となったようです。豪雪がもたらした困難時に於いての救援協力の恩は忘れる事の出来ない信頼関係とつながっていきます。振り返れば「困った時の神頼み」では無く「困った時こその人頼み」だったように思います。久しぶりに笑い声と笑顔に包まれた寳勝寺と成りました。友峰和尚より

第1647話

2018-02-20

孫からのチョコレートが届きました

「なんでこんなに可愛いのかよ 孫という名の宝物 じいちゃんあんたにそっくりだよと 人に言われりゃ嬉しくなって 下がる目じりが 下がる目じりが えびす顔」って大泉逸郎さんの「孫」の歌詞ですが、本日朝一番に郵便局員さんが孫からの手作りバレンタインチョコレートを届けてくれました。「泣きっ面にチョコ!」でしょうか? 新語です! 日々の除雪で身体全体が痛み苦しんでいるところに孫からのメッセージ付きチョコのプレゼント。これはもう「値千金」でピョンチャンオリンピックの金メダルに匹敵する「喜び金」でした。瑞月と芭月の姉妹合作と聞いて尚更感激しました! 今日は火曜日でお寺は休寺日でしたが、午前中に女性雑誌「Oggi」の取材が入るという事で早起きをしていたところへ届きました。まさしく「早起きは三文の徳」でした。

瑞月と芭月 永峰 一歳の誕生日に

さて「Oggi」の取材ですが、アラウンド30歳の働く女性のおしゃれな生き方を特集する有名なファッション雑誌で、本日取材された記事は3月28日発売の「Oggi 5月号」に掲載されるそうですから是非ご購入頂いて御覧頂きたいと思います。寳勝寺・寺カフェも最近では次第に知られるようになってきており、今流行の「インスタ映え」で多くの写真がアップされるようになって来ています。「お寺で心を癒す、アロマ寺ピーのおしゃれなカフェ」がキャッチフレーズですが、本来は卑山「ふれあいパーク霊苑」にお参りされた折、御家族共に先祖や故人の想い出を語って頂きたい目的で始めたものです。現在は金沢市内の観光客や若い女性達が多く利用されていますから、本日取材された「Oggi」を嬉しくも頼もしく思っています。

女性雑誌「Oggi」 取材中のようす

つい先日の豪雪がまるで嘘であったかのように、穏やかで「無事是貴人」の心境で大いに休息できたことに感謝した一日となりました。孫から届いた手作りバレンタインチョコレートを愛おしい気持ちでちょこっと頂きました。友峰和尚より

お檀家様の祥月命日御供養の諷経をしました

第1646話

2018-02-19

小松菜やキャベツ、白菜、ごぼう、ねぎ、レタスにトマトなど

名古屋に帰省されていた卑山臨時職員の長川美賀さんが沢山のお野菜を持参してくださいました! この度の豪雪であらゆる野菜が急騰し、なかには品薄の野菜も多くありました。特に白菜、キャベツ、ブロッコリーなどが通常価格より高騰した為、四つ切りにしたものを買うほどでした。この度は野菜不足を心配して、名古屋で野菜を買い求められてわざわざ金沢まで自家用車で運んで来て下さり、もう涙の出るほど嬉しい気持ちでいっぱいでした。本日は出寺して早速ご本人が昼食の料理を作ってくださり、何から何までの親切を頂き本当に有り難うございました。

長川さんです / 寳勝寺台所にて

雪情報も漸く落ち着きを見せ、ここしばらくは春の陽気が戻って来るとか?有り難いことですね。福井の各メディアが重要文化財建造物である大安禅寺の豪雪被害状況を報道したそうですが、2月5日から8日に渡った記録的な大雪の前では成す術も無く、約四百年の歴史を有する諸堂に甚大な被害が出てしまいました。十分に大雪対策はしていたものの、想定外の豪雪の前では歯が立たなかったようです。それでも雪囲いや融雪装置のお蔭で被害は最小限に食い止めたように思います。テレビニュースをご覧くださった方々からお見舞いのお電話を頂き、心から感謝申し上げます。さて、大安禅寺から依頼のあった色紙書きに専念した一日となりましたが、少しずつ通常の状態に戻りつつあるように思います。 寳勝寺境内も一気に雪も融け、旅行を楽しむ観光客の弾んだ笑い声が行き交う寺町界隈の今日この頃です。友峰和尚より

第1645話

2018-02-18

羽生結弦、宇野昌磨両選手の演技シーンが何度も繰り返し放映されていた二日間でしたが、再生されたビデオ映像を見れば見るほど羽生結弦選手の演技の凄さが改めて直に伝わって来る素晴らしいものでした。世界中のコメンテーターが賞賛の言葉を述べていましたが、なかでも中国国営放送が実況中継したコメントは特に感動的でした。今日も早朝から両選手のインタビュー映像が伝えられており、如何に偉業を達成したかを納得するものです。

寳勝寺にて 年忌法要が修業されました

さて、日曜日の本日は午前午後とご法要が修業され、故人のご冥福を心よりお祈り申し上げました。住職の仕事としての法務遂行は歳を経ても終わる事はありません、いやむしろ歳を経ていっそう忙しくなる気配を見せています。一般的にサラリーマンには「定年退職」という仕事のタイムリミットが有りますが、住職はその名が示すが如く終身雇用なのかも知れませんね。本日の法要で御来寺された方が言っておられましたが「仕事が無くなると即、自分の存在感が無くなりますね~、それを無職透明(無色透明)って言うんですよ」だって。なかなか座布団一枚ものでした。ガッテン!ガッテン!和尚もこのところの除雪で全身疲労状態でしたが、渾身の力を振り絞ってなんとか法務を無事遂行することが出来たようです。新しい縁者とのご法縁が増えている今、泣き言を言っている場合ではありません。頑張れ日本!頑張れ和尚! 友峰和尚より

第1644話

2018-02-17

テレビの前で 和尚が撮影しました

ピョンチャン冬季オリンピック・フィギュアスケート男子シングルで羽生結弦選手が2大会連続で金メダルという偉業を達成し、また宇野昌磨選手が銀メダル獲得という成績に、日本国民の一人として心からお祝いしたいと思います。特にこの度の豪雪で大変心労された北陸地方の皆様にとってもきっと幸せな朗報だったと思います。

和尚も今日だけは法務から離れ、しっかり日本選手を応援しました。王者という言葉が有りますが、羽生結弦はまさしくこの言葉にふさわしいスケート界の王者だと思いました。金メダルを取ると宣言をして、そう簡単に取れるものでは有りませんから尚更の事「心技体」揃って素晴らしい結果でした。

皆様もそうであったろうと思いますが、「応援疲れ」からか試合後はぐったりしてしまいましたね。寺カフェも土曜日という事で賑わっていたものの、職員たちは仕事がどうやら手につかない面持ちの一日だったようです。金沢市内の残雪もこのところの好天気で融け、随分と少なくなったようです。穏やかな雪景色の金沢をお目当てに、少しずつ観光客も回復傾向に有るようです。辛い事!悔しい事!哀しい事!嬉しい事! 色々な気持ちが交錯したここに2週間だったように思いますが、雪解けのせせらぎの音の中に春の訪れを感じつつ、気持ちを新たにしています。友峰和尚より

第1643話

2018-02-16

寳勝寺境内の雪割り

融雪作業が効いて 車が出入り出来るようになりました

今日もよく晴れ渡った一日となり、山のように積もっていた雪もどんどん融けていきます。ようやく時間的余裕も出来て午後からはピョンチャン冬季オリンピック・フィギュア男子シングルSPを観戦することが出来ました。羽生結弦、宇野昌磨両アスリートの素晴らしい圧巻の演技はここ数日間の除雪の疲れを癒してくれるに十分すぎるくらい感動的なものでした。スポーツ選手の活躍からは少なからず大きなパワーをもらえるものです。

寳勝寺式台玄関 夏椿の芽吹き

今になって身体のあちこちに痛みが走り、これまで除雪に支障なく頑張ってこれた事がウソのようです。「火事場の馬鹿力」という言葉が有りますがまさにそれで、集中力だけでは説明がつかないほど不思議な力を神仏が与えてくれたとか思えません。本当に有り難い事でした。オリンピック競技に於いても、アスリート達に幸運と不運が交錯するのを見るにつけ「心の綾(あや)の不可思議」を感じます。「艱難 汝を玉にす」とは「逆境は人を賢くする」の西洋の諺から来た言葉ですが、この度の北陸地方を襲った驚異的な豪雪に日々耐え抜こうとする国民性が、[大和魂]に通づるものだろうと思います。大安禅寺では福井県・福井市文化課の豪雪被害状況現場視察を受けたそうですが、今後は豪雪にも対応できる復興を目指して行きたいと念じています。友峰和尚より

春季彼岸会のご案内

2018-02-15

【寳勝寺檀信徒の皆様へ 平成三十年度 春季彼岸会のご案内】

平素は格別なる御法縁を賜り、厚く御礼申し上げます。「寳勝寺春季彼岸会」を来る三月十一日(日)に厳修させて頂きます。どうぞ皆様お揃いでお参りくださいませ。尚、近日中に下記のご案内状を送付申し上げます。何卒ご高覧の上、御返信賜りますようお願い申し上げます。合掌

 

第1642話

2018-02-15

昨日に引き続き、本日もこれまでがウソのような快晴の一日となり、身も心も放心状態となりました。長い長い除雪漬けの日々から解放され、見る見る融けていく雪を恨めしく感じたものです。昨日は金沢での法務遂行のため寳勝寺に入りましたが、バレンタインデーという事も有って妻が作ってくれたちらし寿司とチョコレートを食べながら本堂前の残雪排除作業をし、次にいつ来るか知れない雪に備えました。午後からは強制的に休息し、皆様から頂いたチョコレートやプレゼントに再び感激しながら温かい心を頂きました。

福井を出発するとき 妻が作ってくれたお寿司

バレンタインデーに頂きました

神様!その、あま~い心で山のように積みあがった雪を一挙に融かしてくださいな。本当に皆様に於かれましても日々の除雪にお疲れになった事と心からお見舞い申し上げます。大変ご苦労様でした! 人生、長く生きていると色んな難事に遭遇するものです。「どのような苦労も買ってでもせよ」とは故人の言葉です。まったくその通りで肝に銘じておかねばなりません。楽な人生など望むべくもなく、唯一困難な経験こそが人生を生き抜くための智恵として身に付いていくと信じます。この度の豪雪も和尚にとって「禍を転じて福と為す」と捉えています。「窮して変じ 変じて通ず」だと心得て、自坊の雪害復興に全力を尽くそうと覚悟を決めています。大休息の後は大前進あるのみなり! 友峰和尚より

第1641話

2018-02-14

清々しい快晴 の 寳勝寺境内

昨日の荒れたお天気から一変して青空の広がる好天気となりました。今日はバレンタインデーということで幸いにも和尚もチョコレートを頂く事が出来ましたよ。早速あま~い気分に浸りたかったのですがそれどころではなく、終日法務に専心した一日となりました。夕刻になってようやくチョコを頂くことが出来、お蔭様で一日の疲れがすっかり取れたようです。「チョコ力(ぢから)」を頂きました、本当に有り難うございました。

先日、和尚の古稀祝いをして頂いた折、加賀容子様より頂いた手作りのとっても素敵な「赤唐辛子魔除け飾り」を寳勝寺のお部屋に飾らせて頂きました。加賀様は日頃よりお人形も沢山制作されており、家にお伺いした折にはいつも楽しみに見せてもらっています。最近は寺カフェのお部屋も色々とディスプレイされ、おしゃれな雰囲気となってお客様もきっと楽しんでおられると事と思います。

   

   

さて、ここに来て連日の除雪疲れがどっと出て来たせいか、全身に痛みが走り、困ってしまいます。昨日は歯が痛み、今日は筋肉痛に悩まされる始末。何か「いい話」は無いものかと探ってみましたところ、この「痛み」こそ尽力した結果であり、よく耐えたものだと自分で自分を慰労してやりました。筋肉さん、ありがとう!よく頑張ったね! 古稀を迎えたこの力こぶに感謝!感謝!負けてたまるか! 友峰和尚より

和尚のちからこぶ

 

第1640話

2018-02-13

雪に埋もれた 大安禅寺本堂を撮影 / 和尚のアトリエから

明日はバレンタインデーだそうで、ひょっともするとチョコレートが頂けるかもしれません? そんな切ない期待を裏切らない為には予め自分で買っておいた方がいいと思います。先日のテレビ番組で「ココア」が健康と美容に大変良いという情報を聞き、チョコレート好きの和尚も早速スーパーマーケットに出向いて色々な種類のチョコをたくさん買って来ました。この度の豪雪では連日除雪に精を出しており、これが大変な重労働ですから当然栄養補給が欠かせないわけで、そんな時はチョコレートが一番栄養価が高く疲れがいっぺんに取れると聞いての対策です。あまりに美味しいのでついパクパクと食してしまいます。除雪しながら時々、ポケットに忍ばせたチョコを頬張るのも雪国ならではの味わいです。なかなか風流ですよ! 

            

さて、大安禅寺の諸堂除雪に明け暮れた9日間でした。「刀折れ矢尽きる」心境でやるだけの事はやりました。甚大な被害が出ましたが、それとて最小限に食い止めた感がします。午後からはアトリエに篭ってしばし瞑想しましたが、自然の猛威の前では「人事を尽くす」ことが最も重要だと自覚します。本当に多くの方々の親切と真心を頂いた9日間でした。ブログでは書きつくせないほどの感動を覚えました。ようやく大雪の峠を越えたとの報道に安堵しています。お世話になった皆様には心底より厚く厚く御礼申し上げます。本当にありがとうございました。友峰和尚よ

« Older Entries

Copyright© 2014 臨済宗妙心寺派 太白山 寶勝寺 All Rights Reserved.

〒921-8033 石川県金沢市寺町5丁目5番地76号
電話:076-287-3870